アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9日目-4・35番 清瀧寺から喜久屋
4月7日。

35番 清瀧寺(出)PM12:55→喜久屋さん(着)PM2:40


    35番清瀧寺→喜久屋

      3.7km。1時間45分。



PM12:55。35番 清瀧寺仁王門。
PM12:55

PM12:56。
PM12:56

PM1:00。
PM1:00

PM1:10。
PM1:10

PM2:05。国道56号。
「四万十市97km。須崎20km。」標識。
PM2:05

PM2:10。
たこ焼き屋さんの笑顔の可愛いママさん。
PM2:10 たこ焼き屋さん

香南町野市のイケメンお遍路さん、武内さん34才。
イケメンお遍路さん

12時55分、清滝寺から来た道を引き返す。。
山道を降り集落に入ると雨は小降りになってきた。
田圃道を通り農家の庭先の道を抜け、細い道を曲がってるうちにいつの間にか見覚えのない道に入っていた。
またどこかで道を間違えたようだ。
喜久屋さんから持ってきた地図を逆さにして照らし合わせる。
通ってきた道、逆戻りになると目印にしていた電柱や畑が反対になる。

遠くに車が走っているのが見える。
国道56号のはず、その方向へ行けばいい。
集落を抜け、畑の脇を通って行くとようやく目印の神社に出た。
神社から右に曲がるとその先に国道56号が見えた。
国道から右に入った道とは違っていたし、親切なタクシー会社にはとうとうたどり着けなかった。
国道に出ると遠くにドラッグストアの看板が見える。
私はやっぱり方向音痴…その以前の問題のようだ。。。

雨は上がり、薄日が差してきた。
道路を渡りドラッグストアの方向へ向かって歩いていると、たこ焼き屋さん。
「お持ち帰りできます。」表に張紙。
小腹が空いた。持ち帰りにして宿で食べようか。
お店の中へ入ると、美人ママさんの元気な声。
「いらっしゃいませ!あ~、お疲れさまでした。中で食べますか?」
持ち帰りでお願いします。
「は~い。こちらでお掛けしてお待ちください。一人前で良いですね?」
イスを勧められ、冷たいお水を戴いた。
お店の中、テーブル席にサラリーマンさんがたこ焼きを食べながらテレビを見ている。
カウンターの前のイスに座り、奥の方に目をやると藤棚の下にもテーブルとイスがある。
ここで食べていこう。
すみません、持ち帰りを止めてあちらで食べてもいいですか?
「どうぞ。たこ焼きとお水そちらへお持ちします~。マヨネーズ掛けますか?」
あ~、私、自分で持っていきます。マヨネーズ掛けてください。
入ってきた入り口とは別に藤棚の下の方にも出入り口があった。

イケメンのお遍路さんがたこ焼きを食べていた。
こんにちわ。
「こんにちわ。お疲れさまでした。」
35番はこれからですか?
「これからなんですよ。今日はどちらまでですか?」
喜久屋さんです。今日はここまでなんです。
「雨で大変だったでしょう。オレ地元なんですよ。どちらですか?」
新潟です。
「え~!ホントですかぁ。オレの親が昨日から新潟へ行ってるんですよ。ツノダヤマって知ってますか?雪割草、カタクリの花が有名だそうなんですね。山野草ツアーで新潟へ行ってるんですよ。」
ツノダヤマ?あ~角田山(かくだやま)ですね。雪割草やカタクリの花を見に新潟へですか!?
たこ焼き屋さんに寄らなければ、出会えなかった偶然。
新潟から四国へ来てる私が、ご両親が四国から新潟へ行ってるお遍路さんに出会う。こんな偶然もあるんだね。

「オレ、この前まで新潟の隣、群馬にいたんですよ。スキーで十日町や上越に何度も行きましたよ。勤めていた会社を辞めてこっちに帰ってきたけど仕事は未だないし、この際だから野宿しながらお遍路に回っているんです。通しですか?」
群馬におられたんですかー。。お隣でしたね。私はスキーは出来ないから十日町は行ったことはないんです。新潟市内に住んでます。角田山は市内から車で40分くらいかな。
晴れていたら、山頂から日本海や越後平野が綺麗に見えますよ。
昨年秋から区切りで回っているんです。明日、36番を打って須崎まで行き、それから大阪へ出て帰ります。
「新潟はスキーや泳ぎに何度も遊びに行ってるけど市内までは未だ行ったことはないんですよ。日本海は綺麗ですよね、魚も旨かったしいい酒もある。」
今度は新潟市内へもいらしてください。見るところもない田舎ですけど。
「いや~、新潟は大きな街でしょう。こっちはもっと田舎ですよ。」
須崎は大きな町でしょう?駅前のホテルに泊まろうと思ってるんですが予約は早めにした方がいいのかなー?
「須崎ですか?駅前へ行ってもホテルなんかないですよ。ちっとも大きな町なんかじゃないし、ここと変わらないくらいの街並みですよ。」
え~!ホテルはないんですか?!須崎は地図にも大きく載ってるし大きな街じゃないんですか?
「高速道路が通ってICがあるから大きく載ってるだけですよ。国道56沿いへ出れば宿があるけど須崎より多ノ郷の方にホテルがありますよ。」
あれれ。。須崎駅まで行くつもりだけど駅前にホテルがないと聞いて不安になってきた。
「そろそろ行きます。それじゃ、気をつけて。あ~、お札を交換して頂けますか。」
感じのいい好青年、イケメンお遍路さんとお札を交換してもらった。
お兄さんもお気をつけて。

たこ焼き、¥450-。
ご馳走さまでした。お金を支払い美人ママさんに写真をお願いすると、
「わぁ~嬉しい~。写真撮ってくれるんですか。それじゃここでお願いします~。」
イケメンお遍路さんが座っていたイス、藤の花の下で笑ってくれた。
ありがとうございました。たこ焼き美味しかったです。

美人ママさん、イケメンお遍路さんに出会え、清瀧寺の納経所での少し嫌な気分が吹き飛んでいた。
喜久屋さんに戻る途中、のりこさんを思い出し携帯を鳴らすが繋がらない。
宿に戻ってから電話しょう。
喜久屋さんへの曲がり角、飼い主さんとイエローラブワン散歩中。
イエローラブワン、自分でリードを咥えて歩いてる。
とってもお利口なワンコさん、頭を撫でると尻尾をブンブン振ってくれた。

2時40分、喜久屋さんに戻った。




Comment

 秘密にする

ご無沙汰しております。
イケメンだなんて・・・。恐れ入ります。
あのたこ焼き屋でお会いする前に清滝寺でそんなことがあったんですか。
納経所の方も親切でおっしゃているんでしょうが、”物も言いようで・・・”ですよね。
あれから私は何度か区切りながら、今は足摺まで20Km の地点です。また近いうちに行ってこようかな・・・。
また見に来ますね。
武内 | URL | 2007/07/17/Tue 16:32[EDIT]
わぁ~!武内さんだぁ!!
武内さん~!お久しぶりです!!
たこ焼き屋さんではお声を掛けてくださってありがとうございました。
とっても素敵なお遍路さん、武内さんのお写真載せちゃいました。
ボカシはいらないとおっしゃってくださいましたのでそのままで。

清瀧寺の納経所であんなことがあったんですよ。。。
ホントに、ものは言い様ですよね。
お寺側でも一人よりも団体さんの方が見入りもいいわけだし。。なんて思ってました。
帰り道には迷ってしまうし、ちょっと凹んでいたんです。
でもその後、あのたこ焼き屋さんに寄って美人ママさんの笑顔と武内さんにお会いできて嫌な気分はどこかへ行っちゃいました。

足摺まで20km手前。以布利辺りでしょうか?
38番を打ったらどのルートで39番延光寺へ向かうんでしょう?
戻りになるのでしょうか?
この秋、須崎から39番への予定なんです。
宇和島まで行きたいと思ってるのですが。。。
私は足が遅いから1日せいぜい25kmまでが限度。
地図を見ながら予定を立ててるこの頃です。

区切りで回っておられるんですね。
いつかどこかでまたお会いできる日を楽しみにしています!
覚えててくださってとっても嬉しいです!!
HAL | URL | 2007/07/18/Wed 21:04[EDIT]
はい。
大岐の浜で、打ち止めてます。前回は38番から39番までは月山神社・宿毛経由の最長コースを行きましたので、今回は別なコースを取ろうかと・・・。足摺周辺は宿の配置が私のペースにいまひとつ合わないのでいろいろと考えています。
時間が許せばこのコースはお勧めします。叶崎黒潮展望台から見る太平洋は雄大で見ごたえがあります。HALさんも是非行ってみてください。(周辺の宿が少ないので準備は慎重になさってください)
あと、柏崎は大変なことになってますね。新潟市内は大丈夫でしたか?
武内 | URL | 2007/07/23/Mon 09:59[EDIT]
大月町
武内さん
中越沖地震の心配してくださってありがとうございました。
おかげさまで市内は被害もなく家も大丈夫です。
地震から1週間経ちました。
被災地では電気は復旧、水道は徐々に回復、ガスの全面復旧のめどはたっていないと今日の朝刊に出ていました。
近くだったらボランティアに駆けつけたいのですが。。。


足摺岬から、月山神社・宿毛経由の最長コース魅力的なんですよね。
へんろみち保存協会さんの地図にも載ってますね。
「叶崎黒崎展望台」
太平洋の空と海、無限の水平線と黒潮の流れに感動する

私は坂東眞佐子さんの大フアンで何度も読んでいる「桃色浄土」は大月町、この辺りが舞台で桃色珊瑚と補陀落渡海をテーマになっているんですよ。
自分の目で足でその場所を歩けたら。。。

喜久屋さんから須崎まで一緒に歩いた、のりこさんがこのコースを行かれたんです。
(のりこさんは通し打ち)
帰られてから、別れた須崎から結願までの行程を送ってくださったんです。

4月13日
38番3km手前、「ペンションサライ」5時過ぎ着。45555歩。疲れた!
設備食事もいいがペンションなので主人夫婦は遍路は歓迎しない様子。
4月14日
6時半出発、足摺岬で少し遊んで西海岸を進む。
気持ちの良い道が続く。
5時20分竜串「民宿とさや」着。444173歩。まぁまぁの宿。
4月15日
7時出発。321号を歩いていたら「とさや」の若主人が延光寺まで車で送ってくれた!歩くのは無謀な行程だと言われた。。。

残念ながら叶崎黒潮展望台、月山神社、大月の海の感想は書かれたませんでした(^_^;)

秋遍路は東側の戻りコースになると思いますが、この次は必ず!!
HAL | URL | 2007/07/23/Mon 21:29[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。