アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

55番 南光坊
4月2日


               55番 南光坊→笑福旅館



正面に本堂、左に大師堂、毘沙門堂、薬師堂と並び駐車場は境内の中にある。
右手に水場、その奥に納経所がある。
境内と本堂

本堂。
本堂の前には大きな石灯籠、その前に高い石柱が立っている。
本堂

本堂。
本堂

本堂右手、大師像。
本堂と大師像

尾根の四隅が軽やかに跳ね上がっている大師堂。
戦火を免れた歴史ある建造物。
大師堂

大師堂。
大師堂

大師堂。
大師堂

大師堂。
大師堂

藤管高虎公の祈祷所として再建した薬師堂。
薬師堂

金毘羅堂。
文久年間1861~1864)創建の歴史ある建物。
金毘羅堂

金毘羅堂。
金毘羅堂

納経所。

納経所の人にどちらから?と尋ねられた。
新潟です、と応えると
「富山の人が来られましたよ。お隣の県ですねぇ。遠くからご苦労さま。宿はどちらですか?」
「笑福さんです。ここから直ぐですね。」
K氏が代わりに応えてくれた。
「笑福さんなら近いですね。今日は暑くて大変だったでしょう。」
「汗だくですよ。。この時間になると風呂と飯だけが楽しみですわ。」
そろそろ納経所は閉まる時間。
K氏と納経所の人が笑いながら話をしていた。
納経所

南光坊から直ぐ、道路沿いに笑福旅館が見えた。

15:00
笑福旅館到着。
17:00 笑福旅館

お疲れさま、と出迎えてくれた女の人に案内されて2階に上がる。
廊下を挟んで道路側の部屋、どちらでも、と言われた。
左の部屋が広いと言うのでそちらをK氏に使ってもらう。

右の部屋に入り窓を開けると歩いて来た道路。
少し窓を開け風を入れる。

部屋の反対側、廊下の突き当たりに洗面所とトイレ。
トイレは狭くポットントイレだった。。。
6時、お風呂が空きましたと呼びに来てくれた。

6時半、1階の部屋で夕食。
富山のOさんと同じテーブル。
もう一つのテーブルの方にK氏と他に4人の男の人が座っていた。

夕食を済ませ、部屋に戻り本家とあーちゃんpapaに今日の報告の連絡を入れる。
洗濯物を取りに行き、奥の部屋にいた宿の人に朝6時に出発するので朝食は要りませんと断り清算をしてもらった。



        笑福旅館 1泊夕食付き ¥6,000


        北条水軍YH → 今治 笑福旅館

           36,536歩

             

Comment

 秘密にする

南光坊で
私も南光坊さんがその日の最後のお寺で 納経所でしばしお話をしました。
納経帳に名前を書いていなかったので ここで筆で私のフルネームを書いた名刺をいただき 今でも納経帳に挟んであります。
ボニカ | URL | 2008/07/10/Thu 11:56[EDIT]
フルネームのお名刺
ポニカさん
南光坊さんの納経所で筆で書いていただいたフルネームの名刺。
素敵でしょうね。
納経帖に挟んでおられ、時々眺めてるとお遍路のことを思い出されるでしょうね。

納経所でもいろいろな方がおられますよね。
いろんなお話をしてくださったり何も言わず納経帖を受け取りお書きになると黙って返したり。。。

こちらの納経所で私もいろいろお話していただきました。
5時少し前でそろそろ閉める頃の時間だったし人もおられなかったからなのかもしれませんが親切にしてもらいました。

延命寺から大谷霊園の中を通ってこられたでしょう。
あの日、しまなみ街道の高速道路の下を潜り石段を上るところ、とてもきつかったです。
膝が痛み出し泣きそうでした。。。(-_-;)
HAL | URL | 2008/07/10/Thu 15:39[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。