アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜串
10月18日


     落窪海岸から竜串とさやさん

         7km 3時間20分



PM2:19
落窪海岸から橋を渡ると国道321号は内陸に入った。
「足摺海洋館・足摺海中公園」まで6kmの標識。
喉がカラカラになっていた。水が飲みたい。。。
標識の先にコカコーラの車が見えた。
土佐清水の町中を出てから自販機がなく、水補給もできなかったので喉が引っ付きそうになっていた。
PM2:19

PM2:22
車屋さんの広い駐車場、道路脇のコンクリートに荷物を降ろし休憩。
コカコーラの車が出てから自販機でペットボトルの水を買った。
地図を置いた所に腰を降ろし、冷たい水を一気飲み。
車屋さんはシャッターが下りていた。
10分休んで出発。
PM2:22

PM2:58
道の駅めじかの里・土佐清水まで1.5km標識。
PM2:58

PM3:17
PM3:17

道の駅めじかの里。
道の駅めじかの里

道の駅めじかの里。
広い駐車場に観光客の車もなく、お土産を見てる人もいない、ひなびた感じの道の駅。

汚れたベンチにザックを降ろし、遍路カバンを持ってトイレ。
トイレは綺麗だった。
自販機で冷たい茶を買ってカロリーメイトを食べた。
国道を走っている車は素通りして行く。
20分休んで出発。
道の駅めじかの里

道の駅を出て少し歩いたら自転車に乗った地元のおばさんが通り過ぎて、引き返してきた。
お遍路さん、これ持って行って。と籠の中のビニール袋から何か出して渡してくれた。
何だろうー?
見ると真空パックのお餅だった。
ありがとうございます。でも…硬いお餅、どうやって食べたらいいんだろう(^_^;)
「祭りがあってね。貰ってきたの。」
真空パックに紅白の「祭り」の文字が書かれていた。
ここら辺の集落、秋祭りのようだ。
せっかく自転車を止めて渡してくれたお餅、お礼を言ってビニールの袋に入れてもらった。
ありがとうございます。ご馳走様です。

PM4:05
案内標識。「ようこそ竜串へ」
PM4:05 竜串

竜串橋
竜串橋

PM4:10
「宿毛39km・大月26km」標識。
PM4:10

10分ほど歩くと赤い屋根の建物、とさやさんが見えた。

PM4:20
民宿とさやさん到着。
1階が広い食堂。
中に入ると、おじいさんとおじさんがテレビを見ていた。
PM4:20 竜串とさや

はっとさんからお願いした○○です。
「お疲れさま。お部屋は2階です。ここに名前と住所書いてください。」
ランニング姿の大柄なとさやさんのご主人がノートを持ってきた。
イスに荷物を降ろし、住所名前を記入。

下駄箱に靴を入れ、ご主人の後に着いて二階へ。
階段を上がると、大きな広間があり廊下の先に部屋が続いている。
突き当たりの角の部屋に案内された。

部屋を出てたところに洗面所と洗濯機と乾燥機が置いてある。
廊下伝いにトイレ、お風呂場が並んでいる。
部屋の反対側がソファーとテーブルが置かれたロビー。

部屋に荷物を並べ、Tシャッツやタオル、洗い物を洗濯機に入れ、まずはお風呂。
夕食は6時からにしてもらった。

脱衣所は広かったけど中に入ると家庭のユニット風呂。
石鹸もタオルもなかった。
脱衣所の壁に「タオル(200円)、石鹸、シャンプーは1階の受付に」と書かれた張紙があった。
シャンプーと石鹸は持っていたけどタオルは洗濯機の中へ入れてしまった。
お湯を張り、部屋に引き返し石鹸を取に行き1階に降りてご主人に清算の時に一緒に払いますのでとタオルをお願いした。

髪を洗ってお風呂を出ると、洗濯が終わっていたので乾燥機に入れる。
洗濯、乾燥¥300-。

ドライヤーを借りてチャッチャと乾かし、部屋へ戻り本家とあーちゃんpapaに宿に着いたと連絡。
お布団を敷いて、カメラ、携帯の電池の充電。

PM6:00
1階の食堂へ行くとテーブルに夕食が用意されていた。
PM6:00 とさや夕食


明日は6時出発予定。
朝食は断り、清算をしてもらった。

民宿とさやさん。
1泊夕食付き ¥7,000-

明日は何処までとご主人に聞かれたので、
叶崎に泊まるつもりなんですと言ったら、
「それは勿体無い。叶崎まで3時間も掛からないよ。」

叶崎に寄って翌日に月山神社に行くつもりでいた。
叶崎に民宿が1軒、後はその先の大月まで宿がない。

「それなら、大月に宿を取ったほうがいいかな。」
2日掛けるつもりでいたが大月まで行けるかー?
竜串から30km近くある。
遍路道を行くとそれより距離は多くなる。

地図を見ながらご主人がここがいいかなーと安岡旅館を指差した。
「ここならちょっと知ってるから安岡旅館に電話してやるよ。山道はキツイし下草も刈ってないから危ないよ。国道を行った方が良いよ。もし途中で歩けなくなると困るから迎えに来てくれるよう頼んでやるよ。」

「あ~竜串のとさやだけど。いつもど~も。
明日なんですけどね、女のお遍路さん一人お願いできますか?それでね、叶崎や月山神社に寄って行きたいんでちょっと遅くなりそうなんだよね。お接待ってことで何処かまで迎えに来てくれると助かるんだけどねぇ。」
安岡旅館さんに頼んでくれたら快く承諾してくれた様子。

「じゃ、場所を決めておくよ。姫ノ井の郵便局に着いたら安岡旅館さんに電話するってことにしましょう。時間がわからないからとにかく姫ノ井の郵便局に着いたらってことにしてくれませんか。それじゃ、宜しくお願いしますわ。」

大月の姫ノ井郵便局まで竜串から約23km。
叶崎、月山神社に寄って行くと何時頃に着けるのかわからない。
「郵便局ならなくなる心配がないし、場所も決まっている。ここは山道を通ってきても国道を通ってきても、ここに出る。」
地図を指差しながら説明してくれた。

遍路道から国道321号に出たところに姫ノ井郵便局がある。
「ここなら間違うこともないし、目印になって丁度いい。郵便局に着いたら旅館に電話するんだよ。」

待ち合わせ場所が決まった。
叶崎、月山神社にゆっくりして、どんなに遅くなっても郵便局が閉まるまでにはたどり着けるだろう。

晴れいたら素晴らしい景色が見れるよ。と言ってくれたけど。。。
明日の天気は雨予報だった。



     27.5km 46,893歩


Comment

 秘密にする

こんばんわ
調べてみましたら何とまぁ、とさやさんから安岡さんまでの遠いこと。
姫ノ井局からでもだいぶありますね。
海沿いできれいだったでしょうが大変でしたね。
過ぎてから引き返した方のお接待の、お餅はどないしたのかな。まさか道端で焼いて食べるわけにいかないし(笑)
ありがたいお気持ちねぇ。
===できるわけないけど===なんか読んでたら私も、お遍路さん相手の宿がしてみたいって思いますね。
今日ね、ツアーで頼んでた事務所で巡拝パンフをもらってきたので「あんたは、も一度お参りに行くとしたら、どの寺がいい?」と連れ合いに聞いたらね「俺は ひたすらお参りで行ったからどの寺なんて言うのは間違ってるぞ」なんて言われました。

「へっ?お大師さんは観光も楽しめとか、どうしてここに寺を開いたとか意味を感じてくれとか思ってるんじゃない。だからも一度訪ねてお参りしたいって思ってもいいんと違う?」連れ合いとしては観光がどうのこうのなんていう雑念は無しの一度目だったらしいです。
こんな人と回り終えました。(へっ・・・ほんまかいな?と思うわよねぇ~)
れいこ | URL | 2007/12/18/Tue 00:16[EDIT]
雑念。。
れいこさん
私など雑念や妄想が頭の中をグルグル回ってました(笑)

昨年春、初めて八十八ヶ所を廻ったときのことを思い出すと、まるで観光。
参拝の作法も知らず、人の真似しながらでした。
連れて行ってくれたお友達がいろんな話を聞かせてくれたり教えてくれたのに。。
今思えば勿体無いことをしたとつくづく思ってます。
一人で歩いてようやく少しづつお遍路とは、と言うことが見えてきたように思えます。

竜串から大月の宿まで遠かったです。。
県道321号に出るまで、人も車も全々見ないし通らない。
山の中で目印にしたのは電線でした。
電線の通っている方へ行けば間違いなく民家があるはず。
この道、地図を見てても自分が何処を歩いてるのか確かめようがなかったです。
県道に出てバイクに乗った人を見かけたときはホッとしました。
山道から県道に出ても、方向感覚がおかしくなっていて、今自分がどっちに向かっているのわからなかった(^_^;)

お接待で戴いたお餅。。重いし堅いし道端で焼いて食べるわけにはいかず安岡さんに食べてもらいました。
お接待で戴いたもの、捨てるわけにはいきませんので。。。

お遍路さんのお世話をするお宿。
土佐清水のYさんもそういう休憩所やお宿をやりたいって言っておられました。
HAL | URL | 2007/12/23/Sun 15:14[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。