アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

86番 志度寺
10月22日  



                      第八十六番札所 補陀落山(ふだらくざん) 志度寺  


推古天皇の33年(625)、志度湾に漂着した霊木を薗子尼が草庵に持ち帰り、仏師に十一面観音像を彫らせて堂を建てたのが始まりとされる。 



志度寺門前より五重塔を望む。
仁王門と五重塔
境内。
境内
境内。
境内
五重塔。
五重塔
広い境内を歩いて行くとばったり今治さんに会った。

「吉○さんが駅で泊まれないか交渉に行ってるんです。僕は何処でもいいのでお任せしてこれから食料を仕入れ(笑)」
志度寺の駅に泊まるんですか?
「まだわからないけどね。ダメだったらもう少し先まで行くことになるかな。」
今日中に長尾寺まで行くのかと思っていました。
「僕は大丈夫だけど吉○さんの体調がちょっと良くないのでここら辺にしょうかなって。荷物は?」
私、今日のお宿は栄荘なんです。来る途中、荷物を置いてきました。
「そうなんだ。明日は女体山を行くの?」
そのつもり。今日は早めに宿で休んで明日早くに出ようと思ってるんです。
「明日は雨予報なんだよね。女体山、きびしいかもね。それじゃ、ゆっくり休んで明日は頑張って。」
はい、そうします。
吉○さんによろしくお伝えてください。
「言っておきます。それじゃ。」
気をつけて。
あ~。。お写真いいですか?

今治さんの後ろは護摩堂。
今治さん
今治さんと別れ本堂に向かう。

参道の正面に本堂。
境内と本堂
本堂。
本堂
本堂。
本堂
大師堂。
大師堂
大師堂。
大師堂
本堂と大師堂の間の渡り廊下のようなところにある納経所。
納経所
参拝を済ませ納経所で御朱印を頂き仁王門を出る。

15:35
15:35



Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。