アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

75番 善通寺
10月18日  


                 
                第七十五番札所 五岳山(ごがくざん) 善通寺 

大師誕生の地として知られる真言宗善通寺派総本山。
高野山金剛峯寺、京都東寺と並ぶ弘法大師三大霊跡の一つ。

寺号は父、佐伯善道の名前から、山号は西院の背後にそびえる香色山、筆山、我師拝山、中山、火上山の五峰から五岳山と称した。



東院境内。
東院境内
鐘楼堂。
鐘楼
高さ45メートル、総欅造り、全国有数の五重塔。
五重塔
参拝客で賑わう金堂(本堂)。
金堂(本堂)
本堂の中へ入ると本尊の大きな薬師如来を祀っている。
本尊の台座を取り巻くように並んだ1メートル位の高さの羅漢像が2列に並び、その前に小さな賽銭箱が置かれている。
堂内で本尊の周りを一周する。

金堂(本堂)。
金堂
お遍路さんより観光客の方が多く他の札所とは様がわりの観光地の風景。

金堂前の大石内蔵助奉納の手洗い石。
金堂前の大石内蔵助奉納の手洗い石
釈迦堂。
釈迦堂
佐伯祖廟。
佐伯祖廟
讃岐三十三観音第二十五番札所・番外霊場 観智院 (かんちいん)。
東院と西院との中間に位置する善通寺の塔頭。
大同2年(807)弘法大師の創建で往時は「十善坊」と号して一山の寺務を掌握して通行手形などを発行していた。

観智院本堂。
観智院本堂
中門の右手に、佐伯祖廟、五社明神、三帝御廟が並んでいる。

中門。
中門



Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。