アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

84番 屋島寺
10月22日  




                  第八十四番札所 南面山(なんめんざん) 屋島寺

仁王門を潜り次の四天門(阿波藩蜂須賀公寄進)を潜ると広々とした境内。
正面に重要文化財指定、朱塗りの柱も鮮やかな本堂(5間4面単層入母屋造り)がある。
参道の右手に鐘楼、千体の観音を祭る千体堂、大師堂、左手に庫裏、阿弥陀如来、釈迦如来、鑑真和上(がんじんわじょう)の3人を祀る三体堂などが並んでいる。

本堂の隣に赤い鳥居が並ぶ「蓑山大明神」は佐渡の団三郎狸、淡路の芝右衛門狸と共に日本三大狸、「太三郎狸」を祀っている。



仁王門。
仁王門
四天門。
四天門
仏法を守護する持国天(東)・増長天(南)・広目天(西)・他聞天(北)の四天王が四方を守っている。
四天門
四天門を潜ると正面に本堂。
境内と本堂
急坂を一緒に歩いてくれた素敵な女性とここでお別れ。
頑張ってね、と手を振ってくれた。

水屋。
水屋
納経所とお店の間にベンチが置かれていたので隅のベンチにザックを降ろす。
納経帖を遍路カバンに詰め、ロウソク線香を出し巾着に入れて本堂大師堂で参拝。
ザックの上に菅笠を被せ、お杖を側に置いた。

本堂。
本堂
本堂。
本堂
大師堂。
大師堂
大師堂。
大師堂
大師堂。
大師堂



Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。