アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲辺寺五百羅漢像
10月15日  


                   雲辺寺 五百羅漢像

五百羅漢像は弘法大師が初めて中国の土を踏んだ福建省にある五百羅漢院の羅漢像を模造したもので羅漢は釈迦の弟子として悟りを開き庶民の立場で因縁をといた聖者のこと。

拝んでいる者、虎に乗っている者、刀を振りかざす者、一体一体すべて表情、形の違う五百体の羅漢像。
近寄り難い怒った表情や親しみを感じるとぼけた表情に人間の喜怒哀楽が刻まれている。



左の坂を登って行くとロープウェー山頂駅。
ほんの少しの揺る坂を登ればゆっくり足を休めることができる。
山頂駅で休もうかとも思ったが下りでどれ位の時間が掛かるかわからない。

青空屋さんに予約したとき「4時半過ぎたら山は直ぐ暗くなります。」と言われている。
少し休憩して3時に出発、下りに1時間半掛かればギリギリ4時半。
3時前には青空屋さんに着いてる予定だったのに登りで時間が掛かってしまった。
暗い山道を想像しただけで恐さが先に立つ。
それと青空屋さんに早く着きたい訳もあった。

昨年の春遍路、須崎で別れたのりこさんのお手紙に青空屋さんのことが書かれていた。
「美味しい食事、お部屋が綺麗で清潔、若いご夫婦がとても親切でした。それからワンコがいっぱいいましたよ。お薦めのお宿です!」
「ワンコが沢山いる」青空屋さんには絶対泊まろうと秋遍路の日程を立てた時に予約を入れていた。

14:45
右、遍路道へ行く。
14:45
67番大興寺9.2km。
遍路道標。
遍路道標
五百羅漢像。
五百羅漢
五百羅漢像。
五百羅漢
五百羅漢像。
五百羅漢
五百羅漢像。
五百羅漢
五百羅漢像。
五百羅漢
五百羅漢像。
五百羅漢



Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。