アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別格第十八番 海岸寺屏風浦奥之院
10月17日  


                      海岸寺・奥之院



山門。
山門
山門。
山門
法雲橋。
法雲橋
水屋。
水屋
境内。
境内
赤いお堂の前の石に「産井・・」の文字が刻まれている。
後でお聞きしたら産盥堂(うぶだらいどう)、お大師さまが使われた、たらい(産湯で使う)を安置してるとのこと。
産盥堂(うぶだらいどう)
お堂の中に仏様の石像が安置され沢山のアゴ掛けが掛かっている。
お堂
屏風ヶ浦新四国百八ヶ所案内板。
屏風ヶ浦新四国百八ヶ所案内板
境内。
境内
右の坂道から入って来た。
左の石段の上の石碑に屏風ヶ浦新四国百八ヶ所の文字が刻まれている。
屏風ヶ浦新四国札始
山門を入ると広い境内になっていて正面に大師堂がある。
大師堂
大師堂。
大師堂
私はここが海岸寺だと思っていたがお聞きするとこちらは海岸寺の奥の院になっていると言われ、海岸寺は仁王門を出て線路を越え県道21号線の海側にあり納経はこちらの奥之院で御朱印を頂くことなっていると説明してくれた。
先に海岸寺に行って奥之院に来なければ納経は出来なかったことになる。
裏から入って来たけどそれもよかったのかもしれない。
詳しいことはわからないが元々は海岸寺はひとつの境内であったものが何かの都合で二つに分かれ今の構造になったのかもしれない。

大師堂の隣に納経所で御朱印を頂いた。
納経所




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。