アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月9日 土佐 33番から34番、36番
桂浜から33番 雪蹊寺(せっけいじ)AM10:50

延暦年間(782-806)に弘法大師が開山。
一時、荒廃したが天正年間(1573-92)に月峰和尚が入山し、時の大名・長宗我部元親と親しかったことから再興。
元親の宗派に倣って真言宗から臨済宗に改宗した。
八十八箇所のうち臨済宗の寺は他には第十一番札所・藤井寺(徳島県鴨島町)だけ。
石柱の門を入って観音堂、鐘楼、大師堂、本堂がある。
33番 雪蹊寺

雪蹊寺

雪蹊寺(せっけいじ)本堂。
広々とした境内正面に本堂があります。
この本堂には一つの額が奉納されています。
中には眼鏡が入っているが、太玄と玄峰のエピソードから眼病祈願を行い、平癒した人が奉納したと思われます。
運慶晩年の作といわれる薬師如来は、鎌倉時代の作風を今に伝える名品で国の重要文化財に指定されています。
脇侍の日光・月光菩薩とともに檜の寄木造。
この本尊をはじめ雪蹊寺は「鎌倉仏像の宝庫」といわれるほど名品が安置されており、宝物館に納められています。
雪蹊寺本堂

34番 種間寺(たねまじ)
観光だけで訪れる人は少なく、地元の信者とお遍路さんが無心に参拝しいく静かなお寺。
山門はなく、細長く延びた境内には、本堂、大師堂、本坊がたたずむ。伽藍は、すげて昭和45年の台風の後に再建されたものです。
34番 種間寺

百済の仏師が彫ったとされる薬師如来像は、国宝にも指定された貴重な仏像です。
旧暦1月21日は一般にも御開帳されます。
弘法大師が訪れ、お堂を整え、唐から持ち帰った五穀(米、麦、粟、きび、豆)の種を蒔いたことから種間寺という名がついたといわれています。
種間寺には底が抜けた柄杓がたくさん奉納されている「子育て観音」があり、底なしの柄杓ほどに通りのよい安産のご利益があると言われています。
種間寺本堂

36番 青龍寺(しょうりゅうじ)仁王門。
大相撲第68代横綱朝青龍明徳(あさしょうりゅうあきのり)の四股名は、青龍寺から「明徳」は母校の名から。
36番 青龍寺

山の斜面を上まで一気に続く苔むした120余段の階段。
弘法大師が唐の地から、寺院建立の地に留まることを託して投げた金色の独鈷が、この地の松の枝にかかっていたことから、独鈷山青龍寺が建立されました。
横綱、朝青龍はモンゴルからの相撲留学していた頃、明徳義塾高等学校(高校野球で有名)の近くにあるこの石段でトレーニングしていたそうです。
青龍寺

青龍寺(しょうりゅうじ)本堂。
境内には本堂、大師堂、薬師堂が
一直線に並んでいるが、これは伽藍配置といい、唐の青龍寺を模している。
本堂には本尊の波切不動明王とともに、寄木造りの愛染明王像も安置。愛染明王は家庭円満、縁結びの信仰を集めている。
鎌倉時代の作とされ、国の重要文化財に指定されている。
海に近いこの寺のご本尊は波切不動明王で、海上の嵐と世間の荒波を切り静める不動明王として崇められています。
青龍寺本堂


参拝後、お昼休憩。

Comment

 秘密にする

残念なことに・・・
それぞれ近くを通ってはいるのですが結局どこにも入る事はありませんでした。
いつかはお遍路さんをしようと思いつつ・・・いつか実現するかな???
とりあえずは、2ワンコの愛とキキを幸せにする事が先。
| URL | 2006/04/18/Tue 00:48[EDIT]
Re.残念なことに・・・
光さん
私たちからみたら地元におられる人はなんと羨ましいだろうって思いますがいつでも行けるから中々お出かけにならないのかもしれませんね。
そうそう、
愛ちゃんとキキちゃんのしあわせが何よりも優先です。
人は行こうと思えば行けるのだから。
HAL | URL | 2006/04/19/Wed 19:30[EDIT]
思い出
写真を見ると、いろいろと思い出すことばかりです。私たちのお遍路は、お正月休み、GW休み、そしてお盆休みの3回。はっきり言って、暑いか寒いかのどちらかです(笑)。種間寺の売店横の駐車場で、テントをはったものの、コンクリートがやけていて、日が暮れても、とても寝られる状態ではなく…、寝ている背中がサウナのように、びっしょり汗でぬれたのを思い出しました。あんな夜は、先代はなのハーハー言う息づかいが、ずーっと聞こえておりましたわぁ♪
はなママ | URL | 2006/04/19/Wed 22:20[EDIT]
Re.思い出
はなママさん
種間寺さんの思い出は先代はなちゃんに繋がりますね。
日に焼けたコンクリートが夜になっても熱いまま。
はなちゃんのハーハーの息遣い。
汗をかいた背中。
写真を見ながらあんなこともあったこんなことも。。。私もその時のことが思い出されます。

暑いときか寒いとき。
不便であったり不自由であったりすればするほど想い出や気持ちが膨らんでいくのではないのでしょうか。
HAL | URL | 2006/04/22/Sat 13:18[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。