アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月29日 6番→7番→6番
PM2:20
宿坊に荷物を置かせてもらい、7番へ打ちに行く。
お土産屋さんの脇を通り、大きな道へ出て左へ曲がる。

PM2:23
大きな道から住宅地のような狭い道へ入り、何度も曲がる。
PM2:23

右へ曲がると7番への標識案内。
畑があったり、農家のようなお家の狭い道。
アランと散歩で歩いていた風景に似ている。
PM2:42

6番から20分歩いて7番の山門が見えた。
PM2:41

PM2:43 7番十楽寺。
PM2:43

4番で見かけたおじさんから写真を撮ってもらった。
PM2:44

7番 十楽寺境内。
PM2:50

十楽寺境内。
PM2:51

PM2:50

本堂。
PM2:55 本堂

本堂。
本堂

帰り、又道を間違えてしまった。
PM3:28

PM3:29

PM3:35
お土産屋さん兼休憩所。
PM3:35

PM5:00
安楽寺のお風呂は弘法大師の湯で有名。
女湯。
宿坊お風呂

男湯。
宿坊お風呂


7番十楽寺までは20分で行けたが、帰り道を間違え30分掛かった。
細い道を何度も曲がり、目印を覚えていたつもりだが帰りにはすっかり忘れ、丁度アラン散歩のような道だなぁ~なんて思いながら歩いていたら、畑で農作業をしていたおじさんに呼び止められた。
「6番へ戻るんなら、こっちの道だよ。真っ直ぐ行って左に曲がり次を右に曲がると大きな道へ出るから。」
声を掛けて貰わなければ、どこへ行っていたか。。。^_^;

お土産屋さん兼休憩所に7番の山門で写真を撮ってくれたおじさんがイスに座ってお店の人と話していた。

長袖では暑いので、半袖Tシャッツを買うことにしてお店に寄った。
丁度Sサイズが1枚有ったので安楽寺の名前入りのTシャッツと手拭いを買った。
休んでいたおじさんに、「随分遅かったね。」と言われた。
道を間違えてしまいました。と言ったら、
「よく道を間違える人だね。」と笑われた。

5番大日寺で道を間違え、遠回りして山越えをしてきたとき、このおじさんがヒョイと畑の道から突然現れた。
おじさんが通ってきた道が遍路道だったと気付き、道を間違えた~とレインさんたちと話していたのを聞いていたようだ。

PM4:10
宿坊の受付に行き、名前を言うとここに住所と名前を書いて下さいといわれた。
¥6,500-料金前払い。
宿坊は綺麗で受付の人も案内してくれた人も感じのいい人たちだった。
小さなテレビとテーブルだけのこじんまりして部屋。

冷房を着け、今日は、6番安楽寺の宿坊です。と本家へ連絡して携帯、カメラの充電。

PM5:00
お風呂は広く、一人で手足を伸ばし髪を洗って汗を流した。
誰もいないので、下着と靴下を洗わせてもらった。
脱衣場で扇風機に当たっていると、若い女の人二人が入って来た。

食事は6時から。
売店の向こう側の広間のような部屋で、自分の名前の書かれてあるお膳に着いた。

10人の白衣を着ている団体さんが奥の方に座っていた。
入り口の方に、私と隣に半ズボンのお兄さん、向かいに写真を撮ってもらったおじさんと若いおにいちゃんと細身のおじさん。
団体さんと私たちの間にお風呂で会った若い女の人二人、レオンさん。
その向かいに4人連れの人がいた。

食事の前にご住職が今日は用があるので代わりに、と若いお坊さんがお話をしてくれた。
お勤めが夜7時から本堂で。
お勤めは朝かと思っていたけど、安楽寺では夜だった。

食事は美味しかった。
若いお兄ちゃん、
「宿坊ってもっとひどい所かって思ってたけど全々違いますね。
豪華な食事だし、ヘタなホテルより立派ですよね。」と感心していた。
お膳に「バナナくん」が着いていた。
袋のまま頂いて、明日の分。

食事中、隣のお兄さんは結願を済ませ明日、十楽寺へお礼参りに行き帰ると言っていた。
(どちらから来られたか聞きそびれてしまった)
結願を済ませたと聞き、若いお兄ちゃん、おじさんたちがいろいろ質問をしていた。

写真を撮ってもらったおじさん、浜松から来られ通しで回るそうだ。
隣の細いおじさんは三重県から。
荷物が重く肩が痛いと言っていた。
ザックの肩に当たるところにタオルを入れたら良いですよとお兄さんが教えていた。

浜松のおじさん、ネットでいろいろ調べたと凄い情報通。
若いお兄ちゃんは愛知からで、足とお金が続く限り、行ける所まで行くと言っていた。

浜松のおじさんが、明日はどこまで?と聞くので私は11番まで行き近くのふじやさんと思っているのですがと言うと、
「ふじやは休みで別の宿を紹介してくれたよ。」と教えてくれた。

部屋へ戻り、急いでふじやさんへ連絡をした。
明日は休みだと言われ、別の宿を紹介してくれた。
紹介してもらった吉野旅館さんへ明日の予約を入れた。

1番AM6:35→1番出発AM7:15→2番到着AM7:30 
1番から2番 1.2km 20分(予定)→15分(実時間)
2番出発AM7:55→3番到着AM8:40 
2番から3番 2,7km 45分(予定)→45分(実時間)
休憩20分。
3番出発AM9:20→4番到着AM11:05 
3番から4番 5km 1時間20分(予定)→1時間45分(実時間)
4番出発AM11:30→5番到着AM11:55 
4番から5番 2km 30分(予定)→25分(実時間)
お昼休憩 30分。
5番出発PM12:45→6番安楽寺到着PM2:00 
5番から6番 5.3km 1時間30分(予定)→1時間15分(実時間)  
6番出発PM2:20→7番十楽寺到着PM2:43 
6番から7番 1.2km 20分(予定)→20分(実時間)
7番出発PM3:10→6番到着PM3:40→30分(実時間)

9月29日。
歩いた距離、約18.6km。
1時間歩き5分くらい休憩を取っていた。
時間的には順調に歩けたようだ。
足は未だ痛くなかった。気にすると痛くなりそうで足のことは考えないようにしていた。
午後から荷物が重くなった。

Comment

 秘密にする

安楽寺の宿坊はよかった。
はじめまして。私も2005年の冬より一国参りの区切り打ちをしている、秋田在住の遍路の一人です。豊富な写真を見て懐かしくなり、カキコしています。私も安楽寺の宿坊に世話になり、温泉の出る風呂の大きなことと食事のおいしいかったことを覚えています。今後のブログも楽しみにしています。
くろあん | URL | 2006/10/29/Sun 00:01[EDIT]
いや~写真いっぱい撮りましたね~道連れさんが、てっきりおばちゃん4人組だと思い込んでいたので、意外な組み合わせで驚き!!出発早々、いきなりドラマよりドラマチックだったでしょう? いつも思います。本当に事実は小説より奇なりよね(笑)。
もう次の旅のことばかり考えてしまいますよね~。
私たちは、はなのアレルギー待ち(笑)。でも、高知と宮崎のお天気、気候はすごくよく似ているので、宮崎の日中がもっと涼しくなるまで、まだ出発できないわ~。まだ連日25度以上あるんだもの。。。
いっぱいのお写真、見ごたえあります。HALさん、お写真撮るのも、がんばりましたね^。^
はなママ | URL | 2006/10/29/Sun 12:23[EDIT]
評判どおりの宿坊でした。
くろあんさん
はじめまして、くろあんさん。
コメントありがとうございます。

安楽寺の宿坊、評判どおりいい宿坊でしたよね。
お風呂も広いしお部屋も綺麗でした。
宿坊らしくない宿坊。旅館、ホテルのような感じですよね。
食事も美味しかったですね。

くろあんさんは、秋田から四国へ渡られたんですね。
やはり、大阪まで行かれてからですか?
新潟からだと、大阪か名古屋へ出てからなんです。
新幹線で東京まで行き羽田から徳島便も有るのですが乗り換えや時間が掛かります。
大阪から高速バスで行ったほうが時間もお金も掛かりませんでした。

新潟からも秋田からも四国は遠いですね。
それでも、行きたくなるのは何故でしょう~(笑)
HAL | URL | 2006/10/29/Sun 14:02[EDIT]
記録代わりに。
はなママさん
歩きながらメモを取るのは無理だろうと、写真は記録代わりに撮っていました。
お寺に入る時と出る時は必ず撮るようにしていたんです。
時間がわかるでしょう。
万歩計着けて行けば良かったと後で気が着きました^_^;

写真は後で見ても楽しいし、こんなことが有ったって直ぐ思い出される。
時計、カメラ、携帯は持たないと言っておられたお遍路さんがいました。
日常とは違うのだからと。
それと、カメラを持たないのは今、この風景を自分の目で覚えておきたいからと言っておられたことに感動していました。
そういうことなんだ、と思ってのですが私は写真に残すことしか考えられなかった。
自分の目でいつまで焼き付けていられるか、いつまで忘れられないでいられるか自信がありませんから。。。

毎日四国のお天気、気温を見ています。
暑いですね~^_^;
やっぱり南国ですわ。宮崎と同じくらいの天気、気候なんですね。
こっちとは一シーズン違うくらいの気候ですよ(^_^;)

一人旅のお遍路さん、女性は少なかったです。
今回お会いしてのは2人だけ。
団体さんにもそれほど会わなかったから納経の時間がわりと早かったです。
おばちゃん4人組じゃなかったんですよ(笑)
HAL | URL | 2006/10/29/Sun 14:15[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。