アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇和島城
10月23日


        宇和島城



城山の北登山口にある桑折(こおり)氏武家長屋門。
市の文化財指定。
現在は間口15メートルですが、本来は35メートルの堂々たるものだったそうです。
かつては南登山口から天守に至るまでに7つの門があったが、現在残っているのは上り(のぼり)立ち門(市指定文化財)のみ。
長屋門をくぐると、雑草に被われ苔むした石段が本丸へと続いていく。
桑折氏武家長屋門

宇和島城の沿革

長屋門を入ってから最初の上り石段。
攻め難くするために、一つ一つの高さ(蹴上げ)や石型が不揃いで、傾斜もきつくした石段が続く。
城山北登山道

城山北登山道 

城山北登山道 

急な上り階段を突き進み、井戸丸跡径由天守閣へと進む。
城山北登山道 

井戸丸跡。
この井戸は現在の城山に残る三つの井戸のうち、最も重要視されたものといわれている。
井戸丸門、井戸丸矢倉等があって、有事の時の為、厳重に管理されていたとの事。
井戸の直径2.4m、周囲8.5m、深さ11m。
この位置は城山の北側の谷の中腹、三の丸からの上り道にあたり数少ない城山の遺構の一つ。 
井戸丸跡

井戸

城山北登山道 




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。