アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80番 国分寺
10月20日  



                 第八十番札所 白牛山 国分寺 (はくぎゆうざん こくぶんじ)

天平13年(741)聖武天皇の勅により建立された讃岐国分寺。
境内全域が国の特別史跡に指定されている。



仁王門。
仁王門
仁王門をを潜ると両脇に見事な松並木の参道が続き
参道
参道の左右にミニ八十八ヶ所の石仏が並ぶ。
ミニ八十八ヶ所の石仏
境内右手に重要文化財に指定されている鐘楼。
鐘楼
広い境内に荷物を置けるようなベンチも休憩所も見当たらない。
線香ロウソクもザックの中。
納経所だったら置くところもあるだろうと本堂に向かって右手「大師堂・納経所」へ行く。
境内
多宝塔のような二重塔と山門があり入り口に大師堂・納経所の立て札と小坊主さん。
山門を潜ると自販機とベンチがあった。
建物の中は薄く暗くお土産や念珠、お札、お守り、遍路用品などが所狭しと並べられその向こうに納経所と奥が大師堂になっていた。
お土産屋さんの男の人が忙しそうにしていたが、すみません、参拝してきますのでそこのベンチに荷物を置かせてもらって良いですか?と声を掛けると奥にいた作務衣を着た男の人(納経所の人だった)に、
「だめ!あんなところに置いたら目が届かないだろう、昨日もあそこに置いた荷物が盗またばかりなんだよ。此処に置いてきなさい。」と恐い声で言われた。
お土産屋さんが此処に置いてと山と積まれたお土産の間を空けてくれたので大急ぎでザックから線香ロウソク、納経帖を出しザックの口をしっかり閉め杖と一緒に置きお願いしますと本堂へ向かった。
大師堂・納経所
本堂。
本堂
本堂。
本堂
お迎え弁財天。
【神と仏の幸せめぐりの、さぬき七福神中、当山は、弁財天を主尊としてお祀りしています。
本堂前、池中に主尊弁財天、七福神を。大師塔納経所にも、木造弁財天を、お祀りしています。】
お迎え弁財天
本堂の前の池の中に立つ弁財天の祠と七福神の石像が並んでいる。
【弁財天(弁天サマ)
古代インドの河の神様で豊穣の女神といわれ、智慧、芸事、音楽等、更に七福神唯一の女神として、財運、福徳を与える神として大変御利益あらたかであります。】
さぬき七福神 弁財天
願かけ不動明王像。
願かけ不動明王
成願大師像。
成願大師像
願かけ金箔大師像。
願かけ金箔大師
納経所に戻り大師堂にお参り。

二重塔の部分が大師堂、手前の建物の中が納経所と売場。
堂の前に千体水子地蔵が祀られている。
大師堂
お土産に色とりどりの飾りがついたお守りと朱印帖を一緒に納経所に出すと、
「荷物は体から離さず、置いて行く時は自分の目の届くところに置くこと。昨日もあのベンチに置いてた荷物を盗まれたばかりなんだ。此処まで来て大切な荷物を盗まれてしまったら泣くにも泣けないだろう。持って行く奴が悪いけど置いて行ったのも自分の不注意。それから門のところに遍路の格好して絵を描いたり立っている者がいただろう。物を売りつけたり金をせびっていのだから金をくれとか絵を買ってくれと言われても知らん顔していきなさい。」言われた。
仁王門の石段の下で托鉢をしているお遍路さんや座り込んでいたお遍路さんのことを言ってるのだろう。

香川に入ったら荷物に気をつけろと何度も言われたが本当にあるんだね。
ベンチに置いた荷物をどんな気持ちで盗んでいくのだろう。
いくら目が届かないと言っても納経所の前で。。。

ありがとうございました、とお礼を言って納経所を出た。

仁王門に向かって参道へ行くと見覚えのある姿。
川久米旅館で一緒だった岡山市のKさんが境内を歩いていた。
Kさんも私を見つけ、早かったですね、参拝は済んだんですか?と聞いてきた。
はい、今御朱印を頂いてきたところです。これからですか?
Kさんは何時頃出られたんですか?
「7時に宿を出て、今着いたばかりなんです。あなたは何時に出たんですか?」
6時半頃です、それじゃお先に。

Kさんと別れ9時50分、一礼して仁王門を出る。



Comment

 秘密にする

物取りの事に関しては、事前に話しで聞いたり、本で読んだりしても他人事の様に思うけど、実際に道中に現地の人から聞くと他人事には思えないですよね
私も実際、去年徳島市内を歩いている時に前から自転車で来たおじさんが私のとこで止まり「最近、お遍路さんの金品泥棒があるから気を付けなさいよ」と言われました。
私は、まだ先が長いからこれからも気を付けて歩かないと
大阪 | URL | 2009/02/13/Fri 22:10[EDIT]
お久しぶりです。
祭のチョーサはすごく立派でしたね。うわぁこんなのがワンサカ町の中を練り歩いてるのだと思うだけで心が躍ります。一機何千万・・・そうでしょうねぇ。あの金襴ぶりですものね。もう少しで結願になると思うと寂しくて大切に読み進めてます。
何ででしょうね・・・のんびりした雰囲気の涅槃の地で一番盗られる率が多いなんて。どないなってるのかしら。
国分寺はさすがに立派でしたね。
そうですか。あの絵描きさんたちにも気をつけなさいですか。私はね初めての接待に頂いたのが山門で寺を描いてた人からのハガキでした。
旅に出れば誠ばかりには接する事ができないのも仕方のないことですね。
橋が出来た事でにわか遍路が多くなって生活してるとは聞いたことありますが。
れいこ | URL | 2009/02/13/Fri 22:49[EDIT]
毎回楽しみにしています
去年、車で廻ったんですが、何人かあっ、おかしな人だなぁと思うことはありましたね。けど荷物はやはり手元から放してはいけませんよね。だって旅の相棒ですから(笑)。特に香川県では盗難が多いとはききました。けど何事もなくよかったですね。
さつき | URL | 2009/02/14/Sat 23:07[EDIT]
大阪さん
香川に入ったら荷物に気をつけろとよく言われますね。
そんなこと信じたくはないけど用心にこしたことはありませんね。
これからの長い道中、お体に気をつけ頑張ってください。
HAL | URL | 2009/02/17/Tue 11:20[EDIT]
れいこさん
そうそう!「チョーサ」って言うんですよね!
地元の人たちがそう呼んでいました。
丁度秋祭りの時期にぶつかり秋遍路最初の日からお祭りを見せてもらいました。
こちらとは趣の違うお祭り。
始めて見ましたが一機何千万の豪華な大輪にただ感心していました。

香川へ入るとお軸、納経帖の御朱印も多くなりそれを狙っているのだとか。。。
オークションにかけられたりいろいろと売買されてるそうです。
御朱印が揃ったお軸、納経帖、自分は廻ることができないので代行して頂いてきたもので盗品とは知らずに買われた人もいるのでしょうが商売になっているのですね。

私も山門に立っておられたお遍路さんから描いた絵葉書を頂いたことがあります。
その時はお接待と言われましたが他で幾らでも良いから買ってくれと言われたことも。
托鉢禁止などと書かれた張り紙のしてあるお寺さんもありましたね。
お遍路さんが多くなるのは地元でも喜ばしいことなのでしょうが遍路の格好をして人様に迷惑を掛けたり金銭、物品をたかるような人も多いと聞きました。

私、足を痛めたとき野宿していたお遍路さんに親切にして頂いてお礼の気持でお金を渡したら何日か付きまとわれたんです。
宿で一緒になった人に同行してもらい逃げ切りましたがそのことを香川の知り合いに話したら良い人ばかりじゃないのだからお金など絶対渡すものではないと随分叱られました。
四国でそれもお遍路のなりをしてこんな人もいるのかとショックでした。
歩き遍路最初の頃のことです。
HAL | URL | 2009/02/17/Tue 11:54[EDIT]
さつきさん
そうそう、おかしな人だなぁって見える人がいますよね。
バイクで納経帖、お軸専門に盗んでいる人がいるのだそうです。。。
体から離さないことが一番ですが荷物を置く時は自分の目の届くところですね。
香川は盗難が多いと言われてますね。
HAL | URL | 2009/02/17/Tue 12:02[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。