アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

62番 宝寿寺
4月5日


           61番 香園寺 → 62番 宝寿寺

               1.3km 25分



5時起床。
トイレ洗面を済ませ白衣に着替え渡り廊下から食堂の前を通り「大聖堂→」へ行く。
6時から朝のお勤め。

2年前の春。
香園寺に着いた時、今まで廻ってきたどのお寺とも違うコンクリート作りの建物を見て本当に驚いた。
まるでコンサートホールか町の文化会館のような建物。
これがお寺?!
中に入って又驚き。
映画館のようにイスが並び此処が本堂と大師堂と言われてもピンとこなかった。
福島のWちゃんが珍しそうに堂内を見て回りOさんたちが苦笑していたのを思い出す。
変わったお寺と驚いていたそのお寺を再度訪れ、泊まるなんてあの時に想像しただろうか。
何故、香園寺に泊まったの?聞かれても自分でも訳がわからない。。
K氏と一緒に小松の宿まで行っても良かったし、他の宿を探しもせず香園寺の宿坊に予約を入れたのは何だったのだろう。

帰ってからWちゃんに教えてあげよう。
あのコンクリートのお寺に泊まったんだよ、と言ったらWちゃんはビックリするだろう。

暗い堂内の中で大日如来に照明が当たり金色に輝いている。
本堂になる金ぴかのご本尊、大日如来が中央に祀られ、横に入定大師が祀られているので大師堂となる。

脇仏に不動明王。
中央は護摩檀(大檀兼用)両脇に、胎蔵界、金剛界の大檀。
正面に向かって左に聖観世音菩薩が祀られている。

般若心経を唱え、ご住職の法話が済むと6時半。
食堂に戻り朝食。
夕食のときと同じテーブルに若い女の人とビールおじさんがお勤めは出なかったので先に食事をしていた。
もう一人の女の人は此処で打ち止めで帰えると言っていた。
若い女の人とビールおじさんはこれから横峰寺に登ると話していた。

胃の痛みがぶり返しご飯一口食べて箸を置いた。
お先と声を掛け部屋に戻り荷物をまとめる。

トイレに行き、指を入れて吐こうとしたが水しか出なかった…
口をすすぎ部屋に戻り忘れ物がないかもう一度確認して部屋を出る。

7:12
宿坊、玄関。
納経所事務所のおじさんが見送ってくれた。
お世話になりました。
7:12
境内に出るとウォーキング会のグループの人たちが集まり柔軟体操をしていた。
夕食の時に手を振ってくれた女の人が私を見つけ駆け寄ってきた。
「あなたが岩屋寺へ向かう時にお会いしたのが最後でしたね。あれからずっとお一人で歩いていたの?」
いぇ、いろんな人と一緒に歩いていただきました。国民宿舎に寄った時、ウォーキング会のお名前が入り口にありました。私、1日遅く岩屋寺でしたね。
「あの日は雨で岩屋寺は大変だったでしょう。私たちは大勢だから此処、香園寺や国民宿舎、団体が泊まれる民宿、ホテルになるんですよ。宿探しもコースもリーダにお任せで後ろから着いて行くだけだから楽だけどあなたは宿から全部一人でしょう。とても私には出来ないわ。それじゃ、気をつけてね。また何処かでお会いしましょうね。」
みなさんもお気をつけて、善い遍路を。
それではお先に。

ウォーキング会の人たちが気をつけて~と手を振ってくれた。

駐車場の方から大阪のHさんが境内に入って来た。
おはようございます。これからですか?
「おはよう。久しぶりに会いましたね。これから参拝です。横峰寺は行ってきましたか?」
はい、昨日登って此処の宿坊に泊まったんです。Hさんは?
「私も昨日登ってきました。私は小松に泊まったんですよ。」
そうなんですか。私は足が遅いからすぐに追いついて来られますね。それでは一足お先に。
「それじゃ、気をつけて。」

横峰寺へは4ルートあると一緒に歩いていた時にK氏から教えてもらった。
私が歩いた丹原から60番→61番順打ちの「湯浪ルート」。
61番→60番へ向かう逆打ちルートなど。

7:15
香園寺出発。
7:15
香園寺を出て国道11号を東へ向かう。
歩いてるすぐ側を車やバスが通って行く。
しばらく進むと左に入る遍路道標識。
住宅地の道路を進んで行くと古い石標が建っていた。

7:40
宝寿寺に到着。

武家門のような山 門の前に「一国一宮宝寿寺」と刻 んである。
道路脇の駐車場にバスが止まり団体お遍路さん一行が到着すると狭い境内はお遍路さんで一杯になった。
団体さんの参拝が済むまで写真を撮ったりした。

62番 宝寿寺・境内と本堂。
7:40 62番宝寿寺
本堂。
本堂
参拝を済ませた団体さん、来たときのようにあっと言う間にバスに乗って行った。

大師堂。
大師堂
胃がムカムカして仕方なかった。。。
納経を済ませトイレに行ったが汚く狭い。。。
トイレの匂いもきつく入るのを止めて荷物を背負い8時、63番に向かう。




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。