アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

41番 龍光寺
3月26日
     
         41番 龍光寺



8:08 稲荷神社鳥居。
8:08

石段を登りつめたところに稲荷神社がある。
三間稲荷神社

鐘楼の前のベンチに荷物を降ろす。
鐘楼

神社へ上る石段の下に南予七福神が鎮座している。
南予七福神

神社へ先にお参りに行く。

四国霊場の総鎮守として安置していた稲荷大明神だが明治初期の神仏仏離令により旧本堂は稲荷神社の社殿となり新たに本堂が建てられ十一面観音菩薩が本尊となった。
稲荷大明神は氏神となって本尊とともに本堂内に合祀されている。
神社への石段

龍光寺本堂。
本堂

本堂。
本堂

大師堂。
大師堂

参拝納経を済まお線香ろうそく納経帖をザックに詰め直しているとM先達さんに今日の宿を聞かれた。
「今日は43番までで宿は松屋旅館かい?」
そうです。松屋旅館さんです。
「松屋旅館は老舗の良い宿だよ。明日は何処まで行くんだい?宿は決まってるのかい?」
明日は大洲までです。歩き始めだからゆっくり行きます。宿は未だ決めてないんですけど名前がいいから”ふるさと旅館"に泊まろうかと思ってるんです。
「ふるさと旅館かぁ。。あそこは女性一人旅の人には薦められないなぁ。前に一度泊まったことがあるけど工事関係の人が多くて食事のとき酒を飲んで騒いでいて閉口したよ。大洲に泊まるなら国道沿いに大きなホテルがある、あそこなら予約しなくても飛び込みでも大丈夫だよ。その方がいいと思うよ。」
そうなんですか。。未だ予約してないからそうします。
Mさんは、どちらまでですか?
「今日は内子までだ。大洲の次は喜樂苦に泊まるのかい?」
その予定です。
「大体の予定が決まってるなら宿は早めに予約しておいた方がいいよ。。私は泊まる宿は殆ど決まってるし毎年同じ宿に泊まってるから少しくらいの無理も利くけど内子を過ぎると宿が少ないからね。」
ありがとうございます。早めに予約入れます。

M先達さんに教えてもらい宿のことが心配になってきた。
松屋旅館に着いたら一番に宿の手配をしなくては。

龍光寺で待っていてくれたM先達さんとここでお別れ。
M先達さん





Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。