アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

88番 大窪寺
10月23日  



                      第八十八番札所 医王山(いおうざん) 大窪寺 




本堂に向かう。
大窪寺
石段を上がると参道に機材を運び込んでいる街道テクテクのスタッフさんたちの姿。
大窪寺
「明日、○○時に卓球の四元奈生美が大窪寺に到着します~」集まってる参拝客に説明しているテクテクのスタッフさんの声を聞き流し、本堂に向かった。
大窪寺
本堂。
本堂
参道沿いにならんでいる、お地蔵さま。
地蔵
大師堂。
大師堂
大師堂。
大師堂
大師堂隣の宝杖塔。
塔の前に奉納された沢山の金剛杖。
宝杖塔
納経所に行くと結願証を書いてもら人でごった返していた。
順番を待ち並んでいると、前の人に後ろから次々自分の名前を書いた紙が渡されていく。
幾ら待ってても私の番がこない。。。
それでもガマンして待っていたが同じツアーの人たちなのだろう、これも、これもと次から次へと名前を書いて渡している。
これじゃ幾ら待ってても私の番は来やしない。
その列を離れ一番端の列に着いた。

随分待ってようやく私の番。
納経帖の上に300-乗せてお願いしますと渡した。
御朱印を押すだけなのに30分待たされた。。。
納経所
どれほど感動し号泣するのかと思っていた…
本堂でも大師堂前に佇んでも感動が湧いてこなかった・・・

始めて1番霊山寺の前に立ったときのこと。
雨の中の焼山寺の山越え。
東洋町バス停。
真っ青の太平洋に驚きの声を上げ、見惚れながら歩いた土佐の路。
土佐清水のYさんに出会ったときのこと。
横峯寺の途中に寄った喫茶店。
土砂降りの中、滑って転んで泥だらけになってたどり着いた仙龍寺。
日本一大きなため池、満濃池のほとりで休んだときの心地よい風。
女体山を登りながら、今まで出会った人たちの顔を思い浮かべ、見てきた風景を頭の中で浮かべていた。

此処に来るまで2年も掛かり、此処に来るために、この場所にたどり着くために歩いていたきたというの。。。
体が空っぽになったような気持で山門を出た。

16:00
16:00




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。