アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9日目-2・種間寺から喜久屋
4月7日。

34番種間寺(出)AM8:40→喜久屋(着)AM11:20


   34番種間寺→喜久屋

     7.5km。2時間40分。



AM9:50。仁淀川(によどがわ)。     
AM9:50 仁淀川

仁淀川大橋。
仁淀川

仁淀川大橋

AM10:00。仁淀川土手沿いの遍路道。
左手の住宅の屋根の間から鯨が見えるところが国道56号。
仁淀川土手道

AM10:20。喫茶店休憩。
喫茶店休憩

AM11:20。喜久屋到着。
AM11:20 喜久屋

納経所で喜久屋さんに電話を入れた。
午後から清滝寺に用があって出かけるが玄関は開けておきますと言われた。

34番種間寺出発8時40分。
小降りだった雨がだん々強くなってきた。

県道279号を西に向かう。
県道から細い遍路道に入る。1時間近く歩くと又肩が痛くなってきた。
休憩場所がない。
ザックの下に手を入れて背負い直す。
肩ベルトをずらしたり位置を変えたりするが左肩の痛みが酷くなってくる。

小さな川の手前に神社があった。
ザックを降ろし軒下にビニールを敷き、休憩。
ビニール雨具を着た若い男のお遍路さんが脇目もふらず神社の前を歩いて行った。

10分休憩し出発。
橋を渡ると遍路標識、右へ曲がると国道56号に出た。

大きな川、仁淀川(によどがわ)。
前方にお遍路さんが二人歩いてる。
橋の上は風が強く、差している傘が煽られていた。
傘を差して歩き難くないかなー?疑問に思いながら見ていた私も菅笠を飛ばされそうなっている。
片手で菅笠を抑えながら橋を渡った。

国道56号、橋から真っ直ぐ進むと四万十市。
遍路標識が右の矢印、橋から右へ曲がり川沿いの土手道を行く。
雨で霞んだ山が見える。山頂が35番清滝寺。

靴の中が濡れ歩く度に靴下がグシュグシュ気持ちの悪い音がする。
前方のお遍路さんの姿が土手から左に降りて見えなくなった。
15分くらい歩くと左への遍路標識。
ドロドロの坂道を転ばないよう杖で支えながら降りていく。
土手から降りると住宅地。クネクネ曲がった細い道を抜けると大きな広い道路に出た。
10分くらい歩くと道路沿いから少し入ったところに広い駐車場と喫茶店があった。
かなり前の方にお遍路さんの姿が見えた。
地図を出せないのでここで休憩し位置の確認をしょう。
10時20分、昼休憩。

ザックの中から靴下を出し、濡れた靴下を履き替えた。
マスターがとっても親切な方だった。
出かけるまで靴に詰めてたら少しは乾くよ、と新聞紙を持って来てくれサンダルを貸してくれた。
濡れたままの靴や靴下を履いていると靴擦れやマメができる。
気遣いがとても嬉しかった。

遍路地図をテーブルに広げると、
「今はここら辺だから清滝寺までは後1時間くらいかなー、この道、国道を真っ直ぐ行くとこの高速道路の手前に右へ入る道がここにあるよ。」
地図の上を指で辿りながら教えてくれた。
今夜の宿、喜久屋さんへ荷物を預けそれから清滝寺に行くと言うと、
「喜久屋さんなら直ぐだよ。三つ目の信号から左に入いると1本道だから。今日は喜久屋さんまでなの?」
清滝寺まで行って今日は喜久屋さんでゆっくりします。

今から35番を打ち、そのまま36番まで歩けそうな気もするが肩の痛みと濡れた靴で足を傷めたくない、それに途中に峠もある。
雨は午後から晴れそうだが無理はしたくなかった。
マスターにどこから来たのかと聞かれたり、いろんなお話を聞かせてもらって気が着くと1時間近くゆっくりしていた。
コーヒーのお代わりとお茶をお接待してくださった。
11時10分出発。
「三つ目の信号、ドラッグストアの看板が見えるだろう。そこから左だよ。」
マスターがドアから出て見送ってくれた。
ありがとうございました。
モーニングサービス。
トーストと温泉卵、サラダ、コーヒー、フルーツゼリー付き¥450-。

三つ目の信号、横断歩道を渡ってドラッグストアから左へ入る。
道の真ん中に川が流れ、歩道に動物や花のモチーフ柄の絵が埋め込まれている小さな商店街。
傘を差したおばさんがお店の前に出てたので喜久屋さんはこの先ですかとお聞きした。
「もう少し先に見えてる点滅信号から次の小路を左に入ると直ぐですよ。雨で大変でしょう。ご苦労様。」と教えてくれた。

教えてもらった小路を入ると直ぐに喜久屋さんの看板が見えた。
向かい側に民宿白石屋旅館。喜久屋さんの隣に酒屋さん。

ガラス戸を開けると土間になっていて右に2階へ行く階段。
左側の板場に荷物を置ける板場があり、紙が乗っていた。

「お遍路さんへ。
35番清滝寺の地図です。荷物はここに置いてお参りしてきてください。」

ザックを降ろし、手書きの地図を1枚戴いた。



Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。