アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井の岬温泉ホテルから東寺庵
10月16日

    井の岬温泉ホテルから東寺庵

       3.5km 55分



AM5:55
井の岬温泉ホテル出発。
AM5:55 井の岬温泉ホテル前

ホテルの直ぐ脇の道に松山寺跡の標識。
松山寺跡

地蔵

AM6:10
ホテルから真っ直ぐ進み、国道へ。
左に曲がり少し行くと伊田トンネル。
AM6:10 伊田トンネル

AM6:15
朝陽。
AM6:15

伊田郵便局。
伊田郵便局

AM6;18
入野松原への道標。
AM6:18

右に土佐くろしお鉄道中村線が走っている。
土佐くろしお鉄道中村線

AM6:20
有井川駅。
AM6:20 有井川駅

朝の太平洋。
AM6:22

朝の太平洋

坂道の途中、左手にホテル海坊主。
AM6:30 ホテル海坊主

AM6:50
東寺庵無料接待所。
AM6:50 東寺庵接待所

東寺庵

東寺庵

井の岬温泉ホテルを6時前に出発。
外はまだ薄暗く、朝の空気は少し冷たかった。

ホテルから真っ直ぐ進み、国道へ出て左に進む。
トンネルを抜け、振り返ると眩しい朝陽が昇っていた。

朝陽を背に太平洋を見ながら歩いて行くと、赤い幟旗が立っている休憩所があった。
大柄な男の人が中から、少し休んでいきませんか、と声を掛けてくれた。
お言葉に甘え、休ませて貰う。

恐そうなお顔をしてたけど、とても親切で優しい庵主さん。
お菓子やゼリーの袋を開け、コーヒーをご馳走してくれました。
囲炉裏の炭が赤々と燃え、冷たくなっていた手を暖めてくれた。

どちらから来られましたか?と訪ねられた。
新潟から来ました、遍路カバンから住所と名前を書いたお札を渡した。

「新潟ですか。。。私も昔、新潟に住んでたことがあるんですよ。小学校の3年まででしたが、母親のじいさんとばあさんが越路町と言うとこにいて預けられたんです。雪が多く、2階の屋根まで積もっていたのを覚えてますよ。」
私の住んでる市内はそんなには雪は積もりませんが、長岡や越路町の方は雪の多いところですね。今は昔より雪の量は少なくなったようです。

「何度も地震にあって大変だったでしょう。被害はありませんでしたか?自然災害があちこちで頻繁に起きている。今は何処にいても安全なところはないのかもしれませんね。」
おかげさまで、市内はなんともなかったのですが、中越地方や魚沼の方は被害に遭われた方たちが大勢おられました。過疎も進み、お年寄りだけの集落などもあり、地震のときは本当に大変だったと思います。
全国から沢山のボランティアの人たちが駆けつけてくれ、とても助かったそうです。。

気が着くと、庵主さんと30分近くお話していた。
お世話になりましたと身支度をしてると、ミカンとオロナミンCを持たせてくれました。

「道中気をつけて。善いお遍路をなさってください。」
親切にして頂いて、ありがとうございました。
庵主さんもお元気で。

朝一番に優しい人に出会い、いいお話を聞かせてもらった。
とても清々しい気持ちになっていた。
今日もきっと、善い1日になるだろう。



Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。