アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

37番 岩本寺
10月14日


   道の駅あぐり窪川から37番 岩本寺


      3km 45分



PM4:10
窪川警察署への「→」標識。国道から右へ入る。
PM4:10

PM4:30
岩本寺門前。

呼坂トンネルから岩本寺山門の見える所まで、紀州犬を連れたおじぃちゃんが一緒に歩いてくれました。
ありがとうございました。

山門の前の横断歩道を渡って、岩本寺を打ち終えたお遍路さんが歩いて来た。
国道を歩いていた若者お遍路さん。

お疲れさま。宿はこの近くですか?
「これから佐賀温泉まで行きます。今夜はそこで野宿です。」
片方の耳にピアスを着けた、キリリとしたお顔の好青年。
じゃ、気をつけてね。
「ありがとうございます。それじゃ。」

佐賀温泉までここから10km強。
暗くならないうちにたどり着くといいね。頑張ってね、ピアスお遍路さん。
PM4:30岩本寺門前

PM4:33
岩本寺到着。
PM4:33岩本寺

仁王門。
仁王門

境内と鐘楼。
鐘楼

本堂。
本堂

大師堂。
大師堂

大師像と境内。
境内

左、納経所。正面、宿坊入り口。
納経所

納経所。
納経所

本堂、大師堂に参拝を済ませたのが4時50分。
納経所に行くと、浴衣に着替えた人がいた。

宿坊の玄関にいた人に予約してた者ですがと告げると、名前を聞き直ぐ2階の部屋へ案内してくれた。
夕食は6時から1階の広間。

着替えを持って1階のお風呂へ。
階段を下りると広いお勝手の入り口に老犬が寝ていた。

空いてる洗濯機を使わせてもらう。
洗濯、乾燥機¥300-。

お風呂に2人の女の人が入っていた。
髪を洗っていると、歩きですか?と聞かれた。
はい。
「一人で?どちらから?」
あ~。。新潟です。
「まぁ、新潟から来られたの。遠くから大変ね。私たち広島なの。」
二組のご夫婦、一緒の車で廻ってるそうだ。

一人で歩いて淋しくないか、山道は恐くないか、と聞かれた。
少しも淋しいや怖いとも思わない。
一人で歩いてる方が気楽でいいし、疲れたら何処でも気ままに休める。

地図を見ながら歩いてるのって、楽しいですよ。
「歩き遍路は徳を戴きご利益があるって言うし、いつか歩いてと思っていたけど、もうこの年じゃ無理ね(笑)」
え~、そうですかぁ。夫婦でお遍路さんって、素敵じゃないですか。
私はその方が羨ましいですよ。
「それがそんなに素敵じゃないのよ(笑)私たちは2組だから、上手くいってるけど、夫婦二人っきりだとしゅっちゅうケンカになるそうよ。
お互い我が儘を言ったり、ダンナはこっちへ行きたい、奥さんはあっちへ行きたいと言い出したり。そうそう、阿波で会ったあの人たち。」
二人は顔を見合わせ、思い出し笑いをしながら徳島で会ったご夫婦の話をした。

最初は仲のいい二人だったのに、4、5日して同じ宿になったときは別行動になっていたそうだ。
旦那さんは車、奥さんは電車とバスを乗り継ぎ、宿も別。
「今頃、あの二人はどうしているのかしらねぇ。」
もう一人の人が、
「阿波から一緒に廻り、土佐でケンカ、伊予で仲直り、結願で元に収まる。って言うんですって(笑)」

何もお遍路に来てまで夫婦喧嘩することもないだろうに。
可笑しくなって3人一緒に笑い出した。


お風呂から上がり、部屋に戻り本家とあーちゃんpapaに岩本寺宿坊に着いたと電話。

浴衣に丹前を羽織り、6時から広間で夕食。

空いてる席に着くと、向かいに神戸さん。
左隣に立派なおヒゲの山男風のご主人と、綺麗な奥さんのお二人。
その隣に、お風呂で一緒だった二組のご夫婦。
神戸さんの隣に元気なおじさん二人。
お酒を飲みながら、がはは~と笑う姿は、岩手のおじさんにそっくり。
「私たちは岩手からですわ。幼馴染なんですよ。」
と言ったので、これにはビックリ。
豪快な章ちゃんと、しっかり者の龍ちゃんコンビの再現だ。

私の右隣は沖縄からのおじさん二人。
家族からの連絡があり、明日、急遽帰ることになったそうだ。

右端の方に、8人グループ。
神戸さんと私、沖縄おじさんたちが歩き。
他の人たちは車遍路さん。

神戸さんと岩手おじさん、沖縄おじさんたちは、前の宿から顔見知りで盛り上がっていた。
明日で神戸さんも沖縄おじさんたちも帰ることなので、そのうち夕食はお別れ会のようになっていた。



 36km  50,679歩



Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。