アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

峠御堂トンネル
3月30日

       久万高原町ガーデンタイム→ふるさと旅行社

           3km 1時間30分



朝5時、薄暗い窓の外を見ると雨。

ポンチョを着てもズボンの膝下を濡らすし雨水が伝って靴の中まで入る。
ザックを買った登山用品専門店で見つけたスパッツを着ける。
金具を靴の先のところに止めると靴の上を覆うようになっているので雨水もかなり防げるはず。

身支度をして部屋を出る。

1階に誰もいなかった。
荷物を取りに来てくれますので置かせてください。と書いたメモと一緒にキーをカウンターの上に置く。
ザックは邪魔にならないよう植木鉢の隣に置いた。

6:05
ガーデンタイム出発。
6:05

大宝寺に向かって昨日と同じ道を行く。
商店街を抜け橋を渡り総門を潜り揺る坂を上って行くと傘を差したおじさんに呼び止められた。
「お遍路さんもこれから岩屋寺へ行くのかね?」
立ち止まり、おはようございますと挨拶をし、はいと返事をする。
「先、岩屋寺へ行くお遍路さんにも言ったんだけど大宝寺裏手の山道は雨で滑りやすくなってて危ないよ。この先の駐車場から左へ曲がって県道の道を行った方が良いよ。」

岩屋寺への遍路道は大宝寺裏手の山道を上って行く。
どうしょう。。。しばらく考える。
未だ先のある道のり、滑って足でもくじいて歩けなってしまったら…
山道は諦めた。

駐車場から左に曲がるんですか?
「そう、この先少し行くと駐車場があるからそこを左に曲がって真っ直ぐ行くと県道に出る。県道に出たら右に曲がって後は真っ直ぐだ。」
ありがとうございます。

大宝寺参道へ向かう途中、左手に空き地があった。
昨日、此処にバスや車が止まっていたのを思い出した。

6:30
駐車場のところにお堂があった。
お堂に手を合わせて行く。
6:30 大宝寺駐車場

6:36
大型車がやっと通れるくらいの道幅の林道を上って下ると広い車道に出た。
左へ行くと久万高原町、右→岩屋寺の看板が出ていた。
6:36 R12

6:55
峠御堂トンネル。
長いトンネル、抜けるのに10分掛かった。
トンネルを抜けると緩い坂道。
6:55 峠御堂トンネル

7:10
7:10

7:18
←高野峠。→河合集落。

足の調子さえ良ければ打ち戻りは高野峠越えと行程に入れていた。
きつそうな山道、どんなに足の調子が良くても私には…。
H740m高野越え、健脚な人にお薦めですね。
7:18

7:22
7:22

7:30
有枝川を渡ると遍路道。
橋を渡ると打ち戻ってきた見覚えのあるお遍路さんが歩いて来た。
徳岡旅館に遅くに着いたおじさんお遍路さん。

おはようございます。
岩屋寺は昨日行かれたんですか?お宿は和佐路さんでしたか?
「あ~おはよう。そう、昨日岩屋寺へ行って和佐路まで戻ったんですよ。今日はこの雨で大変ですね。」
幾ら荷物が無いとは言え、私たちと同じような時間に出て昨日のうちに岩屋寺まで行き此処まで戻ったなんて早い~!
随分早いですね。
「荷物がないからですよ。」
雨で山道は危ないから県道を行った方が良いと言われたんですが無理でしょうか?
「この雨ですからねぇ。このまま県道を行かれた方がいいですよ。」
やっぱり無理そう。。。
「それじゃ、気をつけて。」
ありがとうございます。
7:30 有枝川

7:43
岩屋寺まで5.4km。
7:43

7:50
ふるさと旅行社。
休憩所に東屋があったので朝食休憩。
(昨日、ガーデンタイム前の生協で朝食用のおにぎりを調達済み。)

ベンチでおにぎりを食べてると傘を差したお遍路さんが岩屋寺の方から歩いてくる。
ふるさと旅行社の前、真っ直ぐ行くとR12号、右へ降りて行くと遍路道の山道に続いている。
危ないと言われたけどやっぱり遍路道を登って岩屋寺に行きたい。
もう一度聞いてみよう。

道路に出て傘お遍路さんに声を掛ける。
おはようございます。
此処から遍路道へ行けますよね。雨で危ないって言われて県道を歩いて来たんですが無理そうですか?
「おはようございます。ボクは昨日、行って来たけど八丁坂はきつかったですね。この雨では滑るし危ないですよ。無理しないで県道で行った方が良いと思います。」
そうですか。。。
「それじゃ、頑張ってください。」
やっぱり。。。
7:50 ふるさと旅行社

15分休んで8時5分出発。


Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。