アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再会
10月19日

    片粕トンネルから貝ノ川ファミリーマート

        2.8km 40分


 
AM7:50
貝ノ川ファミリーマート。 

トンネルを二つ越えると貝ノ川のファミリーマートが見えた。
ようやく雨が小降りになってきた。

ファミリーマートの隣に喫茶店があったけど、濡れた雨具を着たまま入るのも気が引けた。
喫茶店は諦め、お店の前のベンチに雨具を脱いで休憩。
外にトイレがあったのでお借りした。

自販機で暖かいお茶を買った。
お茶と、とさやさんで作ってもらったおにぎりの朝食休憩。
貝ノ川ファミリーマート

AM8:10
おにぎりを食べ終わった頃、雨は止んでいた。
雨具をサッとタオルで拭き、ザックに入れ直し身支度をしていた。

クラクションが鳴った。
振り向いて驚いた。
昨日、お世話になった万次郎茶屋のYさんが車の中から手を振っている。
わぁ!なんでYさんがここにいるんだろう!?

ファミリーマートの駐車場に車を入れ、Yさんが降りてきた。
「haruさん~。。会えてよかったわぁ。朝ごはんは?」
今とさやさんで作ってもらったおにぎりを食べたところです。
「あらぁ。。済んだのね。haruさんに食べてもらおうと今朝5時に起きて栗おこわを炊いて持ってきたのよ。とさやさんって言ってたからどこかで会えると思ってずっと見ながら走ってきたの。
あ~、主人よ。私は車の運転できないから主人に頼んで一緒に来てもらったの。」

背の高い優しいお顔のご主人が側でニコニコ笑っている。
始めまして。haruです。昨日奥様にとってもお世話になりました。
まさか今日また会えるとは思ってもいませんでした。

「始めましてYです。お一人で歩いておられるそうですね。家内から聞きました。こちらこそいろいろお話を聞かせてくれてありがとう。
これがどうしても朝食を届けると言って。。追っかけたりしたら迷惑になるからと言ったんですが私の言うことなど聞かないもので(笑)」
迷惑だなんてとんでもないです。
お会いできて本当に嬉しいです!

「とさやさんからずっと見ながら走ってきたけど、お遍路さんは歩いてないし、もしかしてharuさんを追い越したのか別の道を行ったかしらと心配だったけどここで会えて本当に良かった。雨で大変だったでしょう。朝食、間に合わなくてごめんなさいね。」

車の中から取り出した風呂敷包みを渡してくれた。
持つと、とっても重い!
コンビニに売っている幕の内お弁当を4,5個合わせたくらいの重さと大きさの風呂敷包み。

朝5時に起き、私のために栗おこわを焚いてくれた。
土佐清水中之浜の万次郎茶屋から貝ノ川まで、約23km。
車でならわずかな時間かもしれないけれど、通りすがりのお遍路に、ここまでしてくださる人がいるなんて。
Yさんの気持ちがありがたく、思わず涙が出そうになった。

「今日のお宿は決まったの?車で送るから家に戻らない?明日叶崎、月山神社へ一緒に車で行きましょうよ。ねぇ、そうしましょうよ。。。」
ありがとうございます。
お気持ちはとっても嬉しいし、本当に感謝してます。
でも。。。
「そんなことを言ったら迷惑だって昨夜も言い聞かせたんですが聞きわけがなくって。。。済みませんねぇ。」
ご主人が謝っている。
謝るのは私なのに…済みません。。本当にありがとうございます。いつか必ず会いに来ますから。
「本当に約束してね。」

貝ノ川ファミリーマートの前、Yさんご夫妻。
土佐清水のYさんご夫妻

土佐清水のYさんご夫妻

AM8:25
叶崎へ出発。
振り返るとYさんが見送ってくれていた。

もし、ファミリーマートのベンチに休まず、喫茶店に入っていたらYさんには会えなかっただろう。
再会出来たことは偶然だったのだろうかー。。。

いつか必ず、Yさんに会いに行こう。
土佐清水中之浜の万次郎茶屋に行こう。
いつか必ず!
土佐清水のYさんご夫妻

Yさん、栗おこわありがとうございました。
会いに来てくださってありがとうございました!

Yさんの作ってくれた栗おこわ、持ち歩くと手が塞がるのでザックの中に入れた。
優しさがいっぱい詰まったお弁当。
ザックがずしりと重かった。


Comment

 秘密にする

げにまっことグッときたぜよ!
こんな話しの続きがあったんですね。
これは絶対に行かなければならないですね。
HALさんの大切な人に巡り合えたのが私の愛する土佐である事が嬉しいです。

札所を巡るのもお遍路ならば、中の浜に行くのもお遍路のような気がします。
| URL | 2007/12/27/Thu 22:03[EDIT]
まっこと涙が流れたき。。。
光さん
そうなんです。。続きがあったんです。
翌日Yさんご夫妻にお会いしたときは大袈裟ですが運命を感じました。
中之浜へどうしても行きたいと思う私の気持ち、光さんならわかってくれるでしょう。。
Yさんに再会したときは、まっこと涙が流れたぜよ。。。

おっしゃる通りですよね。
中之浜に行くのも私のお遍路なのでよね。

遥か昔、私は此処にいたのではないだろうか。。。
懐かしい風景、懐かしい人びと。
前世に私は此処で暮らしていた。。。そんな気がしてなりません。
HAL | URL | 2007/12/28/Fri 11:53[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。