アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三好旅館から松尾トンネル
10月23日


     三好旅館から松尾トンネル

       4km 1時間20分



いつもより出発が遅いので5時半に起きて洗面トイレ。
部屋を片付け身支度、荷物をまとめる。

6時40分頃、食事が出来てますと若女将さんが迎えに来られた。
別館に行くと昨夜と同じ部屋に朝食が並べられ千葉さん、滋賀さんは食事を始めていた。
おはようございますと挨拶をして私も席に着いて朝食を頂いた。
三好旅館さん、夕食も朝食もとても美味しい食事でした。 

食事を済ませ部屋に戻り荷物を持って階下に行く。
玄関脇のイスに品の良いおばぁちゃんが座っておられた。
千葉さん、滋賀さんも荷物を持って下に降りてきた。
お世話になりました。
おばぁちゃんに声を掛けると、3人の手を順番に握り気をつけてねと言って下った。 
お遍路さんの出迎えとお見送りをするのがおばぁちゃんの元気の元なんですよと若女将さんが笑顔を浮かべておっしゃっていた。

90歳を過ぎておられるとっても素敵な三好旅館のおばぁちゃま。
いつまでもお元気で。

AM7:00
外まで出て見送ってくださった。
AM7:00 三好旅館

この先を真っ直ぐ行き橋を渡ると国道に出るからと教えてくださった。
三好旅館

千葉さんはバス停へ、滋賀さんは岩松の方へそれぞれ別方向に三好旅館の前で別れた。

AM7:05
板塀の住宅に沿って真っ直ぐ進み橋を渡る。
橋から国道に出て横断歩道を渡り信号を右へ行く。
AM7:05

丁度出勤、通学の時間帯でバスや車が渋滞していた。
歩道直ぐ脇に車が走っている。

市役所津島支所の辺りにきたら車の窓からの視線が気になり顔を上げた。
バスが止まったり動いたりを繰り返している。
そのバスの窓から中学生くらいの男の子が私に向かって手を合わせていた。
顔を上げた私に気づき、照れた笑いを浮かべる。
私が手を振るとその子の同級生なのか2,3人の男の子が彼の真似をして手を合わせている。
バスは渋滞を抜け走り出した。
身を乗り出し男の子たちが手を振ってくれた。

AM7:35
津島の地域づくり集団「てんやわんや王国」の標識。
隣町の愛南や今治、奈良、徳島からも応援を得て、松尾峠遍路道(総延長3.8㌔)の復元に取り組んでいるそうです。
AM7:35

松尾トンネル直前に新しい遍路道ができていて絵地図の大きな看板が立てられていた。
AM7:45

AM7:50
全長1710mの松尾トンネル。

遍路道を歩くつもりでいたが左に入る曲道を見逃していたのだろう松尾トンネルの前に来ていた。。。
朝のうちだったらそれほど車が多くないし遍路道より距離が短いと三好旅館を出るとき若女将さんが言っていた。
引き返したくなかったのでそのまま松尾トンネルを進むことにした。
AM7:50 松尾トンネル

トンネルに入る前、いろんな荷物を台車に括りつけた夫婦らしきお遍路さんが休んでいて女の人が私の側に来て、「幾らでもいいからお金を貰えないか」と言った。
財布は遍路カバンに入れて担いでいる。
出すのが面倒だったのもあるが、なんか少し嫌な気がした。
お遍路同士、困った時はお互い様なのだろうが「お金を」と言われてのは始めてで驚いた。
自販機があったら直ぐ出せるようにポケットに小銭を入れていた。
百円玉3,4個、10円玉、50円玉を受け取った女の人が小さな声で”ちっ”と舌打ちしていた…
二人揃ってトイレの方へ行ったのでコソリと写真を撮った。
松尾トンネル

トラック、バスが直ぐ横を通過する。
歩道が完備されているのでそれほど恐怖心はないし排気ガスは多少臭うが我慢できないほどではない。
どのトンネルもそうだけど、とにかくトンネル内の轟音は凄い。
凄まじい轟音とトンネルの天井についている大型換気扇の音が響き渡っている。
壁には、出口まであと何メートルと書かれた表示板がある。
「あと1000メートル」「あと600メートル」表示板を見ながらひたすら進む。
ようやく出口が見えてきた。

AM8:13
23分でトンネルを出た。
通ってきた松尾トンネル出口。
AM8:13 松尾トンネル

新松尾トンネルの工事が行われている。
休憩所の中に作業着を着たマネキンが置かれイラスト入りの説明図が張られていた。

【本工事は、工期:平成18年3月14日 ~ 平成20年3月31日。
宇和島市津島町高田から宇和島市祝森にかけての新松尾トンネルを施工するものである。
宇和島道路は国道56号のバイパスとして慢性的な渋滞緩和を目的とした高規格道路(自動車専用道路)であり、当工事は津島側総延長780m(トンネル延長2031mの内751m)を施工するものである。】

AM8:20
トンネルから5分ほど歩くと簡易トイレが設置されている綺麗な休憩所、お遍路さんステーション。
表のベンチにザックを降ろし靴を脱いで裸足になって15分休憩。
AM8:20休憩所

休憩所

休憩所

8時35分休憩所出発。



Comment

 秘密にする

びっくり
お遍路さんにも、いろいろいるのね~というか、本当にお遍路さんでしょうか。。。いろんな方のお遍路記に、同じような話が出てくるので、わざと逆ウチしてるのでしょうね、その種の方たちは…。
はなママ | URL | 2008/02/17/Sun 08:33[EDIT]
本当に。。。
はなママさん
遍路サイトさんで同じような話が載っていましたがまさか本当に出会うとは思ってもいませんでした。
同宿になったときにこう言うお遍路さんがいるから気をつけたほうがいいと聞いたことはありましたが実際に会ったのは始めてでビックリしました。
お金をと言われるのは良い気持ちはしませんよね。。。

台車に荷物を積んでますので国道や良い道しか通らないのでしょうね。
逆打ちをしてるんでしょうか?
はなママさんはこういうお遍路さんに会ったことはなかったですか?
HAL | URL | 2008/02/20/Wed 13:29[EDIT]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2012/03/27/Tue 16:14[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。