アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡本旅館から延光寺
10月20日

   
     岡本旅館から延光寺

         7km 1時間30分



岡本旅館に着くと品の良い女将さんが出迎えてくれた。
「ご苦労さま。ここに荷物を置いて延光寺へ行ってらっしゃい。後で2階のお部屋へ荷物を運んでおきます。身の回りのものを持ちましたか?忘れ物がないようにね。」
ありがとうございます。
帰りにお昼を食べてゆっくりしてきます。
「それが良いわ。大分前に着いて延光寺に向かわれた方もお昼を済ませてくるっておっしゃってたましたよ。それじゃ気をつけて行ってらっしゃい。」
山○さん、もう延光寺に着いてる頃かも。。。

延光寺まで行って帰るだけ。
片道約7キロ。往復14キロ、約3時間。
あまり早く帰っても何もすることがない、延光寺で時間を潰しお昼を食べてゆっくりしてこよう。

AM10:05
宿から少し行くと左手に宿毛歴史館があった。 
帰りに此処に寄ってもいいね。。  
AM10:05 宿毛歴史館

歴史館から右に曲がりしばらく町中を歩くと延光寺への標識。
左へ曲がり広い道へ。
AM10:10

AM10:10
右手に国道56号が見ながら新宿毛大橋を渡る。
進路方向から荷物を背負ったお遍路さんが何人も歩いてくる。
三原から延光寺を打ち宿毛へ抜けて次の札所、40番観自在寺へ向かうお遍路さんたち。

三原から山越えをしてきたお遍路さんたちは延光寺近くの、へんくつ屋か嶋屋に1泊。
次の日、延光寺を打ち宿毛市内、国道56号を通るか松尾峠を越えて1本松の大盛屋か札掛宿に宿を取るコースや三原の清水川荘で1泊→39番延光寺→宿毛→国道56号or松尾峠→1本松1泊、等。

大きなザックを背負い汗を流しながら歩いてるお遍路さんたちと、こんにちは~ご苦労さまと挨拶を交わす。
つくづく荷物がないのは楽だと実感。
新宿毛大橋

大きなレストランの手前からショートカットの遍路道があったのに見落として国道を歩いていた(;一_一)
1時間以上歩くと国道から左へ入る遍路道があった。
今度は見落とさず左へ曲がる。

AM11:15
延光寺まで1km標識
AM11:15

AM11:30
やがて延光寺の仁王門が見えてきた。
AM11:30 延光寺




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。