アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大文字山
10月16日

    四万十大橋から間崎

      11km 2時間30分



PM12:05
実崎樋門
PM12:05 実崎樋門

PM12:24
間崎。四万十川と別れ内陸に入っていく。
四万十CCの看板。
PM12:24 間崎

PM12:37
PM12:37

PM12:38
うどん屋田子作は定休日。
PM12:38 うどん屋田子作

PM1:00
喫茶大文字。
井の岬温泉ホテルで夕食の時に一緒だった京都さんがカレーを食べていた。
ビニール袋を床に敷き、裸足になった。
食欲がないので氷イチゴを注文。
京都さん、カレーを食べ終えるとお先に、と出発。
トイレへ行って、1時20分に出発。
PM1:00 喫茶大文字

PM1:23
国民休暇県高知と大文字山(十代地山)の標識。
大文字山標識

大文字山の送り火標識。
「約530年前、前関白・一条教房が応仁の乱を避け逃れてきたことから、「土佐の小京都」と呼ばれる中村市。
その夏を締めくくる風物詩が、毎年旧暦7月16日に行われる「大文字の送り火」。
教房の息子、房家が京都を懐かしみ、父と祖父・兼良の霊を慰める意味も込めて始めたとされている。
中村市・間崎地区の十代地山で、地区の全戸(約100戸)が松明を供出。
花火を合図に(松明に)火が点火されると、炎が山肌をなぞり、「大の字」が浮かび上がる。
筆順の通りに、というところにもこだわりが感じられる。
伝統あるこの行事は、全国でここ中村と京都でしか見ることができない行事です。」
大文字山の送り火

大文字山。
小高い山というか、丘に「大」の文字が微かに見れる。
気にしてなければ、見落とし通り過ぎてしまうのでは。。。
大文字山

大文字山のアップ。
大文字山

PM1:25
PM1:25

PM1:37
津蔵渕(つくらぶち)集落の遍路道。
PM1:37

PM1:40
遍路道から国道320号出る。
PM1:40

PM1:48
「足摺海底館・足摺海洋館」の看板。
PM1:48

PM2:00
PM2:00

PM2:30
三原村「清水川荘」(みはら会)電話番号が書かれた宿泊予約の案内。
PM2:30




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。