アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多ノ郷から大善寺
10月13日

   多ノ郷から別格五番大善寺

      3km 1時間  



多ノ郷駅に4,5人の地元の人が降りた。
地元の人の後に続き電車から降り、構内のベンチにザックを降ろす。
パーカーを脱ぎ、半袖のTシャッツの上にザックの中から直ぐ出せるように1番上に入れておいた白衣を着る。

春に此処でのりこさんと別れた。
私は高知へ。
のりこさんは大善寺へ向かった。

手を振って別れたときのことが数分前の出来事のように思い出され、笑っているのりこさんの顔まで目に浮かぶ。

のりこさんが歩いて行った道を、これから歩き始める。
多ノ郷から秋遍路の始まり。

PM2:40
駅を出て左に曲がると多ノ郷の小さな町並み。
真っ直ぐ進むと、やがて国道56号に出る。
PM2:40多ノ郷駅前

PM3:02
国道56号に出て左に曲がり、南へ向う。
右手に須崎警察署、須崎市役所の標識。
PM3:02R56

松山までのキロポスト。
キロポスト

須崎警察署。
須崎警察署

1km先、「道の駅かわうその里すさき」標識。
PM3:20

PM3:25
大善寺の標識。信号から左へ入る。
国道真っ直ぐに須崎トンネルが見えた。
PM3:25

PM3:20
大善寺宿坊、有善会館に到着。
予約してた名前を告げ、荷物を置かせてもらう。
納経帖、線香ロウソクをバッグに入れて本堂へ。
大善寺は四国別格二十霊場第五番札所、四国三十三観音霊場第十四番札所で、「二つ石大師」や「ぼけ封じ観音」として信仰されている。
会館から真っ直ぐ進み、突き当たって右へ曲がると大師堂のへの石段。
PM3:30 大善寺大師堂

急な石段を登った頂上、突き当たりに本堂、納経所。
本堂へ

石段の途中に、二ツ石大師像とぼけ封じ観音像が立っている。
二ツ石大師

境内の水屋。
水屋

本堂隣の納経所。
PM3:45 納経所

境内からの眺め。須崎港。
右手に身代わり地蔵。
須崎港

境内に並ぶ石仏。
境内

大師堂脇の石段を降りる。
PM3:50

大善寺真向かいにある柳屋旅館。
大正ロマン、風情のある建物。
柳屋旅館


納経所から下へ降りるときに気が着いた。
会館脇から本堂への、とても恐ろしげな乗り物、モノレールがあった。
写真を撮ってないので説明は難しいけどが、「乗り物」というより「移動機械」。
定員4人の箱(?)に入り、急な斜面を登って行く。
足の不自由な人や高齢者には助かる乗り物なのだろうが、その乗り物を見ただけで恐ろしく、私にはとても乗る勇気もありません~。。。
乗ってる自分を想像しただけで鳥肌が立った。


会館に戻り、お風呂場トイレの説明を聞いて2階の部屋に案内された。
お風呂は受付の奥、5時から。
トイレは2階の部屋の並び。

部屋に入り、まずはザックの中身の整理。
使っていたバッグの中身を全部出し、遍路カバンに入れ替える。
バッグ、パーカー、ジーンズをザックの一番下、洗面道具、下着、タオルを上に入れ直し納経帖、線香ロウソクも取り合えず必要ないのでザックの中へ。
荷物の整理をし、白衣と輪袈裟をハンガーに掛け、白ズボンに履き替えた。

本家とあーちゃんpapaに無事、大善寺に着いたと連絡。
携帯とカメラの電池の充電。
時間と使ったお金のメモを書いてると、お風呂に入ってと受付から連絡があった。

夕食は6時。
泊まりは私一人だからと、食事を部屋まで運んでくれた。

夕食を運んでくれた会館の人に朝食はどうするか聞かれた。
地図を見ながら明日のコースの相談に乗ってもらった。

予定では、明日は大善寺から土佐久礼まで。
かわうその里で少しゆっくりし、安和から焼坂峠を越え国道56号に出て土佐久礼で1泊。
宿はまだ決めていない。
そう言うと、呆れかえった顔をしながら、
「土佐久礼で1泊!?此処から土佐久礼までどんなに遅くても3時間もあれば行けるよ。
此処をゆっくり出ても午前中に着いてしまう。
須崎に宿を取った人はみんな岩本寺まで行くよ。足の早い人で佐賀温泉まで行く人もいるのに。
焼坂峠、大坂峠、七子峠は道が悪く、滑ったりして危ないから国道を行きなさい。国道を行けば峠越えより距離も短いし道もいい。
大坂峠は最初は揺るいから油断するけど登りが険しく、こーんな大きな岩がドーンと立ちはだかって胸の辺りまである岩によじ登って行くんだよ。滑るし危ないから峠越えは薦められないね。」

土佐久礼の先は岩本寺まで宿はなく、土佐久礼に泊まらなければ大善寺から岩本寺まで約34km。
初日から飛ばして股関節を傷めた春遍路。
また途中で歩けなくなってしまったら。。。
東洋町役場前から室戸までバスに乗ったときのことを思い出す。
あのときと同じ失敗を繰り返したくはない。

今回は大善寺、次に土佐久礼、その次に岩本寺と体と足が慣れるまで距離を短く取っていた。
どうしょう。。。
地図を見ながら考える。
焼坂峠、大坂峠、七子峠。
”こーんな大きな岩”と言うとき、「これくらい大きな岩」と大きな腕を広げ脅かされ少しビビッてしまった。

よーっし、決めた。
明日は言われたように国道を歩くことにしょう。
もし峠で動けなくなってしまったら、前にも後にも進むことも出来ない。
同じ失敗はしたくはないが、国道ならいざとなれば電車やバスがある。

明日は6時に出発します。
朝食は要りません。

「土佐久礼の先に、早くからおにぎりや朝飯を作って売ってるところがあるからそこで朝食にしたらいいよ。此処でもおにぎりで良かったら用意できるけどね。」

朝食は断り、6時出発に決めて清算をしてもらった。

大善寺
夕食のみ1泊 ¥6,000-

11,989歩





Comment

 秘密にする

懐かしいです
須崎警察の坂やその先のトンネルも何回か通ったので懐かしいですが、車を運転しない私としてはこれからは誰かに車に乗せてもらわない限り見る事が出来ない風景です。
大善寺さんの高さだと南海大地震の津波が来ても大丈夫でしょうね。
| URL | 2007/11/03/Sat 21:57[EDIT]
始まりましたね。
読ませていただきました。
そして大善寺のケーブルなる物を見てきました。
下部がグリーンで4人乗り。確かにあの赤いのぼり旗が一杯立ってるレールを登る乗り物は気味悪かぁ~ですね。
何だか「ゴゴゴォーーーッ」って音が聞こえてきそうです。四角いだけの箱の形がね、酸素少なくて息が詰まりそうで怖かぁ~って感じしますね。

土佐久礼の先のオムスビ売ってるとこって左にあった、あそこのことかな。
懸命に歩いてる姿を想像するだけで頭がさがります。写真沢山で読み応えたっぷりの遍路日記。そして、あちこち見られるので楽しみです。
れいこ | URL | 2007/11/04/Sun 00:22[EDIT]
はじまりましたね~
峠3兄弟は、また次回のお遍路のために、お楽しみでとっておきましょうね^^
私たちも、先代はなと一緒のお遍路では、後半ずっと、はなの専用台車に乗せて、ゴロゴロ転がしていたので、ほとんど国道沿いの道を行きました。
ですから、二代目はなと一緒の歩き遍路では、なるべく本来のお遍路道を歩こうと、計画をたてています。もう通い慣れた道ばかりだけれど、たまに、こういう新鮮な道を歩くと嬉しいものです。新しいことって、ウキウキしますもんね。
はなママ | URL | 2007/11/05/Mon 19:29[EDIT]
国道56号
光さん
国道56号に出て、地図どおり須崎警察署、市役所があったときはホッとしました(笑)
多ノ郷から3km。
春遍路のとき、もう少し頑張れば大善寺さんまで歩けたんですよね。
あのときは須崎に泊まる宿のことが心配で高知まで引き返したのですが、大善寺さんまで来ればよかったなぁなんて思いながら歩いてました。
あのときはあのとき、引き返したことも仕方なかったんですよね。

大善寺さん、随分高いところにありますよね。
津波のときは避難所になっているのではー?

大善寺の前を通って国道にでると丁度須崎トンネルを迂回するようになってます。
トンネルを一つでも通らないで済んで助かりました(笑)
HAL | URL | 2007/11/05/Mon 21:04[EDIT]
恐怖のケーブルカー!
れいこさん
あ~!れいこさんもあの恐怖の乗り物を見てこられたんですね!
そそー、あの赤い幟旗がいっぱい立っている急坂を登っていくんですよね。
下で見るより山頂であの箱を見たときの方が恐いですよ!

オムスビ屋さん、そうです!土佐久礼の先、左にあったあのお店です。
早朝からご飯を炊いてアツアツのおにぎり、玉子焼きがあるんですよ。
パックにオムスビと玉子焼きが入ってて。

オムスビも具の種類がいろいろあって、とっても嬉しい店ですよね。
れいこさんも寄られてオムスビ買ったんですか?
HAL | URL | 2007/11/05/Mon 21:34[EDIT]
峠3兄弟
はなママさん
うふふ~。。峠3兄弟。。。一つパスしましたが二つは峠越えしたんですよ。
国道を行きなさい。の言葉でかなりビビッてました。。。

国道が距離が短い時もあるし、地図に載ってる本来の遍路道の方が近いときもありますよね。
山道のとき、国道や県道だと道路は整備されてるけどそれは車にとっての整備された道で歩きの場合、遠回りだったり車が直ぐ側をビュンビュン走ったりトンネルだったり。
本来の遍路道、国道を歩くより距離が短い場合もあるし。
HAL | URL | 2007/11/05/Mon 21:52[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。