アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津島かも田休憩所
10月22日


       柏坂峠茶堂から津島町鴨田休憩所

           5.3km 1時間45分



PM12:20
茶堂で25分休んで出発。
PM12:20

PM12:25
民家の庭先を抜ける。
PM12:25

PM12:30
遍路道へ入ると祠があった。
お賽銭をあげ手を合わせる。
PM12:30

PM12:40
生い茂る下草を金剛杖で振り払いながら駆け足で降りていく。
PM12:40

PM12:50
三本松大橋への標識。
PM12:50

PM1:13
集落に出た。
茶堂から3.7km。国道56号0.2km標識。

小さな橋の前、民家の庭先にベンチがあったので休ませてもらう。
ザックを降ろすと背中が汗でビッショリになっていた。
靴を脱ぎ裸足になって10分休憩。
PM1:13

PM1:40
国道に出ると遍路標識が中央橋へ矢印が付いている。
橋を渡った山側の遍路道と国道56号が川を挟んで平行に並んでいる。
PM1:40

PM1:50
山側の遍路道は時々木陰があった。
川に沿ってしばらく行くとコミュニティセンターがあったのでトイレをお借りした。
受付の人にお礼を言って外の自販機で水を買って喉に流し込む。
冷たい水が体に染み渡る。
PM1:50

PM2:05
飲んだ水が直ぐに汗になって流れてくる。。。

しばらく遍路道を進むとから右→に休憩所の標識。
橋を渡り国道56号へ出るとAコープ。
Aコープ向かい、国道を渡った先に休憩所が見えた。
PM2:05 畑地Aコープ

PM2:10
津島町鴨田バス停。
PM2:10 鴨田バス停

PM2:15
へんろ小屋 津島・かも田 第19号。
休憩所脇のお店のご主人が休んでいきなさいと声を掛けてくれた。
PM2:15 鴨田休憩所

休憩所。
お店の前の自販機で茶を買い休憩所のベンチにザックを降ろし靴を脱いで裸足になってるとおじさんが側に来て話し掛けてきた。

「何処まで行くんだね?」
津島町の三好旅館です。
「三好旅館ならここら1時間くらいで行けるよ。ゆっくり休んでいったらいい。お遍路さんは何処から来たのかね?」
新潟です。
「そりゃ遠くからご苦労さんだね。今日は暑くて大変だったろう。柏を越えて来たのかね?」
はい、柏坂峠を登ってきました。大分が見えました。
「天気がいい日は大分や佐多岬が見えるよ。今日は大分が見えたかね。そりゃ良かったね。新潟は何度も地震で大変だったんだろう。お遍路さんのところは大丈夫だったのかい?」
おかげさまで家の辺りは被害はありませんでした。
四国は南国ですねぇ。まだ夏のような暑さでビックリしています。
「今年はいつまでも暑くて参っているよ。新潟はもう寒くなっているのかい?雪が多いんだろう?」
朝晩は随分寒くなってるそうです。そろそろ暖房の準備してる頃かもしれません。
「こっちも朝晩は冷えてきたよ。」
三好旅館は津島大橋から近くですか?
「三好旅館は津島大橋手前を右の道へ入ったところだ。ここを真っ直ぐ行くと金剛橋がある、金剛橋の右の道が遍路道になっている。後は真っ直ぐ川沿いを行くと津島大橋が見えてくるよ。三好旅館は津島大橋を渡らずに右の道へ行くんだよ。間違って橋を渡るんじゃないよ。この先の金剛橋から右だよ。」
広げた地図を見ながらおじさんが説明してくれた。
鴨田休憩所

綺麗な休憩所にお茶やコーヒー、ミカン、お菓子が置かれていた。
テーブルの脇にノートが置かれ、お札やお礼の書き込みがされていた。

25分休んで2時40分出発。
甘いミカン、とっても美味しかった。
ご馳走さまでした。



Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。