アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月1日 焼山寺 二
屋根のある休憩所で休んでいるとき、「お先に」と追い越していった白い雨具のお兄さんが、木の切り株に座り込んで休んでいた。
私たち3人も荷物を降ろし休憩。

お兄さんが、親子ですかー?と聞いた。
え~!?
親子って言われたのは二度目だ。
私とレオンさんが夫婦でNさんが子供?まさか!
Nさんと私が姉と弟。レオンさんが父親か?
どう見たって似てないでしょう^_^;

「仲が良くって、なんかほのぼのして親子で歩いているのかぁって思ったんです。」
へぇ~、そんな風に見えるんですか。

懐いてくれるNさんは、弟がいたらこんな感じなのかなって思った。
もし、父が元気で生きていたら、一緒に遍路道を歩きたかった。
レオンさんの後姿を見ながら、父の姿を思っていたかもしれない。

白い雨具のお兄さんの顔色が悪かった。
「具合悪いんですか?」
「山酔いしたんです。」
山酔い!?
「船酔いとか車酔いは知ってるけど、山酔もあるんっすか。高い山で呼吸が苦しくなるような?オレ始めて聞いた。」
私も始めて聞いた。
頭が痛くなって、平衡感覚がなくなる感じなんだって。

「僕、Sと言います。同行させてもらっていいですか?」
いいっすよ。オレNです。フランスからお遍路に来たレオンさんとharuねぇさん。ねぇさんは新潟、オレは愛知から来たんです。Wさんどこからっすか?」
「大阪です。」
「大阪っすか。オレ大阪も通ったよ。Sさん、大阪はどこっすか?」
「あ~。。。」
Sさんは言葉を濁して、ちょっと気まずい雰囲気になったけど、
さぁ、そろそろ行きますか。
Nさんがなんでもなかったように立ち上がった。

Sさん、杖の代わりに木の棒を持っていた。
金剛杖くらいの長さで、握り具合もよさそう。
「足が痛くて参っていたんです。そしたら木に、この棒が立て掛けてあって、まるで自分のために置いててくれたような感じで使わせてもらっているんです。」
「きっと、お大師様ね。」
「そうですね。足がおかしくなって一人で心細くなっていたんです。鈴の音が聞こえたんで待っていたんです。
お大師様って思っていました。」

先頭にNさん、レオンさん、私、足を少し引きずりながらSさんが一番後ろに着いた。

AM9:11
AM9:11

AM9:58
AM9:58

AM10:06
AM10:06

AM10:20
AM10:20

AM10:40
長戸庵から山道を1時間下って行くとお堂があって、中に仏像が祀ってあった。
仏像がなければ、使っていない古い小屋のようだが柳水庵の奥の院だった。
そのお堂から急な山道の下に、柳水庵の建物が見えた。

雨が強くなっていたし、疲れていたので11時前だったが早めのお昼休憩をとることにした。
柳水庵は無人で閉まっていた。
隣の作業小屋のようなところに荷物を降ろし、座れる板の上で宿で作ってもらったおにぎりを食べた。

水場でペットボトルに水を汲みに行く時、ニョロに遭遇。
普通のときだったら、ギャー!と悲鳴を上げるところだったが叫び声も出なかった。
見なかったことにして水を汲んできた。

Sさんが先に食べ終わり、トイレに行ったときNさんに、
「Sさん、わけありなんだよ。言いたくないこともあるんだから詮索しちゃダメよ。」
大阪はどこってNさんが聞いていたこと、さりげなく言った。
「そうだね。言いたくなかったみたいだったね。オレ、言った後でヤバーって思ったんすよ。
あ~haruねぇさん、わけありって、オレだってわけありなんだからね。」と笑った。
Nさんも気にしていたようだった。

同行になっても、相手が語るまでプライベートのことは聞いちゃいけない。
お遍路に出るって、その人にはその人の意味があるし訳もある。
お遍路に出た動機や、相手の家族住所など、あれこれ質問することは慎まなくてはいけない。

AM11:05
柳水庵から下り始めて直ぐに車道に出ると、そこに立派な遍路小屋があった。
休憩したところからカーブになっていたので小屋が見えなかった。
新しい綺麗な小屋で、覗いてみると畳が敷いてあった。
知っていたら、作業小屋のようなところでおにぎりを食べるんじゃなかった。
足を伸ばしゆっくり休憩できたのにぃー!4人で悔しがった。

車道を横切り、また山道を上っていく。
ここから焼山寺まで、山を二つ越える。
AM11:38
AM11:38

PM12:03
PM12:03

PM12:10
柳水庵から2.2km上って一本杉到着。
PM12:10

PM12:15
左右内の一本杉。
PM12:15

PM12:18
大きな杉木の前の大師像。
PM12:18

PM12:20
先に到着していたNさんが休んでいた。
PM12:20

Nさん、Sさん、レオンさん。
今にも倒れそうな建物で、荷物を降ろし緩く腰を掛けて少しの休憩。
PM12:30


11番から長戸庵3.2km 
長戸庵から柳水庵3.4km 
柳水庵から一本杉2.2km 

11番→一本杉 淨蓮庵
11番から8.8km
11番出発から約5時間40分。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。