アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

73番 出釈迦寺
10月17日  



            第七十三番札所 我拝師山(がはいしざん) 出釈迦寺



曼荼羅寺を出て揺る坂の車道を上って行く。
駐車場に大型バスが止まっていた。
駐車場の側にうどん屋があり「歩き遍路さんにお接待します。」と看板が出ていた。
15:12
駐車場脇の石段を上る。

15:15
15:15
石段の途中の大師像前に熱心に手を合わせている人がいた。
大師像の向こう、標高500m弱の我拝師山。
大師像
出釈迦寺山門。
15:20
境内に入ると納経所の隣に休憩所がありその向こうに本堂と大師堂が並んでいる。
境内
本堂。
本堂
大師堂。
大師堂
捨身ヶ嶽遥拝所への石段。
捨身ヶ嶽遥拝所
捨身ヶ嶽禅定の説明板。
【弘法大師7歳の時この我拝師山に登り「仏門に入り衆生を救いたい。この願い成就するならば釈迦如来現れ給え」と唱え、谷底に身を投げた時、釈迦如来と天女が現れ抱きとめたといわれる。】
捨身ヶ嶽禅定説明板
捨身ヶ嶽遥拝所。
捨身ヶ嶽遥拝所
奥之院捨身ヶ嶽禅定の建物。
奥之院捨身ヶ嶽禅定
奥之院捨身ヶ嶽まで往復で約1時間半。
捨身ヶ嶽禅定まで上るつもりでいたが遥拝所から写真を撮って戻ってきた。
もう少し早い時間だったらと悔やまれたが仕方がない。
この次の楽しみに取っておく。

納経所。
納経所
御朱印を頂いて側の休憩所へ行き自販機で冷たい水を買ってベンチに腰を降ろし境内の参拝の人たちを眺め15分ほど休んで山門を出る。

15:50
15:50
門先旅館。

16:05
16:05門先旅館
門先旅館に戻ると若女将さんがお風呂場、洗濯場へ案内してくれお風呂に入ってる間に洗濯をしたら良いと教えてくれた。
廊下を渡り1階の広間で夕食は6時から。
荷物を置いたところまで戻り住所氏名を書き荷物を持って若女将さんの後について2階の部屋へ行く。
部屋は明るく窓から通ってきた道が見渡せた。

浴衣に着替え洗濯物を持ってお風呂に行く。
洗濯物を洗濯機に入れ広いお風呂に手足を伸ばした。
お風呂から上がると洗濯が終わっていたので乾燥機に洗濯物を入れ部屋に戻る。
洗濯、乾燥機代¥300-

本家とあーちゃんpapaに73番まで廻り宿に着きお風呂を頂いたと報告。
友達にメールを送りメモを付けてると夕食の時間になった。

1階の広間で夕食を頂く。
夕食は車で廻っている広島のご夫婦お遍路さんと男の歩き遍路さんの4人。
テーブルに煮魚や鍋、野菜の煮物、山菜などが並び若女将さんがお刺身とお吸い物を運んできた。
「シーフードカレーもありますから食べてくださいね。」
離れたテーブルに炊飯器とカレーの大鍋が置かれている。
さっそく向かいに座った男のお遍路さんがご飯とカレーをよそっていた。

広島のご夫婦は奥さんの病気治癒のお礼参りに廻っていると言っていた。
男のお遍路さんに「捨身ヶ嶽へ行ってきましたか?」と聞かれた。
行けなかったんです。。。
「自分も今日は時間がなくて行けなかったので明日、早起きをして行きます。」
区切り打ちで時々野宿をしながら歩いていると言っていた。

若女将さんが朝食は何時にしますか?と聞かれた。
広島のご夫婦が6時半にお願いしますと言ったので私も頷いた。


夕食のとき、とてもお元気な83歳の女将さんが広間に来られて挨拶をされ、街道テクテクの撮影があったことや昭和60年に親鸞聖人のお参りツアーで新潟に行ったことなどを話してくれた。
親鸞聖人といえば浄土真宗では?
四国は真言宗、天台宗が多いと思っていた。
門先と名の通り八十八ヶ所霊場の隣にある旅館。
大勢のお遍路さん、先達さんたちが泊まる旅館が浄土真宗とはなんか不思議な気がした。




            高瀬・ほ志川旅館 → 門先旅館

                 21km 39,442歩

                
              

Comment

 秘密にする

冬遍路はじめます
大分のとくです。いつも読ませていただいております。
さて、私事ですが、来週から2週間区切りの逆打ちを予定しております。
松山から行けるところまでと考えております。
2年ぶりのお四国です。
風邪をひかないよう、楽しく歩けたらと思います。
またご報告します。ではまた^^
大分のとく | URL | 2008/12/18/Thu 22:35[EDIT]
お気をつけて!
大分のとくさん
松山からの逆打ちにご出発なさったでしょうか。。
2年振りのお遍路に気持ちが弾んでおられるでしょうね。

歩き慣れている道でも逆打ちでは遍路マークを探すのも大変なことでしょう。
ご無事に善いお遍路旅が出来ますように遠くから祈っています。

思い出話を楽しみにしています。
どうぞお気をつけて、行ってらっしゃい!
HAL | URL | 2008/12/22/Mon 11:44[EDIT]
いや~まだです^^;
こんばんわ。
実は銀行カードが使えなくなり、
給与振込みを待って郵便局に移し変えてからでないと
こころもとないので、25日出発にしました。おはずかしい。
またおじゃまします。では~^^
大分のとく | URL | 2008/12/22/Mon 20:55[EDIT]
25日に出発ですね(^-^)
大分のとくさん
いってらっしゃい!が間にってあってよかったです!

出先でお金が引き出せなかったり持ち合わせが不足になったりしたらなにかと心もとないですよね。
私も四国へ行く時はまとまった現金をそれなりに用意してないと心細いです。
郵便局ならどこでもあるので2年前に口座を開きました。

2週間くらいの区切りとなると四国で年越しをなさるんですね。
2009年を四国で迎えられる大分のとくさんが羨ましいです。
寒くなってきました。
松山から瀬戸内海を眺めながらどの辺りまで廻られるのでしょう。
横峰寺は雪を被っているのではないでしょうか。
どうぞお身体に気をつけお怪我などなさいませんように。

お四国でよい年をお迎えください。
2009年も大分のとくさんにとって素晴らしい年でありますように。
HAL | URL | 2008/12/22/Mon 21:14[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。