アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月7日 (後半)
20番 林寺(かくりんじ)へ着いたのはPM3:00頃。

境内は杉、檜の大木が取り巻く密教の山岳霊場らしい峻厳静謐の地。
林寺(かくりんじ)の山門。
20番 林寺(かくりんじ)山門

運慶作と伝えられる山門に鶴が入っていた。
山門の鶴

山門の鶴

息切れのしてくる階段。。。
林寺本堂へ

鶴に守られた本堂。
修行中に霊雲たなびく中を、雌雄二羽の鶴が黄金の地蔵菩薩を羽に包んで守っているのを見た大師は、自らも地蔵菩薩を刻み、その黄金仏を胎内に納めて本堂と堂塔を建立。
寺号を鶴にちなんで林寺(かくりんじ)と名付けた。
林寺(かくりんじ)本堂

本堂と鶴

本堂と鶴

21番 大龍寺(たいりゅうじ)
大龍寺(たいりゅうじ)を曼荼羅の金剛界に、那賀川を挟んで向かい合う20番札所、林寺(かくりんじ)を胎蔵界に見立てた聖地。
21番 大龍寺(たいりゅうじ)

大龍寺

大龍寺

大龍寺

大龍寺(たいりゅうじ)は俗称「西の高野」と呼ばれているとおり、広大な寺領全域を千余年の樹齢を算する巨杉が覆っているスケールの壮大なお寺。
大龍寺本堂

山頂までのロープウェイ。
大龍寺は標高618mの大龍寺山のほぼ山頂付近にある。
平成4年(1992)に山頂までのロープウェイが完成した。
山頂までのロープウェイ

1905年、奈良で捕獲された一匹を最後に絶滅したニホンオオカミがかつては、群れをつくりこの山にもいたそうです。
「見えますでしょうか。山犬、ニホンオオカミたちが皆さまの良い参拝を、良い旅をと見送っております。」
ロープウェイのガイドさんが説明してくれましたが高所恐怖症、山の中腹にいる数頭のニホンオオカミたちの像は見れませんでした(-_-;)
Aさん、Oさん、Wちゃんが代わりに見てくれました。
沢山いたよ~!haruちゃん見てごらん!って言うけど足がすくんで立ち上がることも出来ませんでした(涙)
ロープウェイのガイドさん

下山したのは5時頃。
ロープウェイ


この日は林寺で終わるつもりでしたがお天気も良く、21番まで行こうということになりました。
山頂までロープウェイで登り、休憩所兼売店でお茶とお饅頭をお接待で頂きました。

6時頃、宿のローヤルガーデンホテルに到着。
Wちゃんは先にお風呂へ。
私は本家へ定時連絡。今日はどこまで行った?と電話の前に待ちかねていた義母に1日の参拝の様子を報告。

夕食は7時から。
夕食を済ませAさんたちの部屋へ行き、11番から21番の資料に書き込んだメモを確認してもらい、お風呂へ入ってすぐ寝ました。

Comment

 秘密にする

いいなぁ
こうやって、HALさんが出会った風景を一緒に体験させてもらい、不思議な気分がします。本当に良かったなぁ…としみじみしてしまう私です。
そして、秋にはついに歩きお遍路さんなのですね?
これもまた楽しみ、今回の旅で、だいぶ不安も吹き飛んだことでしょう?
案ずるより生むがなんとかですものね(笑)。
先代はなは、高齢になって、いつもはボヤーとしているようになっても、
不思議とお四国の地に足を踏み入れると、しゃきっとして、
イキイキして、若返って帰ってくるようでした。
だから、私たちもせっせと一緒にお四国に通ったんですよねぇ。
きっと、お四国には、私たちを生き返らせてくれる何かがあるのでしょうね。

ではまた、旅の続き、拝見させていただきまーす^。^
はなママ | URL | 2006/04/05/Wed 08:19[EDIT]
(^_-)-☆
なんか・・・写真を見ていると・・・。
一緒にお遍路さんをしている気になってきました。。。

こた君も・・・アランちゃんと一緒にこの道を歩いてきたんですね。。。
一緒に連れてってくれて・・・本当に★\(^-^ )♪ありがと♪( ^-^)/★

こた君が夢に出てきてくれたのも・・・halさんがお遍路さんから帰ってきてからだったよ。
報告に来てくれたのかな・・・。
tomodogs | URL | 2006/04/05/Wed 16:38[EDIT]
同じ風景。。
はなママさん
先代はなちゃんと、はなちゃんと一緒に見た風景を、私も見てきたと思うと不思議な気がします。

作法。
随分心配しましたが、案ずるより生むがやすしってはなママさんが言ってくれましたよね。
本当にそのとおりでした。
しかし、それもお友達が一緒だったからそれも出来たこと。
私一人だったら。。。と考えるとやはり勇気がいります。
今回のことをふまえて秋に行く時はより完璧なお遍路さんを目指して!
な~んて思っていますがどこまで出来ることやら(^_^;)

兎に角、自分の目で確かめ行ってみて気づいたことが沢山有りました。
帰り道で、次に行くことばかり考えていました。
荷物はあれとこれを持って、あれはいらないなとかー(笑)

tomoちゃ~ん
時々ね、何かの気配を感じていました。
あれは、なんだったのだろうとずっと気になっていました。
アランと一緒に歩いてくれたこた君やワンコたちだったのでしょうか。

こた君、夢に出て来てくれたって言ってたね。
tomoちゃんへ報告に行ったのかなー。
一番最初にお遍路さんの支度をして表に出たとき風が吹いて、菅笠が飛ばされそうになったの。
風が強い日でって書いたけど晴れた良いお天気だったのよ。
一瞬、風が吹いたんです。
こた君が「変なの~全々似合わない~!」って笑っていたのかもしれないね(^-^)
haru | URL | 2006/04/05/Wed 20:45[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。