アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cafe海岸通り
10月17日  



                弥谷寺 俳句茶屋 → cafe海岸通り

                       6.3km 1時間15分



俳句茶屋から石段を降り来た道を引き返し車道に出て右折すると道の駅・ふれあいパークみの。
弥谷寺に上って行く時は早い時間だったので駐車場は空っぽだったけどこの時間になると大型バスや乗用車で一杯になっていた。
道の駅でトイレに寄って行く。

10:12
10:12 道の駅
道の駅から揺るい坂道を下って行くと大きなため池があった。
香川はため池が多い。
坂道を下りると広い車道に突き当たった。
右折したところに弥谷寺、道の駅の案内標識。

標識。
→道の駅、弥谷寺 1km 
10:25
10:25
山と道路の間に田圃が広がっている下りの坂道。
向かう先の遠くに海が見えてきた。

10:30
10:30
信号から右へ。

標識。
↑豊浜 R221 丸亀  
←さぬき浜街道→
10:40
10:40
左に海を見ながら、さぬき浜街道を行く。

10:47
10:47
さぬき浜街道沿いにR21号線の標識。
多度津町。

10:52
10:52
国道21号線側を予讃線の電車が通っている。

10:55
10:55
行く手の先に海岸通りにふさわしい素敵な看板発見!

11:15
11:15
cafe海岸通り。
海岸通り
外にテラスがあって入り口にランチメニューが掛けられている。
少し早いけど昼休憩。

中を覗くとドライブ途中のカップルやスーツ姿の営業マンさんたちばかり。
遍路姿ではちょっと入り難い。
お店の人に外のテラスでもいいですか?とお聞きしたらどーぞ、と言ってくれた。
海岸通り
海風がとても気持ちがいい。
イスにザックを降ろし汗を拭き冷たいお水を飲むと体中に染み渡る。
¥700-のシーフードスパとアイスコーヒーセットのランチを注文。
海岸通り
食事を済ませるとお店の人が冷たい水のお代わりとオレンジジュースをお接待ですと持って来てくれた。
ありがとうございます。

宿の予約を入れなければ。
あーちゃんpapaに今日の予定をメールし地図を開く。
明日は善通寺宿坊を予定していたが俳句茶屋のご主人の言っていた善通寺祭りと街道テクテクの撮影のことが気なった。
88番大窪寺前の八窪も押さえておかなければいけない。

先に善通寺に電話を入れ、明日ですが一人お願いします、と言うと
「明日は満員です。」とそっけない返事…
宿坊はダメだった。
さて、どうしょう。。善通寺の辺りには宿が沢山載っている。
明日の宿は後回しにして八窪に電話を入れた。

23日、一人お願いしたいのですが…
「23日、24日は貸し切りになってます。」
やっぱり・・・
考えてみれば天下のNHK。
街道テクテクの撮影日程は何ヶ月も前から決まっている。
大勢のスタッフが一緒のスケジュール、決まった時点で宿泊を押さえているわけだ。
88番から3kmほどのもう1軒の旅館竹屋敷に電話を入れた。
が、ここも貸し切り。。。

88番近くには2軒しか宿がない。
この2軒とも貸切りになっている。

87番辺りに宿を取り朝早く出発し、女体山越えから88番に行きそれからまた宿まで戻るか、結願の後そのまま10番へ向かうか。。
10番まで行くには30キロ以上の距離。
とても無理だ。
87番へ戻るしかないか・・・

地図を見てると88番から9.3km山を下りたところに白鳥温泉があった。
昼頃までに88番に着ければ白鳥温泉まで歩けるかもしれない。。。
しかし山道は平場の距離の倍の時間が掛かる。どんなに急いでも6時間は掛かるはず。
それに山は4時半過ぎると暗くなり6時頃には完全に真っ暗な山道になっているだろう。。。

閃いた!
88番からタクシーで白鳥温泉まで行こうか…
女体山を越え結願のご褒美としてタクシーで温泉!っていいかも。。。

白鳥温泉に電話を入れた。
23日、一人ですが大丈夫ですか?
「23日ですか?はい、大丈夫ですよ。」
すみません、24日は?
「はい、23日も24日も大丈夫です。」
まだ日程がはっきりしないので予約は出来ないのですが決まり次第に連絡を入れますのでその時はお願いします。
「わかりました。歩きのお遍路さんですね?今どちらですか?」
今は71番から番外の海岸寺に向かうところで多度津町です。
「23日も24日も空いてますから怪我をしないようにゆっくりいらしてください。それでは連絡をお待ちしています。お名前を聞いておきましょうか?」
○○と言います、日にちが決まり次第連絡を入れます。
「お待ちしてます。」

23日か24日までに88番へ着ければ温泉だ。
これで一安心。
街道テクテクで予定が狂ってしまったが予定変更はいつものこと。
泊まるところが確保できたのだからそれでよし。
さて、これが吉と出るか凶と出るかは後のお楽しみとしてOさんに電話を入れる。

善通寺の宿坊、八窪、竹屋敷が貸し切りで断わられたことを話すと、善通寺の宿坊はとても良いから是非泊まるように勧めてくれたOさんは自分のことのように残念がっていた。
「街道テクテクの撮影とぶつかってしまったんじゃ仕方がないよね。私も見かけたけど大きな車、3,4台が一緒なのね。あれじゃスタッフの人数だって多いだろうから何ヶ月も前から宿を押さえてなければいけないわ。ちょうど結願が同じ日になりそうだなんて思ってもいなかったよね。」

今回は番外のお寺も廻ってるし何処も寄らなかったらもっと早く88番へ行けるんだけど…
「行きたいところへ行ってきたらいいよ。haruさんの気の済むように廻ったらいいじゃない。困った時は私がどこへでも迎えに行くからね。」
そうします。善通寺さんの前の山本屋って知ってますか?
「赤門の前の旅館ね。あそこは日観連指定の旅館だからいいんじゃない。」
じゃ、山本旅館に電話してみます。取れなかった時は電話入れますがなかったら取れたと思ってください。
「わかった。今日は何処まで行くの?」

今は海岸寺に向かう途中で海岸寺から佛母院に廻ってそれから72番73番。今日の宿は門先旅館です。
「あ~72番前の大きな旅館ね。別格はいいお寺が多いのよ。」
本当にいいお寺ばかりですね。八十八ヶ所のお寺と違いなんか時間がゆっくりと流れている感じがするし観光客が少なく落ち着けますね。寄り道ばかりしてますが番外寺を廻ってホントによかったと思ってます。それじゃ、また夜にでも電話します。
「それじゃ気をつけてね。困ったらいつでも電話するのよ。」

山本旅館に電話を入れると明日の予約が取れた。
もしかして早い時間に着くかもしれないが荷物を置かせてもらっても良いですか?と尋ねると何時でも構わないと言ってくれた。

cafe海岸通りで35分休み11時50分出発。



Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。