アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山から帰路
高野山奥の院へ、無事四国遍路を巡り終えた報告。
奥の院は撮影禁止。
Aさん、Oさん、Wちゃんと並んで最後の般若心経を唱えた。
心静かなひと時。
いろんなことが思い出された。

Aさん、Oさんに付いて行くことだけで精一杯の最初の頃。
見よう見真似のお作法。
お杖を忘れて大急ぎで取りに戻ったこともあった。
Wちゃんは、お鈴を落としたりしたけれど、そのお鈴はWちゃんの元へちゃんと帰ってきた。
室戸岬の休憩所で、頂いた御影を忘れたことに気付き引き返したこともあった。
回ってきた八十八箇所の出来事、風景が懐かしく思い出される。

昼食休憩を済ませ、胡麻豆腐の有名なお店に連れて行ってもらった。
宅配が出来ると言うことなので、送ってもらうことにした。

大阪へは4時頃到着予定だったが、道路が空いていて伊丹空港に2時過ぎに着いた。
Wちゃんは伊丹から東京。PM5:00の便。
息子さんが羽田まで迎えに来てくれ、東京の息子さんのアパートに泊まり翌日、高速バスで福島へ。
私の帰りの便は、PM6:00。

伊丹まで送ってもらい、お別れ予定だったけど、早く着いたのでお茶を飲んで行こうと言ってくれた。
パーキングに車を入れ、2Fのスタバーへ。

「良い旅をさせてもらってありがとう。
帰ったら、いい土産話が出来るわ。友達にお遍路の話を聞かせてやるよ。
haruちゃん、新潟から日帰りできるんだから、福島へ遊びにおいで。
パパさんと一緒に蕎麦を食べに来てよね。
いい人たちと一緒に旅が出来て、本当に良かったよ。」
Wちゃんが何度も言ってくれた。

そろそろAさんOさんとお別れの時間。
haruちゃん、又、四国へおいで。待っているからね。
お大師様が待っているよ。
手を振りながら、AさんOさんがパーキングの方へ行った。

ありがとうございました。
11日間、お世話になりました。
帰り道、気をつけてください。
さようなら。
私、また四国へ行きますから!
直ぐに行きますから!

東京と新潟、搭乗手続きは別々。
Wちゃんともここで、さよなら。
電話するからね。元気でね。
気をつけてね。。。

ほんの先まで、みんな一緒だったのに。
その時過ごした場所、交わした会話は、そのときだけの時間。
どんなに楽しい時間も、必ず終わりの時が待っている。
一期一会。
素敵な人たちに会えた。
大切な時間を共有できた。

伊丹空港で家用の西利の漬物を買って、搭乗手続きをして待合室へ。
昨日の今頃は4人一緒だったのに、今は一人。
旅に出れば、帰る日がやってくる。
始めがあれば、必ず終わりがあるのだから。

PM6:00の便が1時間送れ。
窓の外が暗くなり、雨が強くなってきた。
Wちゃんは羽田に着く頃の時間。
Aさんたちは、どこら辺だろう。
もう、四国へ渡っただろうか。

ユニバーサルSからの修学旅行の中学校、2校と一緒になった。
中学生たちが楽しそうに騒いでいる。
引率の先生が、静かに!と何度も注意をしていたが賑やかな声にかき消されていた。
天候の関係なのか、6時の便が結局1時間半遅れ、出発が7時半になった。

新潟に着いたのは8時半。
荷物を受け取り出口に向かうと、出迎えのガラス戸越しにあーちゃんpapaの姿があった。
持っていた菅笠を振って見せると、
「ばーか」と言っていた。


「2006年・春の遍路記」
3月16日に11日間の旅から帰って来て、秋遍路に出かけるという今頃、ようやく書き終えた。

帰りの飛行機の中、秋になったら遍路に出よう。と決めていた。
今度は、歩き遍路。
本当に一人で歩けるのか不安だけれど、期待の気持ちの方が勝っている。
大丈夫。
いつも人に頼ってばかりいられない。
楽をして、願いを叶えて下さいというのは虫が良すぎる。

秋の遍路旅に向けて準備中。
2006年秋遍路。
9月28日ー10月7日。
9月29日、1番霊山寺さんから23番薬王寺さんまで回る予定です。


四国で優しさを沢山頂いてきました。
出会った人、全てに感謝しています。
ありがとうございました。

南無大師遍照金剛
南無大師遍照金剛
南無大師遍照金剛

Comment

 秘密にする

すてきな旅が
また、次の旅の原動力になりますよね。HALさんが、きっとまた来る…と確信したように、また、お四国の地を踏むのですね。。。今度は一人、まだ私も知らない世界です(笑)。一人の旅でなければ、わからない、経験できないことも、たくさんあるのでしょうね。気をつけて、そして、計画どおりに…なんてムリしないで、ときには、お大師さまの導かれるままに、まかせてみるのもいいかも知れませんよ。
どうぞ、気をつけてね。私たちも四国入りしたら、ご連絡するようにしますね!
いまはとにかく、荷物を減らすことに専念してね!本当に、必要なものは何か?必要でないものは何か?それを考えることも、修行になりますものね。
はなママ | URL | 2006/09/26/Tue 21:33[EDIT]
ただいま!
出かける前、いろんなことが心配でした。
宿のこと。荷物のこと。一人で本当に大丈夫なのだろうか。
前にもはなママさんが、
「案ずるより生むがやすし。。。」って言ってくださったでしょう。
ホントにこの言葉どおりでしたね。

困っていたら誰かが声を掛けてくださる。
聞けば親切に教えてくださる。
沢山の人から助けて頂き、手を差し伸べてもらい、声を掛けてもらいました。
人の暖かさや優しさが身にしみました。
嬉しかったです。
ありがたいと思いました。

思っていた以上の過酷な旅でしたが行ってきて本当によかったと思っています。
車で回った時も感動の連続でしたが、一人旅はまた違う感動がありました。

帰ってきたばかりですが、来春の室戸への道を歩いている自分の姿を思い浮かべています。
思いは四国路へ。
HAL | URL | 2006/10/11/Wed 12:17[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。