アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月2日 14番 常楽寺
Sさんが一足先に出発し、その後Nさんと14番へ向かった。
足が痛いと言ってたけどSさんは足が速いよ。Nさんが言っていた。
Nさんだって速いじゃない。
一番遅いのは私よ。私は揺る足でマイペースで歩くからね。

AM10:35 13番出発。
15分ほど歩くと広い道路に出て次の札所の標識。
AM10:48

郵便局の前を通り橋を渡って真っ直ぐ。
郵便局の前で左折してきた軽トラと直進してきた乗用車が目の前でぶつかった。
haruねぇさん、行こう!巻き添えくって事情徴収などされたら大変だよ。
Nさんに引っ張られ、急ぎ足で通り過ぎた。
軽トラに乗っていたおばさんが、私はちゃんと前を見てたからね!大声を上げながら乗用車のおじさんに文句を言っていた。
どっちがどうなの?
多分、軽トラのおばさんが一時停止しなかったんだろう。
オレたちには関係ないんだから行こう。
衝突事故、目の前で見たのは始めて。
AM10:58

AM11:10
遍路標識。
AM11:10

前方に先に行ったSさんが歩いていた。
足が痛むのか、後ろからでも足を引きずっているのがわかった。
足の速いSさん

四国のワンコはノーリード?
車が来たら危ないだろうに気にもしていないように伸びをしたりくつろいでいた。
ノーリードのワンコ

AM11:20
もうすぐ14番。
AM11:20

常楽寺の案内板。
14番の案内標板

AM11:23 14番到着。
大きな池が左手有った。
AM11:23 14番

境内への石段。
団体さんのおじぃさんが石段を降りる途中で足を踏み外したのか転がり落ちた。
転んだおじぃさん、痛かった筈なのに笑っていた。
本堂までの石段

境内に入ると歩きにくい大岩盤でできた「流水岩の庭園」。
左手に水屋と梵鐘。
水屋と梵鐘

正面に本堂。右手に大師堂。
本堂に覆いかぶさるように大きな櫟の木。
別名「あららぎの霊木」と呼ばれている。
境内

納経を済ませベンチで休憩。
浜松のおじさんとSさん。
Sさんの握っているのが焼山寺から使っている、お杖代わりの木の棒。
境内にて


13番出発AM10:35→14番到着AM11:23
13番から14番 2.3km 40分(予定)→約45分(実時間)

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。