アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐賀公園から井ノ岬温泉ホテル
10月15日

    
     佐賀公園から井ノ岬温泉ホテル


         5km 1時間55分



PM2:55
土佐くろしお鉄道白浜駅。
PM2:55 土佐白浜駅

左に太平洋、右に山の国道56号。
白浜海岸。
白浜海岸

PM3:00
幡東消防署。
PM3:00 幡東消防署

消防署向かいに、民宿白浜。
民宿白浜

PM3:18
営業中のたこ焼き屋さんの看板を見つけ、お腹が空いたのを思い出す。
たこ焼き屋さんの隣の「喫茶白い館」で休憩。
PM3:18 喫茶白い館

イチゴミルク氷を注文。
お隣のたこ焼き屋さんから、たこ焼きを頂きました。
美味しかったです!ありがとうございました。
氷イチゴミルク

お写真撮らせてください、とお願いすると、腕を組んだりくっついたり。とっても仲良しのご夫婦。
お二人の後ろの壁に菅さんのお遍路姿のお写真がありました。
菅さんも「白い館」に寄っていかれたそうです。
白い館の仲良しご夫婦

PM3:50
井ノ岬までもう少しですよ、頑張って!
奥さまが見送ってくださいました。
PM3:50

PM4:06
佐賀町から大方町。
「鯨が見える町 大方町」の標識。
PM4:06 鯨の見える町 大方町

PM4:15
井ノ岬トンネル。
PM4:15 井ノ岬トンネル

PM4:25
井ノ岬トンネルを抜けると「井ノ岬温泉」の看板があった。
看板の少し先の道を左に入る。
PM4:25

PM4:31
PM4:31

PM4:35
井ノ岬温泉ホテル到着。
PM4:35 井ノ岬温泉ホテル

部屋の窓の前が直ぐ海。
太平洋に沈んでいく夕陽が見れました。
PM4:40 夕暮れの太平洋

空と海の色が少しづつ静かに変わっていく、始めて見る美しい風景でした。
夕暮れの太平洋

「設備は古いけどいい温泉だよ。」
白い館のご主人が言っておられたように、とてもいい温泉でした。
建物が海の直ぐ側に建っていて、部屋からもお風呂場の窓からも海が見えました。

夕食を6時半にお願いして、支配人さんに逆打ちのお遍路さんにお聞きした「いさりび」さんの電話番号を調べてもらった。
伊与喜の駅から電話をしたときはぶっきら棒の愛想のない声だったけど、とても親切でニコニコ笑顔の支配人さんでした。

明日は、早出の予定なので朝食は断り、夕食が済んだら清算して貰うことにした。
夕食は1階の食堂。

食堂のテレビに亀田Dの反則行為の様子が繰り返し映し出されていた。
地元の若者たちやがその様子を見ながら、ああでもないこうでもないと食事をしながら大声で話していた。

後ろの席にビールを飲みながら食事をしていたおじさん。
遍路地図がテーブルに乗っている。
私がホテルに着いたとき、浴衣を着てロビーで支配人さんとお話していた。
岩本寺を出てから一人もお遍路さんには会わなかったのに、どのくらい先をあるいていたんだろう。

「明日はどこまで?」
四万十川の手前の予定です。
「私は下ノ加江の安宿に宿を取ったよ。5時に出発の予定なんだ。」
5時!早いですね。
「早朝の方が歩きやすいよ。私は京都から来たけど、どこらから?」
新潟です。
あのぉ、下ノ加江の安宿さんの先に「いさりび」さんって新しいお宿ができたそうですよ。
綺麗で親切って教えてもらいました。
私は明後日頃の予定ですが。
「新しい宿、地図に載ってないよね。安宿に予約したからここでいいですわ。」

京都さん、2本目のビールを追加したので先に部屋に戻ることにした。
ご馳走さまでした。それじゃお先に。
挨拶し、食堂の従業員さんに清算してもらった。

井ノ岬温泉ホテル。
夕食付き1泊 ¥7,000-
調べてもらった、いさりびさんの電話番号が書かれたメモをもらった。
ありがとうございました。

部屋に戻り、本家とあーちゃんpapaに宿に着き夕食を済ませたと連絡。

布団を敷き、波の音を聞きながら時間やお金のメモを書いてると電話が鳴った。
のりこさんだった。

「haruさん~。元気ですかぁ~。」
のりこさん~!元気ですよぉ!!今ね、海が目の前の井ノ岬温泉ホテルですよ!
「ちょっと待って、地図を見るからちょっと待ってて。」
ガサゴソ音がした。のりこさん地図を出したようだ。

のりこさんが泊まった白浜の先、井ノ岬ってあるでしょう?
「あ~、あったあった、井ノ岬温泉ホテルね。すごい!もうそんなところまで行ったの!?今日でまだ3日目だよね?」
そうなんですよ、まだ3日目。
それが今回は足も体調もすこぶる快調なんですよ。
「へぇ~そうなんだ。足は全々痛くないの?」
全々痛くな~い~です~。
「初日は多ノ郷から大善寺さんまで歩いたの?」
そうです!のりこさんと別れたあの懐かしい多ノ郷の駅で着替えて大善寺さんまで歩きましよ。
大善寺さんに3時半過ぎに着いて、本堂の上まで登ってきました。
泊まりは私一人でのりこさんのときのように食事を部屋まで運んでくれましたよ。
「あ~、私のときは団体さんが泊まってて、煩いだろうからって食事を部屋に運んでくれたのよ。それで昨日は?」
昨日はね、私ものりこさんのときと同じように土佐久礼で泊まるつもりだったんですよ。そしたら大善寺さんに岩本寺まで行きなさいって言われたの。
「うんうん、そうだよね。私は足が痛かったし小指が酷いことになってとても歩けれる状態じゃなかったんだよ。それで土佐久礼に宿を取ったの。」

私と別れた多ノ郷から大窪寺で無事結願を果すまでの行程や泊まった宿、歩数など事細かに書かれたお手紙を東京に帰ってから、二人で写った写真と一緒にのりこさんが送ってくれた。
行程やその日の感想、宿等はとても参考になり、何度も読み返し地図と見比べながら予定表を立てた。
のりこさんからのお手紙は何度も何度も読んでいて、書かれていた内容は殆ど覚えている。

のりこさん、土佐久礼の豪華な黒潮本陣に泊まったんですよね。
「そそー、あそこは民宿の3日分の料金よ(笑)大善寺さんを9時頃出たけどお昼頃には着いて、半日ゆっくりして足を休めたから良かったのよ。」
黒潮本陣から翌日はのりこさん、ホテルの人に七子峠まで車で送ってもらったんですよね(笑)
「あはは~、そんなことま書いていたっけ(笑)」
書いてましたよ。
のりこさんが車で送ってもらった峠、ちゃんと歩きましたよ。焼坂峠は国道でしたけどね。
「凄いね~。haruさん偉いわ。車で10分くらいだったけど歩きは大変だったでしょうね。岩本寺に着いたのが12時頃だったの。それで宿坊を予約してたんだけどキャンセルしたんだよね。」

そうそう。
あの後、またのりこさん電車に乗ったでしょう(笑)
「岩本寺門前で登山靴を買って、宿坊をキャンセルしちゃったから取り合えず佐賀温泉まで行こうって思ったけど宿が取れなかったの。だから仕方がないから白浜まで行ったけど。。。」
佐賀温泉から電車に乗ったんですよね(笑)

今日は岩本寺からのりこさんの後を追って白浜に泊まるつもりで電話を入れたら、定休日って言われちゃったんです。
畳の入れ替えをしてて、山側の部屋ならって言ってくれましたが、ここまで来ちゃいました。
4時半頃に着いたんですけど、部屋から海が目の前で、太平洋に沈む夕陽を眺めていました。
お風呂は温泉で、窓からも海が見えたんですよ~。
今、食堂でご飯を頂いてきたところなんです。
京都からの一人旅のおじさんと一緒になったけど歩いてるとき、全々お遍路さんに会わなかったですよ。
春のときは多かったじゃないですか。
秋は少ないんでしょうかね。昨年は多かったんですけどね。
明日はね、又々のりこさんの後を追って民宿月白までの予定です。

「月白さんね、宿はまぁまぁだけど、女将さんが話好きなさっぱりした人で、前に東京に住んでいたとか相撲の大フアンとか言ってたね。」
のりこさん、月白さんに早い時間に着いたんですよね。
「お昼過ぎだったかなー。早く着いたんでタクシー呼んでもらって、四万十川の屋形船に乗って来た。」
私も早くに着いたら、四万十川見物、屋形船に乗って遊んできます(笑)
昨年の春のときは雨で四万十川を通っただけだったから。
「それがいいわ。ゆっくり、急がずマイペースでね。私みたいに遊んでばかりいると電車に乗ることになるかもしれないけどね(笑)
自分の足に合う靴を見つけるのって大事だね。合わない靴って本当に悲惨だよね。私なんて3回も靴を取り替えたんだよね。
どれも合わない靴を履いてて帰ったら足が変形しちゃってた。整形外科にずっと通ってるけど今でも足が痛くてヒールも履けないし、腰痛も治らないんだよ。」

私はマメ一つ出来てないし、筋肉痛も大したこともないんですよ。
やっぱり靴と相性がよかったんですね。
「haruさんは慣れた歩き方をするよね。春に一緒に歩いてて山歩きのベテランかと思ったよ。」
登山なんかしたこともないって話たじゃないですか。それに疲れることは苦手だって。
なのに何故か四国に来ると元気になるのが不思議ですね(笑)

きっと、また一緒に歩きましょうね。
「いつか一緒に廻ろうね。それじゃ、また電話するね。気をつけて頑張ってね。おやすみ。」
おやすみなさい。

のりこさんと30分くらい話をしていた。

電池の充電をして目覚ましを5時にセットし布団に入った。


  27.8km 9時間35分 48,587歩


Comment

 秘密にする

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2007/11/12/Mon 04:50[EDIT]
いってらっしゃい!
v-83iさん
気をつけて行ってらっしゃい!
善いお遍路を!!

お帰りを楽しみにしています。
HAL | URL | 2007/11/14/Wed 11:21[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。