アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

53番 円明寺
4月1日


        和気公民館→53番 円明寺

          1.5km 10分



12:35
53番 円明寺仁王門到着。

道路沿いに単層の仁王門があ り門をくぐると左に大師堂、右 に観音堂、鐘楼等が建ち、さらに 二層の中門をくぐると正面に本堂。
12:35 53番円明寺仁王門

仁王門。
仁王門

「遍照金剛」の額が掲げられた二層の中門。
中門

水屋。
水屋

本堂。
本堂

大師堂。
大師堂

大師堂。
大師堂

鐘楼。
鐘楼

境内と地蔵堂。
地蔵堂

納経所。
納経所

納経所。
納経所

納経所。
納経所

参拝納経を済ま鐘楼脇のベンチで一休み。

K氏がザックの中から手作りの納経帖と手につけているお数珠を見せてくれた。
K氏は88ヶ寺の他に番外札所を廻っておられる。
手作りの納経帖は番外寺用。
お数珠は番外20ヶ寺を廻り一つ一つ集める。

地下足袋を履いたお遍路さんが隣に座った。
「暑いでですねぇ。。どちらからですか?」
「私は東京です、こちらは新潟。」
「それはそれは、私は京都ですが逆打ちで廻っているんです。野宿をしながらですので荷物が多く腰が痛くてたまりません。」
「地下足袋で足は大丈夫ですか?」
「アスファルト道は足にきますね。私はこれに慣れていますが普通の人は足をやられますよ。」
スニーカでもアスファルト道では足にくるのに底の薄い地下足袋ならなおのことだろう。
逆打ちのお遍路さんの納経帖、中を見せてもらったら御朱印で真っ赤になっていた。

10分ほど休んで逆打ちお遍路さん出発。

「今年は閏年だから逆打ちが多いんだよ。逆打ちすると、お大師様に会える、とか死者に会える、と言われ特に閏年の逆打ちはご利益が倍になるとか言われてる。」と教えてくれた。

逆打ちお遍路さん。
逆打ちお遍路さん

1時30分、53番円明寺出発。



Comment

 秘密にする

5月に回った方から先日聞いた話ですが、今年の閏年は逆打ちの年ではないらしいですよ。ネズミじゃなくて寅とかウシとか言うのが? 本来の逆打ちらしいのですが閏年と干支がうまくあわないので客集めに旅行会社が企てた企画だそうです。

やれやれ・・・大師もそんなことをしてる世とはつゆ知らずの梅雨空の下を歩いてるのかしら・・・今年は何やけったいな企画のせいで反対周りする遍路によぅ会うが・・どないしょう・・・って言うてるかもね。
大師はお見通しですよね。欲に突っ張った旅行業者になんか天罰あたえるかもしれませんね。
れいこ | URL | 2008/06/09/Mon 22:43[EDIT]
閏年と逆打ち
れいこさん
閏年の逆打ち、気になって調べてみたら四国八十八ヶ所霊場会公認先達さんの記事がありました。
「本年は閏年なので逆打ち1周で4周分の「徳」を得られると言われています。一番良い閏年は「寅年」らしいのですが、年回りからしておとずれない年で、云われは御大師様の誕生の年が寅年の閏年だと言う事でした。」
閏年だったらいつでも良いということではないようですね。
でも、年回りからしておとずれない年。。。とは(;一_一)
これは欲に突っ張った旅行業者さんたちがツアー客を募る為に作ったことのように思えてきます。。
閏年に逆打ちをしたら何倍ものご利益があると言われれば乗っちゃいますよね。

土佐でも逆打ちのお遍路さんに会ったんですよ。
皆さん、ご利益云々信じておられるんでしょうね。

順打ちでも道に迷ったり地図をみてもよくわからないのに逆打ちなら尚のこと。
遍路標識を探すのも大変だと思います。
だからこそ!と言われそうです。。。

HAL | URL | 2008/06/11/Wed 15:13[EDIT]
ありがとうございます。
お大師さんは「寅の年うまれ」なんですね。調べたらほんとですわ、明治41年から今までに閏年で寅はありませんね。(手帳の最後についてる年譜からですが)
こりゃ何がなんでもこじつけても作らなくっちゃ逆打ちはでけませんね。

逆打ちは難儀なのね。遍路道の地図の上だけでも気が遠くなりそうなのに・・これに載ってる印を探しながら時間を気にする時もあるから根気のいることですね。
こんな時にいい道連れに出会えたらほんとに地獄で仏だと感じるわね。
順番どおりの道を反対に回って歩けばいいんだからと単に考えますが何倍も大変なのがよく分かりました。
でも挑戦したいのも又、大師に惹かれる所以でしょうか。
それにしても寅の閏年は絶対にというて訪れないとは・・大師も大した年回りに誕生なされたもんですね。
れいこ | URL | 2008/06/11/Wed 23:09[EDIT]
寅の年うまれ
れいこさん
お大師さまは寅年うまれ。。。なんですね。
調べてくださってありがとうございました。
そう言えば手帳の最後のページに年譜が載っていますね。

順打ちでも地図を見ながら歩くのはとても大変です。(私は。。。)
それを逆に廻るのですから何度も廻られた方でも大変なことだと思います。
進行方向には道標がありますが逆になっているわけですから見落としたり見つけられないことも多々あるでしょう。
それでも逆打ちに廻りたいと思う人たちが多いのはそれだけ魅力があり、れいこさんが言っておられるように「大師に惹かれる」ということなのでしょうね。
私は逆打ちはできませんがK氏や武内さんのようにいつか番外20カ寺を廻りたいと思っています。。。
HAL | URL | 2008/06/13/Fri 11:56[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。