アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道の駅すくもから岡本旅館
10月20日

     道の駅すくもから岡本旅館

       3.5km 1時間30分



AM8:31
道の駅すくも
すくもサニーサイドパーク。
AM8:31

ヘンロ小屋宿毛第十号。
宿毛道の駅茶屋。
ヘンロ小屋 宿毛第十号

「宿毛湾を彩るダルマ夕陽」
日本の夕陽百選に選ばれたダルマ夕陽のポスター。
ようこそ幡多路へ

道の駅のお店はまだ開店前。
お店の脇やゴミ箱の辺りに野良猫が沢山遊んでいた。

自販機で冷たい水を買い、屋根付きの休憩所のベンチに腰を降ろした。
水を飲みながら集まってきたノラニャンと遊んでいたらおはよう、と声が聞こえた。
振り向くと足の早いおじさんお遍路さん。

おはようございます。
「早いね。何時に宿を出たの?宿はどこだった?」
安岡旅館さんです。朝6時に出発でした。
「安岡旅館さんだったんだ。ボクはなかただったよ。朝食を食べて7時に出発。君は早くに出てきたんだね。」
私は宿から1時間くらいの山崎パンで朝食休憩でした。

あのぉ、昨日月山神社に寄られました?
「うん、行ったけど誰もいなかったから寄らなかった。」
私、寄ったんですが宮司さんがおられなくて御朱印頂いてこなかったんです。
「何にもなかったね。宮司さんもいないのだから御朱印はしょうがないよ。」

地図を広げ、この道を歩きました?
月山神社からの遍路道を指でなぞった。
「そう、この遍路道を歩いたよ。酷い道だった。君は?」
ここから遍路道に入ったけど下草は刈ってないし木の枝に蜘蛛の巣が掛かっていて少し行って引き返しこの道を通ってきたんです。
「それは正解だったよ。下草もあったし道は悪かったし景色なんて全々良くないんだ。」
展望台は寄ったんですか?
「展望台なんていう物じゃなかったよ。引き返すのもシャクだから進んで行ったよ。」
姫ノ井郵便局に寄ったでしょう?
「そうそう、郵便局に寄ってお茶をご馳走になったよ。」
山からどこら辺に出ました?
「小学校の脇に出たよ。」
あ~やっぱり小学校の脇に出る道があったんですね。どこで間違えたのかずっと手前で国道に出たんですよ。あの山の頂上のようなところに広場がありましたよね?私、電線が見えたからその電線を目印にして降りてきたんです。
「それは良い方法だね。あの広場みたいな所から降りていく道があっただろう?あの道を降りてきたら小学校の脇に出たんだよ。」

郵便局で休ませて貰ったら40分前くらいにお遍路さんが休んで行ったって言ってました。
私が着いたのは3時10分頃だったから随分早かったんですね。
「ボクは2時半頃だったね。早く宿に着いて昨日はゆっくりだったよ。郵便局でお茶を出してくれただろう?あれは太龍寺と同じお茶だそうだよ。」
そうなんですか。
お茶とお餅も頂きましたよ。祭りだって言ってました。
「え~っ、お餅も出してくれたの?ボクはお茶だけだったよ。女の人だけサービスなのかな。あ、ボクは千葉のこういうものです。」
住所名前の書かれたお札を頂いた。
私も遍路カバンの中からお札を出して山○さんに渡した。

「富山の人には会ったけど新潟の人は始めて会ったよ。」
新潟から移動に1日掛かるんですよ。
山○さん、随分足が早いですね。
「そうなんだよ、それでみんなに嫌われているんだ。西コースを歩くのは最初から予定だったしこっちは1日分距離が多いから足摺岬で別れた人たちと延光寺で一緒になるだろうね。みんなボクと歩くを嫌がっていたよ。君はなんでこっちのコースを取ったの?」
叶崎と月山神社に行きたくて。
「晴れていたらよかったね。」
あ~あの日も雨が酷かったですよね。山○さん、ずぶ濡れになったでしょう?
「そうそう竜串からのところね。一山越えたら雨は止んだしそのまま歩いてたら乾いちゃったよ 笑)
それにしても本当に足が早いですね。

「トンネルのところでしばらく君のことを待っていたんだよ。」
私は揺る足だし、休憩ばかりしてますから 笑。
「本当は1時間に1回休憩を取るのが良いそうだけど何故か足も体も絶好調なんだよね。今夜の宿は?」
岡本旅館です。
「ボクも岡本旅館だよ。荷物は置いていって良いそうだ。」
荷物がないと楽ですよね。山○さんは通しですか?
「そう、通し。○○さんは区切りなの?」
はい、昨年から春と秋に歩かせてもらっています。ちょうど体と足が出来た頃に帰らなくちゃいけないんですが何回も四国に来れるし普通の主婦は何日も家を空けるのは中々大変なんです。
「そうだね。普通の足で60日と言われているよね。女の人が何日も家を空けるのは大変なことだね。○○さんの家族は理解があって幸せだね。」
そうなんですよ。我が家の主人は理解があるんです 笑。
山○さんの奥様だって理解があるじゃないですか。こうやってお遍路さんに出してくれるんだから。
「ボクは家内と一緒なんだ。」
山○さん、遍路カバンの中から奥さんの写真を出して見せてくれた。

「ボクの妻は一昨年、向こうへ逝っちゃったんだ。昨年1年何も出来ず腑抜けのようになっていたよ。男は妻がいなくなるとまるでダメになるんだね。しっかりしてる人もいるのだろうけどボクはダメだった。1年泣いて暮らし今で言う引きこもりになって外へ出ることも出来なかった。後追い自殺でもしそうな顔をしていたんだろうね友人が見かねてお遍路に出ることを薦めてくれたんだ。それで思い切ってね。此処に来て本当に良かったと思っている。最初は何でこんなことをしているんだろうと思っていたけどだん々心が落ち着いてくるのが自分でもわかるんだ。いろんな人に励ましてもらったよ。友達も沢山出来たし○○さんにも会えた。家内もきっと喜んでいるだろうね。」

思い出を吹っ切るように、さて、そろそろ出発しょうか、と山○さんが言った。
交代でトイレに行き足の早い山○さんに着いていけないのはわかっているので先に出発してもらった。
「それじゃ、先に行くよ。また後で会おうね。」
気をつけて。
「○○さんも気をつけて。ゆっくりおいで。」
AM9:00 山○さん

45分近く休んで道の駅すくもを出発。
AM9:12
AM9:12

AM9:26
AM9:26

AM9:30
←片島フェリー。右→宇和島。
←片島フェリー乗り場

右に曲がると松田川大橋。
山○さんの姿はとうに見えなくなっていた。
AM9:31 松田川大橋

松田川を渡る。
AM9:34

AM9:35
橋を渡り右へ曲がる。
AM9:35

AM9:40
AM9:40 宿毛市街

AM9:40
岡本旅館の看板。
M9:54 

AM9:55
岡本旅館到着。
AM9:55 岡本旅館




Comment

 秘密にする

すくもの高床式の建物いいですね。登って休ませてくれるのでしょうか。
一年間ですか・・・・そうですね、男が残されるとたいていの人は参ってしまうそうですね。うちのも泣くと思います。
でもヨヨヨと泣き崩れてる女は案外と立ち直りが早いそうで切り替えて人生を自分なりに楽しむとか。
HALさんにも会えたし奥さんも喜んでくれてると言う話、しんみりです。
そうして他人さんと語ることが出来て奥さんを偲べる巡拝の旅が、やはり山○さんには必要な日々だったのでしょう。
きっと一杯の思い出とともに、これからの人生を過ごしていかれるでしょうね。
また何回も回られるかもしれませんね。
北大路さんの「空海」の映画を、ずっと昔ですが夫と劇場で見ましたよ。
荒波の迫力が画面いっぱいに広がって感動しました。あの頃はまさか自分が空海さんの札所をお参りするなんて考えてもなかったです。
今回も一杯の素晴らしい出会いがあったんですね。
きっと善い人は良い人に惹かれあうんですよ。細かいていねいな写真楽しませていただきました。
れいこ | URL | 2008/01/17/Thu 00:23[EDIT]
男って。。
れいこさんこんにちは。
宿毛道の駅の高床式の休憩所、上がることも出来るし中で野宿も出来るそうです。
私は写真だけ。何しろ高所恐怖症ですから(笑)

男って立ち直りが中々出来ず引きずるって言いますよね。
女は立ち直りも早いし、気持ちの切り替えは直ぐ出来る(笑)
さぁこれから我が人生楽しまなくちゃ~と。
ご主人を送ると若返ったりする人も多いとか。
全ての人がそうだとは言いませんが、多いのは事実だと思います。
女は強くてしたたか。

山○さん、土佐清水で始めて見掛け竜串からの道でも会ったんですよね。
随分足の早い人でした。
1日40キロはざらで結願なさったのも40日くらいだったそうです。

お帰りになって電話を頂いたんです。
四国での後遺症が出て足腰を傷めたそうです。
調子が良いからと無茶をしてしまったと言っておられました。
通しで歩く場合、やはり1日30キロくらいが限度なのでしょうね。

信州に年老いたお母さんが一人でいるのでお正月は信州で過ごすと言っておられました。
今は千葉と信州を行ったり来たり、半々の生活をしてるそうです。
足が治ったら又四国へ行きたいと言っておられました。
いつか四国でお会いできますねと言ったら是非会いたいね!だって(笑)

お話を聞いてても1年もの間引きこもっていたような人には見えない明るい方でした。
きっとお気持ちの整理もつき、何かが吹っ切れたのでしょうね。
まさに、お四国病院ですね。

ご主人と一緒にれいこさんは「空海」の映画を覧になったんですね。
本当にまさかご自分が空海さんの歩いた札所を廻るとはその時思ってもいなかったでしょうね。
れいこさんもその時からお大師さまに呼ばれていたのですね。
人はお大師さまに呼ばれる「時」があるのだと思いました。
HAL | URL | 2008/01/17/Thu 13:25[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。