アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日目-4・鯖瀬からみなみ旅館
3月30日。
鯖瀬大福食堂(出)PM1:20→(休)あさかわ駅PM2:49→(休)PM2:52→海陽町・奥浦PM3:49→みなみ旅館(着)PM4:00

 鯖瀬→海陽町みなみ旅館。
  8.1km 2時間40分。

 日和佐から27.7km。休憩時間を入れて9時間20分。





PM1:26。鯖瀬トンネル。長さ98m。
鯖瀬の食堂を1時20分に出発すると直ぐにトンネル。
日和佐から幾つのトンネルがあっただろう。
最初の頃は数えたり写真も撮ってたけど、多過ぎて途中で止めた。
PM1:26 鯖瀬トンネル

PM1:28。大砂トンネル。長さ198m。
鯖瀬トンネルを抜けるとまたトンネル。
長さ198mの大砂トンネルに入った。
このトンネルもそうだけど、歩道がないトンネルばかり。
端に寄って歩いてる直ぐ側を、車がビュンビュン通って行く。
轟音がトンネル中に響き渡る。
PM1:28 大砂トンネル

PM1:34。大砂浜海水浴場。
大砂トンネルを抜けると綺麗な砂浜の海岸が広がっていた。
海水浴シーズンは賑わうのだろう。
55号線を歩いて海を見てきたけど、どの砂浜にも沢山のゴミ、プラスチック類が散乱していた。
ここ大砂浜海岸にはゴミ一つ落ちてなかった。
PM1:34 大砂浜海水浴場

PM1:35。室戸阿南海岸国定公園。
いつも誰かが砂浜のゴミを拾って綺麗にしてくれているんだろうね。
国定公園だから、それは国の仕事?お役人が清掃をしてるかな?
PM1:35 室戸阿南海岸国定公園

PM1:39。へんろ標識。
歩道が右になったり左になったりする。
車を確認しながら右へ行ったり左へ渡ったり。
国道を歩いているのだから、仕方がないのか。
PM1:39 遍路標識

PM1:57。キロポスト。
PM1:44 キロポスト

PM1:57。へんろ小屋第1号の案内。
PM1:57 へんろ小屋 第1号の案内

PM3:06。太田トンネル。長さ94m。
PM2:06 太田トンネル

PM2:49。あさかわ駅。鯖瀬から3.8km。
あさかわ駅で休もうと思ったら道路からかなり入る。
通り沿いに、ベンチの置いてある休憩所(?)があった。
少し汚かくグラグラして今にも壊れそうなベンチだったけど、あるだけまし。
ザックを降ろし、浅く腰掛ける。
靴を脱ぎたいところだが我慢。
PM2:29 あさかわ駅

PM2:52。
2時半頃休んだばかりなのに、休憩所があったのでまたザックを降ろし休憩。
今度は靴を脱いで裸足になった。
PM2:52 

PM3:49。海陽町奥浦。
時速2㌔から1㌔のようなノロノロ歩きになっていた。
PM3:49 海陽町奥浦

PM3:57。
海部川を渡ると狭い町並。
右側に、みなみ旅館の看板があった。
PM3:57 海陽町みなみ旅館


太田トンネルを出た辺りから急にペースが落ちた。
午後からはペースが落ちるのはわかっていたが、急にガクッと来た感じだった。
左足に異変。。。

20キロ、多くて25キロが歩ける限度。
それが午前中、計算していた時間より早く歩けたことに調子付き、飛ばしてきたツケが午後になって出たようだ。

PM3:30頃【みなみ旅館・信号GS→左へ】看板があった。
55号線を左に入る。
鯖大師からここまで、前にも後ろにもお遍路さんの姿は見なかった。
それが急に、前方から歩いてこられるお遍路さん。
逆打ちのお遍路さん?
近づくと、鯖瀬のうどん屋さんにおられた浜松のおじさんに似たあのおじさんだった。
え~。。?どうして、ここにおられるんですか?
変な質問をしてしまった。

「鯖瀬で旧遍路道を教えてもらって、海を見ながら浜辺を歩いたり、ずっと海岸の道を歩いてきたよ。
遠回りなんだろうけど、国道を歩くより気持ちよかったよ。
今夜は、はるる亭と言う宿なんだ。ここ真っ直ぐ行くと国道へ出るんだよね。」
海岸沿いの道があったんですか。。。
遠回りと言ったけど、私より後に出られここですれ違うなんて足が速い。
やっぱり浜松のおじさんに似ている。。。
国道は、ここ真っ直ぐです。
私はこの先、みなみ旅館です。お気をつけて。
「ありがとう。君も気をつけて。明日も頑張って。」

おじさんの顔を見たら、歩く元気が出てきた。
もう少しだ、頑張ろう。

海部川の橋を渡ると、小さな町があった。
細い道を真っ直ぐ行くと右側に「みなみ旅館」の看板が見えた。
みなみ旅館到着4時。

みなみ旅館に入ると玄関に神戸さんのトレッキングシューズがあった。

ごめんください~。声を掛けると奥から女将さんが出てこられた。
お杖を洗って、2階の部屋へ案内してくれた。

お風呂は1階、食事は6時から1階の奥の部屋。

「遅かったね。」
障子を開けた部屋から神戸さんの声が聞こえた。
玄関を入り2階に上がると廊下の前に部屋が4つ。
上がって直ぐの通り側の部屋が神戸さん、その隣が私。隣は空いている。
その隣の障子は閉まって部屋の前にスリッパがあった。

部屋と部屋は襖で仕切られている。
スリッパがある部屋の前を通って右に曲がるとトイレと洗面所。
その先を右に曲がり下へ降りて、お風呂と食事の部屋。
食事の部屋へ入る前に別な玄関がある。
入って来た玄関とは違うもう一つの玄関。どっちが表?

神戸さんは3時頃、みなみ旅館に着いたそうだ。
30分ほど私より先に出発しているのだから、掛かった時間は同じくらいなのかな?
それより、足が痛くてたまらない。
足を引きずって歩く私を見て、
「大丈夫?初日なんだから距離を短くすればよかったのよ。その足じゃ明日、尾崎まで行くのは無理なんじゃない?」

私もそれを心配していた。
明日は尾崎まで行くつもりでいた。
みなみ旅館から尾崎まで32,3km。
この足で歩けるだろうか?

お風呂へ入り、足を揉み解したが痛みは取れない。
足の痛みが取れないと泣きそうな顔している私に女将さんが、
「マッサージイスがあるから掛けてみたら?お金200円要るんだけど。」
玄関前にある旧式のマッサージイスを指差した。
モミモミイスに掛かったけど、大した効き目もなかった。

夕食を下の部屋で戴いて、部屋に戻り浴衣に着替え足中に湿布を貼った。
それでも足りなく、痛く感じるところにタイガーバームを塗りたくった。

神戸さんが、ちょっといい?と部屋に入ってきたけど入るなり、
「わぁ!くさっ!!」タイガーバームの匂いに驚いていた。

「その足じゃ尾崎までは無理だよ。明日はバスで行ったら?予約は未だしてないんでしょう?」
バスか。。。
明日の様子を見て、頑張れるところまで歩いてみます。
いよいよダメだったたバスの手がありますね。
ロッジ尾崎に泊まる予定だったが未だ予約はしていない。
歩けなくなったら、尾崎までバスで行きます。

「バスに乗るなら、尾崎に予約することはないしどうせバスなんだから、24番まで行ったらいいのよ。」
そっか。。。バスでなら尾崎じゃなくそのまま24番まで行って宿坊に泊まる。そうしょうか。。。
「足の具合を見てそうしなさい。私は先があるから明日は早く出るからね。無理をしないで気をつけて行くんだよ。」

肝っ玉母さんのような神戸さんに言われ、少し気が楽になった。
初日から飛ばした自分が悪い。
自分の歩ける限度も考えず、未だ体も足もできていないのに無理をした私がバカだった。
本当に痛い目に遭わないとわからないんだ。
明日、どうかこの足の痛みが取れていますように!
祈りながら眠った。






Comment

 秘密にする

んまぁー!足、どうなったんだろう・・・。
次の日は痛みが少しは楽になったんかな。
それにしても、トンネルを歩くのは怖いね。
車がビュンビュン走っているでしょう。
そういう音とか、空気でも、疲れってくるよ。
散歩でも、私は山道の方が、国道沿いより楽に感じる。
イブまま | URL | 2007/04/28/Sat 12:35[EDIT]
壊れた。。。
イブままさん
足が壊れた。。。(-_-;)
股関節を傷めたんです。
足を痛めたら、本当に一歩も歩けないんだよ。。。

トンネルは恐い!
未だ晴れてた日だから良かったけど、雨の日なんて最悪。
雨具が風に煽られて、車に引っ掛かり事故に巻き込まれることあるそうです。
歩いている直ぐ脇を轟音を上げながらビュンビュン車が走って行くのは本当に恐い。
歩道があっても直ぐ側を車だからね。
トンネル、山越え、アスファルト道は遍路泣かせ。

歩くには土の道、山道の方が足には優しいけど、疲れてくると、100mでも近い道ってなるの。
排気ガスを吸いながら、車の走る国道なんか歩きたくないけどわずかな距離でも近い道ってなるんですよ。。。(-_-;)
HAL | URL | 2007/04/29/Sun 16:18[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。