アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天赦園
10月24日


       天赦園(てんしゃえん)



枯川(説明版)
前方に見える枯川は遥に徒耳えております。
鬼ヶ城山(当園の借景)より流れる川が宇和島湾にそそぐ壮大な姿を枯流の中に二個の水分石、石橋を配する等の技法に工夫を凝らしています。
枯川

枯川・鬼ヶ城山を借景。
枯川

菩提樹。
菩提樹

昭和天皇御手植 高野槙。
昭和天皇御手植 高野槙

仰竜梅 (説明板)
政宗公が岩出山城に居城した時代(1591年~1601年)秀吉の命により文禄の役に出陣した際、朝鮮の風土でたくましく延びた枝が地面に接して根を張り、その姿が竜に似ているので、その稚苗を持ち帰り植栽され「臥竜梅」と名付けられました。
その後、仙台城に移され今日まで幾星霜の樹齢を重ね大樹となり、昭和12年国の天然記念物の指定を受けました。
この臥竜梅は仙台市養種園技術者の一員として、保護対策に活躍された岩出山町出身の宇和野三男氏(仙台市泉区)の実家宇和野興一氏(岩出山町字大学町27で二十数年育てたもの)で、現在瑞鳳殿に植栽されている臥竜梅と兄弟木です。
    宇和島市  岩出山町
両市の歴史姉妹都市締結に伴い平成11年11月吉日交流事業として記念のため植樹。
仰竜梅

天赦園の中でも印象的な池。
園内のいろいろな所に春山の意趣が凝らされている。
池には鯉や鴨の姿も見られ、春夏秋冬に違った景色が楽しめる。
池

孝行竹とも呼ばれるボニスホウ竹。
ボニスホウ竹

天赦園

天赦園の中心に位置している書院式の茶室・潜渕館(せんえんかん)。
事前に申し出れば中で茶会を催すことも出来るそうです。
潜渕館(茶室)

大正11年昭和天皇が皇太子の時、天赦園御成の際御座所に当てられた由緒ある建物。
潜渕館(茶室)




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。