アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

56番 泰山寺
4月3日


       笑福旅館→56番 泰山寺

         3km 40分



5時起床。
廊下を挟んで右と左に部屋がある。
泊まっている人は男の人ばかりだったのでトイレや洗面所で顔を合わせたくなかった。
ドアの所で物音が聞こえないのを確かめ足音をしのばせ廊下の突き当たり、洗面所へ行く。

未だ薄暗いので洗面所の電気をつけトイレに入り顔を洗って歯を磨く。
ガタンと音がして浴衣を着た男の人がトイレに来た。
おはようございます、挨拶をして部屋に戻る。
早い時間からバタバタ音を立てたくなかったが部屋のドアを静かに開けてもバタンと音がする。。。

身支度をして荷物をまとめる。
6時、荷物を持ち階段を下りて玄関へ。

お世話になりました。
玄関の隣、お勝手の方にいた女の人に声を掛ける。
ノレンを開け朝食の支度をしていた女の人が顔を出した。
「あ~ちょっと待って。」
奥に引っ込んだと思ったらおにぎりを握りながら出てこられた。

大きなおにぎりをビニール袋に入れ渡してくれた。
「これ、後で食べなさい。」
暖かいホカホカのおにぎり2個、ラップに包まれている。
朝食は要らないと断ったのにおにぎりを持たせてくれた。
「ここを真っ直ぐ進み、大きな道路、国道を越えて4つ目を右に曲がると56番へ行くから。気をつけてね。」

おにぎり、ありがとうございました。

6:05
笑福旅館出発。

玄関の真上、看板の隣が泊まった部屋。
6:05

6:40
遍路道標識。
6:40

6;45
山門はなく石垣に囲まれた56番 泰山寺到着。
石段を上り境内へ。
6:45 56番 泰山寺

鐘楼の前のベンチに荷物を降ろし誰もいない境内を散策。
鐘楼

水屋。
水屋

不動明王と大師像。
眼下に今治の町が見えた。
境内

子安地蔵と地蔵車。
境内

石仏に囲まれている地蔵車。
境内

石像と線香立て。
境内

本堂
本堂

本堂。
本堂

大師堂。
大師堂

大師堂。
大師堂

参拝をしてると2組の車お遍路さんが来られた。
一人で歩いているの?どこから来たの?え~新潟から!偉いねぇ~。。ちょっとぉ、歩き遍路さんよ~新潟から来たんだって。
珍しいものを見るように4人に囲まれた・・・

納経所へ行くと中に白い小型犬が遊んでいた。
納経所

奥之院龍泉寺が近くにある。
寄るつもりで歩き出したが膝に違和感があり今日の行程を考え途中で引き返した。。。

7時15分、57番へ向かう。


Comment

 秘密にする

HALさん こんばんわ。
毎日暑いですが お変わりございませんですか。

泰山寺の塀は立派でしたね。ここには「地蔵車」ってのがあるんですね。
知らなかったので調べたらチベットのマニ車と同じものなんですね。
HALさんが丁寧に写真を撮ってるのを見せて下さるので思い出にひたったり、勉強になります。

ウチも10月から始めて半年に一度づつの一国参りに行く事にしました。
先ずは阿波から3泊4日くらいで車でです。ガソリンの値上げが・・・きついですね。
少しづつ又、知識を頭に入れとかないとと思ってます。
お互いに元気でv-34秋遍路に行けるといいですね。

れいこ | URL | 2008/07/11/Fri 00:56[EDIT]
地蔵車
れいこさん
れいこさんこんにちは。
こちらもジメジメとした蒸し暑い日が続いています。

おかげさまで丈夫なだけが取り得の体、夏バテもせず頑張っています。
れいこさんもお変わりありませんか?

10月からお二人で1国参りをなさるんですね!
半年毎にご夫婦でもう一度廻られる、とても素晴らしいことですね。
ご主人様の運転は慣れておられるし道にもお詳しいので安心ですね。
ガソリン代…確かにきついですがれいこさんたちはお大師さまに呼ばれているのですよ。
お聞きしてとても羨ましく思っています。
私も秋遍路は10月に予定しているんですよ。
昨年もその前の年も10月に四国へ渡りましたが私が行った時は未だ夏のような暑さでした。
日程は未だ決めてませんが今年は10月末頃に出発と思っています。

地蔵車。
れいこさんがおっしゃってるようにマニ車と同じもののようです。
マニ車はこの次に行く66番雲辺寺にありますね。
2006年の春、車で行った時に同行していただいた香川の友達からマニ車の説明してもらい心に残っています。
「マニとは如意宝珠の意味で車にお経が納められマニ車を1度回すとお経を一度唱えたのと同じご利益がある」

あの時はロープウェイで雲辺寺に行ったんです。
春3月というのに吹雪に見舞われ雲辺寺の水屋や参道の水溜りが凍っていて時々雪がチラチラ舞っていました。
ガタガタ震えながらかじかんだ手でマニ車を回してきたのを覚えています。

泰山寺の地蔵車について載っている記事です。

【泰山寺は、地蔵菩薩と十王の信仰によって建立されたもので、十王は申すまでもなく閻魔大王を長とする十人の冥府の王を指し泰山府君は第7番目の王に当たり閻魔大王の書記官であって死者の善悪の行為を記録する役目と死者の霊が帰着する山、すなわち泰山を支配する王なのです。
泰山府君の支配する山に地蔵菩薩を本尊として祀るのは地蔵菩薩が泰山府訓の本地仏であるからです。
このことは詳しく「十三経」に説かれており、金輪山を死霊の集る泰山になぞらえ地蔵菩薩の居られることによってこのところが地蔵菩薩の浄土であることを示しております。
大師が泰山寺を建立したのは死霊救済のためだったのです。

地蔵車(車地蔵) 参拝者は、この車輪を手で手前に一回一徳(いちえいちとく)を願い回転させて、拝みます。
車輪である「くるま」は、人生の時計、すなわち生きることの時間を意味しているそうです。
回りめぐるという輪廻(りんね)思想の考えから名づけられたと言われてる説があります。 】

泰山寺で地蔵車の意味をこの時は知らず、回してきました。。
HAL | URL | 2008/07/11/Fri 14:11[EDIT]
今日も蒸し暑かったぁ(-"-) なのに洗濯干してから魔がさしました。
1時間半も庭の草削りしてしまいました。
たった今から室内のクーラーつけまして夜中まで快適生活に突入です(笑)
ありがとうです。地蔵車は雲辺寺にもありましたか?
霧が立ち込めてた不思議雰囲気の寺でしたが、ゆっくりと見たかったです。

さて私も次を編集します。(大げさなぁ~(笑))
あれこれ思い出すにしても時がたちすぎましたから頭を叩きながらですので
どうなることやらですが。
夏本番これからですので水分と休養とりながら乗り切りましょうね。
おかげさまで私も頑丈すぎて~とはいかんけど元気で、まぁまぁ生きてます。

死霊救済ですか。地蔵さんはあの世とこの世での橋渡しをしてくれるというので有りがたいですね。年に二度の御利益があるという御参り日は今月の22日だそうですね。お地蔵さんに御参りしてきます。
れいこ | URL | 2008/07/11/Fri 17:21[EDIT]
草取りお疲れさま!
れいこさん1時間半も草取りお疲れさまでした。
朝晩の水遣りで蚊に刺され草取りも気になってますが伸びた雑草、見て見ない振りを決め込んでいます(笑)
我が家はクーラーも着けず窓を開け扇風機を回してます。
こちらはいまのところ気温が30℃ないのでなんとか扇風機でしのげます。
クーラーつけて快適生活、もう少しガマンしてみます。

雲辺寺にあるのは地蔵車ではなく「マニ車」です。
泰山寺にある地蔵車とは形が違いますよね。

雲辺寺は四国霊場一番の高さ、標高921m。
広い境内に並ぶ五百羅漢。
時間を掛けてゆっくり見てきたいと思います。
HAL | URL | 2008/07/12/Sat 16:25[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。