アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

87番 長尾寺
10月23日  



 
                   第八十七番札所 補陀落山(ふだらくざん) 長尾寺

長尾寺は行基が柳の木で聖観世音菩薩を刻み安置したのが開基、その後入唐前の弘法大師が訪れ唐での無事と成功を祈願し念頭七夜の護摩修行を行った。
帰国後、入唐の大願成就を感謝し大日経一字一石の供養塔を建立したと伝わる。
江戸時代に高松藩主・松平頼重の厚い帰依を受け、頼重の命により天台宗に改宗。
本尊の聖観世音菩薩は讃岐国七観音随一と称えられている。



雨が少し小降りになった。
土産物屋の前で四元さんの写真撮影が始まったのを見計らい、吉○さんに荷物番をお願いして
急いで本堂に向かった。

仁王門を入ると正面に本堂、右に大師堂、左に護摩堂が並ぶ。
正面に本堂
本堂。
本堂
本堂。
本堂
大師堂。
大師堂
参拝を済ませ土産物屋の中の納経所で御朱印を頂く。

トイレに寄ってベンチに戻り線香ロウソクの入った巾着、納経帖をザックに詰める。
雨具を出そうか迷ったがこのくらいの雨なら大丈夫だろうと着ないで行くことに。

身支度をしていると、カーゴパンツお遍路さんから納め札を頂いた。
私の納め札、カバンに入れてしまったので渡しそびれた。。。

カーゴパンツお遍路さん、福岡の川○さん。
今治さんの名前もお聞きしたのだが忘れてしまった・・・(^_^;)

吉○さん、少し体調が悪いらしくゆっくり後から行くからとと言うので今治さん、川○さんと一緒に仁王門を出た。

仁王門を出る今治さん(左)と川○さん(右)。
8:30
8:30 仁王門
栄荘から長尾寺まで7キロ。
約2時間で頑張ったのに長尾寺で足留め、出発したのが8時半になってしまった。。。
こんな時間になってしまうなら、栄荘を6時過ぎに出てもよかったのに…
真っ暗の中、頑張って歩いてきたのにと少し腹を立てながら、それにしても、なんであんなに急いだのだろうと不思議に思っていた。

吉○さん、川○さん、今治さんたちに会うため・・・
と、気付いたのはこの後になってからだった。





Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。