アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

45番 岩屋寺
3月30日

        45番 岩屋寺



9:40
岩屋寺山門。
9:40 岩屋寺山門

山門から本堂までの急勾配の長い石段を傘を差した団体お遍路さんの行列が続いている。
先に行った足の早い富山のおじさんが長い行列団体さんに坂道を塞がれ中々上へ進めないでいた。
私は団体さんの傘の間を上手く潜り抜け前に出た。
とにかく先にと石段を登り半分くらい石段を登ると傘団体さんの姿が途切れてきた。

ゼィゼィハァハァ言いながら休みなく石段を登りようやく納経所のある平場に着いた。
本堂、大師堂は更に石段を登った上にある。
参拝前だったが傘団体さんの到着前に納経を先にしてもらう。

納経所。
納経所

納経を先に済ませ本堂への石段を上る。
本堂は、大師堂から石段を三、四投下った所にあり大師堂より小さい。
団体さんの中で大師堂を本堂と間違えてお参りしそうになり先達さんに本堂はこっちですよ、本堂が先ですよ~。と言われていた。

本堂。
岩屋寺は本尊の不動明王が二体あり木像の方は安置してあるが石像の方はお山に封じこんであるお山全体がご本尊になっている。
本堂

本堂。
本堂

大師堂。
大師堂

大師堂。
大師堂

穴禅定。
穴禅定

かえる不動入り口。
かなえる不動入り口

納経所の平場に休憩所とトイレがある。
休憩所のベンチに腰を降ろしお友達とあーちゃんpapaに写メールを送る。
写メールで岩屋寺に到着の連絡を打ち終え納経所の方へ目をやるとHおじさんの姿が見えた。
Hおじさんも私に気づき休憩所に来た。

おはようございます。酷い雨ですね。
「おはよう。雨で大変だったね。」
遍路道で来られました?
「いや、遍路道は危ないからと言われましてので県道を来たんですよ。あなたは?」
私も県道です。なんとか遍路道で戻りたいですね。
「私も遍路道で戻りたいと思って先、納経所の人に聞いたのですがやはり雨で危ないと言われました。残念ですが同じ道を戻るしかないようですね。」
そうですか。。仕方ないですね。
来る時、富山のおじさんと途中まで一緒でしたよ。富山のおじさんも県道を歩いて来られました。一里木さんでHさんとご一緒だったと言っておられました。
「Oさんですね。あの人、足が早いでしょう。Oさんは山歩きをなさっているそうですよ。一里木さんで一緒に連泊なんです。あなたも久万で連泊ですか?」
いえ、最初は連泊の予定だったんですが三坂峠の手前に新しいお宿があると教えてもらったので予約しました。荷物も運んでもらえるんですよ。二日続けて荷物無しです(笑)これから久万に戻り三坂峠へ向かうんです。
「それは良かったですね。」
はい、この雨の中を荷物がないというのは本当に助かります。
岩屋寺

岩屋寺

岩屋寺

Hおじさんと一緒に急坂の参道を降りて行く途中、右膝に痛みを感じた。
登ってくるときは何ともなかったのに右足を着くと鋭い痛みが膝にくる。
やばい。。。
足が痛いのでゆっくり降りて行きます。
Hおじさんに先に行ってもらった。
本堂からの石段

参道の長い石段。
参道の石段

11;00
山門に到着。
岩屋寺山門



Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。