アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月14日 79番 天皇寺(てんのうじ)
AM10:35 79番天皇寺(てんのうじ)。
弘法大師巡錫のおり、日本武尊(やまとたけるのみこと)ゆかりの八十場(やそば)の泉の近くで霊気を感じ、泉のほとりにあった木で十一面観音菩薩を刻み、堂字を建立。
阿弥陀如来、愛染明王とともに祀り、妙成就寺摩尼珠院(みょうじょうじゅまにじゅいん)と名付けた。
保元の乱(1156)で敗れた崇徳上皇が讃岐へ配流され、長寛2年(1164)8月、崩御。
八十場の霊泉に御遺骸を約20日間浸したという言い伝えがある。
その後、二条天皇が上皇の冥福を祈り崇徳天皇社を建立し、天皇寺と改名した。
明治の神仏分離で崇徳上皇社と天皇寺は二分され、崇徳上皇社は白峰宮となった。
天皇寺

山門の代わりの石碑。
石碑

石碑

天皇寺鳥居。
崇徳天皇社の神宮寺であったので山門はなく赤い大きな鳥居が立っている。
駐車場から鳥居をくぐると参道正面に白峰宮、左手に本堂と大師堂が棟続きに並んで立っている。
天皇寺鳥居

白峰宮。
崇徳天皇の御霊を慰めるために建立されたという神社。
上皇崩御の際、毎夜のように東方に怪星が現れたので3代後の二条天皇がここに崇徳天皇社を建立したという。
その後、後嵯峨野天皇により荘園などが奉納された。
白峰宮

天皇寺(てんのうじ)境内。
天皇寺境内

天皇寺(てんのうじ)本堂。
本堂は江戸時代、松平家によって再建された。
本尊の十一面観音像は、8月の御開帳大般若法要の時のみ開帳される秘仏。
天皇寺本堂


Comment

 秘密にする

寒い冬
寝る場所が見つかっていなくて、天皇寺の境内にテントをはらせてもらおうと、一応ことわってから…と思い、納経所の方にお尋ねしたことがあります。そのときのお返事「境内で凍死でもされたら困りますから」(笑)私たちは死にましぇーん!アハハハ。そんなことでも、結構思い出に残るんですよね~。つつがなく…も素敵だけれど、波乱万丈も大好きです^。^ 秋…早くこないかなぁ。待ちどおしいですね。私たちも秋遍路やってみようかしら? 
はなママ | URL | 2006/07/25/Tue 23:14[EDIT]
Re・寒い冬
はなママさん
だははは。。「境内で凍死でもされたら困りますから」には笑っちゃいました(爆)
ホントよ、お寺さん側にしたら自分の寺でお遍路さんが行き倒れぇ~なんてなったら大変ですよ(笑)

寒い時の野宿は辛かったでしょう。
私には想像できませんが、そういう辛い旅だからこそ想い出が残り信仰心もわいてくるのではないでしょうか。
春はこれでいいの?と思うくらい快適なお遍路だったでしょう。
だから、この次は絶対歩かなくては!という思いでした。
波乱万丈だからこそ、お遍路なんでしょうね。

秋に行きましょうよ!
私はお彼岸が終わったら直ぐにでも出かけたいと思っています。
指折り待ち焦がれている時が一番楽しいのでしょうね。
行ったら、トイレどうしょうとか宿は大丈夫だろうかとかハラハラドキドキになるんじゃないかな。。。(^_^;)
HAL | URL | 2006/07/26/Wed 15:38[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。