アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま想うこと
いよいよ八十八ヶ所巡りも終わりに近づいた。
今まで回ってきた寺を思い出す。
「1番札所・霊山寺」から、もう一度回りたい。
いつの頃からか、1日が終わるとその思いが頭の中を占めていた。
まだ帰りたくない。もっとこの旅が続けていたい。
別れたくない。。心優しい人たちと、いつまでも旅を続けていたい…

発心堂さんで、遍路衣装に着替えたあの時から。
いや、もっと前、できることなら四国でAさん、Oさん、Wちゃんに会ったあの瞬間からもう一度。。。
残すのは、あと2ヵ寺…
Wちゃんもだん々口数が少なくなっていた。
朝、Aさん、Oさんを待っていたホテルのロビーで、Wちゃんがポツリとつぶやいた。
「良い旅だったね。。。
haruちゃんが一緒で楽しかったよ。haruちゃんに出会えて本当によかった。
いつか又、一緒に回りたいね。。。」
うん…私もWちゃんと同じことを考えていたよ。
また、一緒に来れたらいいね。。。

始まったばかりの旅は期待と不安に満ちているけれど、その比重は不安よりも期待感の方が2対8の割合になっている。
初体験の遍路旅は、どれを見ても何を聞いても珍しく、感動の連続だった。
慣れない作法、咬んでばかりのお経や般若心経。
呪文のようだと思っていたお経も、いつしかスラスラ唱えられるようになっていた。

ふーっと、何かの気配に肌がざわつき、目には見えない「何か」を感じた瞬間。
確かに感じた「何か」、それは決して恐いものではないと、体がわかっていた。
「今、何かが通ったよね?」AさんもWちゃんも感じていたんだね。

Aさんは、お母さんに会ったと言った。
「お母ちゃんが、私の側に来てくれたんよ。お母ちゃんの匂いがしたよ。。」涙ぐんでいたことがあった。
Wちゃんはイタイイタイと言っていた足がいつの間にか痛みが消え、軽くなったと不思議な顔をしていた。

いつも、私たちは誰かに守られているんよ。
ここではね、会いたい人を想っていると、それがちゃんと通じるき。
心が会いたい人の元へ行くきに。

始めがあれば、必ず終わりがある。
どれほど楽しい旅であっても、最後の日はやってくる。
永遠に終わりのない旅などないように、出口のない悲しみ辛さもいつか必ず終わりがある。
明けない夜がないように、明日は必ずやってくる。

Oさんが、志度寺で話してくれた言葉が、いま思い出される。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。