アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土佐 35番、37番、39番
34番種間寺(たねまじ)から36番青龍寺(しょうりゅうじ)へ回った方が道順てきに効率がいいということで順路が変った。
地図を見ても聞いてもわからないのだから予定は全てお任せ。
青龍寺(しょうりゅうじ)の参拝を済ませ12時前で少し早いけどお昼休憩になった。
お昼は勿論、讃岐うどん。
美味しいおうどんだった。お店のおばさんから「お接待」とお饅頭を頂いた。
どこからお参りにきんさったと聞かれWちゃんが説明してくれた。
Wちゃんの福島訛りの言葉を面白そうにおばさんは聞いていた。
甘いお饅頭はとっても美味しかったです。
おばさん、ありがとうございました。

PM1:00
35番清滝寺(きよたきじ)
海抜400mの医王山の中腹にある。
龍の絵が描かれた山門を入ると石段が続く。
唐破風を備えた堂々とした本堂と大師堂が並び手前に大きな厄除けの薬師如来像がある。
台座を含めると15m近くもあり、内部は厄除けの戒壇巡りができます。
35番清滝寺

大師が修行をし満願の日に金剛杖で壇前を突いたところ、清水が滝のように湧き出、鏡のような池が出来たことから鏡池院清滝寺と名付けられた。
寺の左手に「入らずの山」と呼ばれる小丘りがあり、ここに大師の十大弟子の一人、真如の逆修塔がある。
逆修塔とは生きているうちに自ら作った墓のこと。
境内から雄大な太平洋が望める。
清滝寺本堂

清滝寺から土佐IC、高速道路を走り須崎東IC。
高速道路を降り37番、岩本寺へ向かいました。

PM2:20
37番岩本寺(いわもとじ)山門。
頭だけの変った仁王が守る山門を入ると、境内の左手に方丈、右手奥に向かって大師堂、本堂が並んで建っている。
37番岩本寺仁王門

桜の木の下で難産に苦しむ女に、お大師さまが手水場にあったひしゃくの底を抜いてそれをもって加持祈祷をしたという「子安桜」
一年に三度も栗がとれる「三度栗」
人の足に決して吸いつかない「蛭」
春、桜の散ってしまった頃に、桜の木を見にこられたお大師さまの為に竜宮様が地面一面にまいたという「桜貝」
お大師様が筆を埋めた場所に生える、根が筆の形をした「筆草」
戸を閉めなくても決して盗人の入らない「戸たてずの庄屋」
現実と法益を交ぜた七不思議の伝説があります。
岩本寺

「不動明王」「観世音菩薩」「阿弥陀如来」「薬師如来」「地蔵菩薩」の五体のご本尊が祀られています。
五体も本尊があるのは、四国八十八ヶ所はもちろん、日本中でもここだけといわれています。
岩本寺本堂

本堂の天井画は見事です。
はめこまれた575枚の絵の中には、マリリン・モンローの姿もあるそうですが見つけられませんでした。
本堂内陣の天井のはめ絵

本堂内陣の格天井のはめ絵は、寺院の装飾としては稀有なもの。
高知県を中心に全国から公募した絵画。
この世のもの全てに仏性が宿るという仏教の教えの曼荼羅とも見える。
本堂内陣の天井のはめ絵

岩本寺からR56を走り、足摺岬先端にある38番、金剛副寺(こんごうふくじ)は明日にして延光寺(えんこうじ)へ向かいました。

PM4:00
39番延光寺(えんこうじ)山門
39番延光寺

池に住んでいた赤亀が、竜宮から銅鐘を背負って帰ってきたことから、赤亀山延光寺といわれています。
鐘には延喜11年(911)の年号が刻まれ、国の重要文化財になっている。
納経朱印も亀。
伝説の赤い亀

広い境内には本堂と大師堂だけが建っている。
境内の片隅に「目洗いの井戸」がある。
大師が訪れたとき、付近の民が水に困っているのを知り、錫杖で地面を付くと霊水が湧き出たという。
眼病にご利益があるとそうです。
延光寺大師堂

PM5:00
この頃から少し雨風が強くなり、店じまいを始めていた「道の駅」に寄り頼まれていたお土産用の「四万十川の川のり」を買いました。
雨の中、車を止めて買ってくれたお礼に「お接待」と言って商品の「川のり」を頂きました。
「これは土産用に買ったのよりも良い品だよ」と、おじさんは別の袋に入れてくれました。
おじさんありがとうございました。
雨で四万十川まで降りてみることは出来なかったけど、良い想い出になりました。
四万十川の写真はこの一枚だけです。
四万十川


宿の”みさきホテル”に着いたのは6時半過ぎていました。
足摺岬が目の前に見えました。
ホテルへ行く道には椿の木が沢山あり、椿の花が咲く頃は見事な景色だそうです。
椿の時期は終わっていたようだし夕暮れと雨で花は見当たりませんでした。

9日の走行距離290kmで旅の一番長い距離でした。
Oさん、お疲れ様でした。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。