アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇和島市内
10月24日


        伊達博物館

         伊達家ゆかりの資料を展示する博物館。



宇和島城上り立ち門から左へ行く。
信号を渡り左、真っ直ぐ進むと学校。
学校の脇を通って行くと角に伊達博物館があった。
博物館の向かいに天赦園がある。
先に伊達博物館へ行く。

AM10:15
伊達博物館。

北に国指定重要文化財「宇和島城天守閣」を望む旧藩邸偕楽園跡にある。
伊達博物館

幕末四賢候と称された八代藩主伊達宗城像。
宇和島藩は伊達政宗の長子、初代秀宗(ひでむね)から9代宗徳(むねえ)まで続き、早くから文化・産業が発展した。

賢侯のきこえ高く内政の充実はもちろん、幕末政局多端に際しては松平慶永・山内豊信・島津斉彬らとともにおおいに活躍、中央との交流も盛んに行われた。
また勝海舟や高野長英などと交わされた他には例のない貴重な書簡がたくさん残されている。

八代藩主・伊達宗城の像


偕楽園跡。
昔の大規模な回遊式庭園。


かつては豊富な清流を取り込んだ大規模な庭園。
年代を経た樹木と石組のバランスが素晴らしく縁起のよい祝儀の庭「鶴亀」の庭園形式が組み入れられている。
偕楽園跡

近代的な建物、入り口は自動ドア。
伊達博物館

展示室入り口の扉にある「竹にすずめ」の伊達家の紋章。
展示室内は撮影禁止、写真を撮れるのは此処まででした。
伊達博物館

掛け軸や古文書、金蒔絵が施された化粧道具、第9代の正室が輿入れの際に乗った女乗物など大名ならではの収蔵品や豊臣秀吉の肖像画も展示されている。
館内は第一展示室から第三展示室に分かれていて、それぞれのテーマに沿って展示がされている。

第一展示室は武具を中心とした展示となっていて既に実戦用としての意味を持たなくなっていたこの頃の武具は細工も精緻で、豪華絢爛という言葉がふさわしいものばかり。
意匠を凝らした歴代藩主の具足、蒔絵の鞍・鐙(あぶみ)なども見ることができる。
9代藩主宗徳の正室として佳姫(秋田・佐竹家)が輿入れの際に使用した女乗り物は、外は黒漆に月丸扇紋散らしの金蒔絵、中は松竹梅や鶴亀の模様が描かれた当時の最高技術をもって作られたもの。

第二展示室は「幽玄の美」をテーマに、能・狂言の面や絵を中心に展示されている。
様々な表情の能面が展示され、どれも活き活きとして命が宿っているかのように見える。
狂言の最高秘曲の「釣狐」に用いられる専用の「狐」面など滅多に観る機会のないみごとな品々が揃っている。

「伊達の雅」をテーマに、日常使われる生活道具や書・香・茶の道具などを展示しているのが第三展示室になっている。

歴代の藩主の順に甲冑は並べられ大きいものや小振りなものもあり、その人物の体型などを想像しながら見て回った。
伊達政宗の甲冑の兜には三日月を伸ばしたような飾りがついていて横に、馬上少年過、から始まる有名な漢詩「酔余口号(すいよこうごう)」があった。

展示されている宇和島伊達藩の家系図を見ると、伊達政宗の長男・秀宗(1591-1658)が宇和島藩祖。
長男だけど、嫡子ではないとのこと。
6歳で豊臣秀吉の養子となり、「秀」の一字をもらって元服と書いてある。

実は私、宇和島伊達藩の藩祖が、かの有名な伊達政宗の長男(秀宗)であると言うことを宇和島城の説明書を読むまで知りませんでした。
仙台からこんなに離れた宇和島に何で伊達博物館があるのだろう?って不思議に思っていたんです…
帰ったら宇和島伊達藩の家系図を見ながら日本史をもう一度勉強し直す予定。。。(^_^;)


Comment

 秘密にする

いつも楽しく読ませてもらっています
お遍路ごくろうさまです。
私も一昨年通し打ちをしまして、その時のこととかさねながら
こちらのブログを読ませていただいております。
更新はたいへんでしょうが、どうぞがんばってお続けくださいね。
楽しみにしております。
では
大分のとく といいます | URL | 2008/02/21/Thu 22:07[EDIT]
コメントありがとうございました。
大分のとくさん
コメントありがとうございました。

一昨年に通し打ちをなさったんですね。
私も区切りを終えたら通しで廻りたいと思っていますが。。。

懐かしい景色のところがあったでしょうか。
また四国へ行かれませんか?
私はもう少し暖かくなったら四国に渡ろうと思ってます。
HAL | URL | 2008/02/25/Mon 15:28[EDIT]
お返事ありがとうございます
また四国へはぜひ行きたいと思っております。
運がよいことにフェリーで数時間で渡れますから。
経済が許せばGWに区切りで行けたらなぁと計画しております。
私は犬は飼ってないのですが、犬連れでお遍路したいです。
お大師さんもしてたらしいです。
お天気大荒れだそうですが、お体お気をつけを。ではまた

大分のとく | URL | 2008/02/25/Mon 18:21[EDIT]
ありがとうございます。
大分のとくさん
大荒れのお天気を心配して下さってありがとうございます。
先週土曜の夜からこの冬一番の爆弾低気圧に見舞われました(-_-;)
今年は雪が少なく降っても直ぐに融けていたのでこのまま春になるのではー?などと思ってましたがそう簡単に暖かくはなりませんでした。
幸い私の住んでいる新潟市内は大したこともありませんでしたが、また明日は冬の嵐第2弾が襲うと予報が出ています。

大分からですとフェリーで四国に渡れるんですね。
新潟から四国は遠いです。。。
飛行機で大阪に行きそれから高速バスで四国に渡ってますが移動で1日掛かります。
遠い分、日数や交通費も掛かりますが四国へ行けるだけ幸せだと思っています。

とくさんはGW頃に計画なさっておられるんですね。
GW、お宿は混みませんか?
お勤めなさってるとまとまとまったお休みを取るのは中々大変ですよね。
昨年お会いしたサラリーマンさんもGWを使って区切りで廻っているとおしゃってました。

昨年3月末から4月に歩きましたがとても暑かったです。
GW頃ですと四国は夏の暑さのようなんでしょうね。
今回も通しで廻られるのですか?
私はとくさんより一足早く今年も3月末頃から4月に渡ろうと思っています。

犬連れお遍路。。
いいですよねぇ。
私も一緒に廻りたかったです。

HAL | URL | 2008/02/26/Tue 11:48[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。