アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日目-1・日和佐から牟岐警察署前
3月30日。
千羽ホテル(出)AM6:40→(休)日和佐トンネルAM7:32→(休)AM8:30→(休)AM9:30→小松大師AM9:46→牟岐警察署前(着)AM10:40

23番薬王寺→牟岐警察署前。
  15.2km 4時間




5時20分にセットした目覚ましが鳴る前に、雨の音で目が覚めた。
時計を見ると4時40分。
雨。。。
昨年の焼山寺の山越えのときで雨は懲りている。
雨具は登山用品で買い、ザックに入れてあるが使わないで済むならそれにこしたことはない。
テレビを着け、天気予報がやってないか探した。

四国の天気予報が出た。
徳島日和佐地方、朝方まで雨、のち晴れ。
起きて着替え、トイレ。
カーテンを開け窓の外を見ると昨夜夕食のときに一緒だった、先達おじさんが屈伸運動しながらタバコを吸っていた。
おはようございます~。雨、止みそうですか?
窓を開け、声を掛けると手を振りながら、
「空が明るくなっている、雨はすぐ止むよ。大丈夫だ。」
良かった~。
先達おじさん、6時に出発するって夕食のとき言ってた。
「早いですね。朝ごはんは済んだんですか?」
「おにぎりを作ってもらった。6時に出るよ。」
タバコを吸ったら出発のようだ。
鯖大師に何時頃着きますか~?
「サバには10時頃着くよ。先に行って待ってるよ~。」

23番から鯖大師まで、20㌔。
4時間で歩くんですかぁ!そんな足の早い先達おじさんに、待っててもらったら困ります。
お先に行ってください!

昨夜、薬王寺にお参りしホテルへ戻ると夕食ですと言われた。
部屋へ戻らず、そのまま広い食堂へ行くと2人連れの男の人が向かいのテーブル。
入り口の方のテーブルの端と端に一人づつの男の人が座り、真ん中が私の席だった。
男の人たちは、それぞれビールやお酒を飲みながら食事を始めていた。

ちょこんと頭を下げ、席に着くとおばさんに何か飲みますか?と聞かれた。
お腹が空いてて、ご飯お願いします、と頼んだ。
お刺身、天ぷら、陶板焼き、茶碗蒸し、漬物。。。後何だったっけ。。。?
普通の和定食のような食事だったかな。

2人連れの男の人は車で回っているお遍路さん、左隣のおじさんは、出張で四国に来ているそうだ。
右隣のおじさん(先達おじさん)と車遍路のおじさんたちが、いろいろ話をしている。

左隣のおじさん(サラリーマンさん)に聞かれた。
「あんたもお遍路で回っているの?一人で?どこから来たの?」

はぁ。。。新潟からです。

先達おじさんが興味を示し、隣から話に加わった。
「新潟からとは遠いね。通しかね?」
いえ。区切りです。
「何番まで?何日で回るんだね?1週間くらいかね?」
行けるところまで頑張ります。12日間で36番迄って思っているのですが。。。
「12日も掛けたら、岩本寺まで行けるさ。四万十辺りまで行けるんじゃないかね。」
およよー。。。
まさか、そんなに歩けませんよ…(-_-;)
「今日、一緒に歩いてきた女の人は薬王寺会館に泊まってるけど、明日は宍食まで行くって言ってたよ。明日の宿は取っているのかね?」
宿は取ってません。
鯖大師に泊まりたかったんですが、ダメそうなのでその辺りの宿にって思ってます。
明日、歩いてから決めます。宍食までは絶対に歩けません。
「鯖大師まで20キロだろう。午前中に着けるよ。海陽町か宍食辺りまでみんな歩くよ。一緒に歩いてやろうか?」
私は揺る足だから、一人でゆっくり歩きます。。。
丁寧にお断りした。私は一人旅します。

サラリーマンさん、ビールを飲みながら小さいな声で言っていた。
「オレは遍路は全々わからん。
興味もないし、まぁ定年になったら遍路もいいかもしれないが、未だ々やることが沢山あるよ。」

先達おじさん、
毎年歩いて回っておられるけど、奥様にガンが見つかり入院手術、その看病で昨年は遍路に来れなかった。
ガンの手術も成功し無事退院したので、何日か前からお礼参りに1番から回って来られたそうだ。
連れになった人は薬王寺会館に泊まっているようだ。
毎年回っておられるベテランお遍路さん。
一緒に回ってやろうか?と言われたので、先達おじさんと呼ぶことにした。

その先達おじさん、朝6時に出発と言ってた。
窓からお気をつけてと見送り、私も支度をした。
朝食、6時半にお願いしていた。
荷物を持って、下へ降り1階の食堂へ。
フロントで清算をし、朝食。

千羽ホテル。
和風旅館のホテル版のような感じ。
1階に温泉の大浴場がある。
地元の人も、お風呂だけ入りに来るそうだ。
部屋は和室で、トイレ、洗面所が付いている。
料金、1泊2食付 ¥8,400-。

ご飯、味噌汁、漬物、生卵、ノリ、焼き魚の朝食を済ませ出発。
生卵はパス。

AM6:40。
瑜祇塔をバックにホテルの人が撮ってくれました。
AM6:40 千羽ホテル前

AM6:45。日和佐駅前。
国道55号を南下、室戸へ向かいます。
AM6:45 R55 日和佐駅前

振り返ると、薬王寺の瑜祇塔、千羽ホテルが見えました。
R55 室戸へ出発

AM7:08。奥潟トンネル。
23番から最初のトンネル。
AM7:08 奥潟トンネル

AM7:32。長さ690mの日和佐トンネル。
23番から、4.1㌔。
AM7:32 日和佐トンネル

歩道があるけど、車が通る度ゴォーゴォー!もの凄い轟音。
日和佐トンネル

AM7:53。山河内トンネル。
日和佐トンネルから1.7㌔。
AM7:53 山河内トンネル

AM8:30。最初の休憩。
休憩場所を探してたら開店前の喫茶店があったので、外の板場で休ませて貰った。
ありがとうございました。
AM8:30 休憩

AM8:46。日和佐のシンボル、うみがめマーク。
AM8:46 うみがめマーク

AM8:47。
美波町(旧日和佐町)とお別れ、牟岐町へ入りました。
AM8:47 牟岐町

AM9:30。へがわの自販機休憩所。
23番から、11㌔。
AM9:30 休憩

AM9:46。小松大師。
23番から、11.9㌔。
AM9:46 小松大師

AM10:20。
キロポスト、距離標です。
AM10:20 キロポスト(距離標)

AM10:40。牟岐警察署。
23番から15.5㌔。
ホテル出発から4時間、牟岐警察署に着きました。
予定では5時間半でしたが、1時間半も早かった。
AM10:40 牟岐警察署

距離は地図によって数字が違います。
載せてる距離は私の使った地図の距離です。
(へんろみち保存協力会、四国八十八ヶ所詳細地図を参照してます。)






Comment

 秘密にする

はじまりましたね
こんにちは
春遍路の日記がアップされましたね。
楽しみです。
懐かしい風景、なつかしい地名。
やっぱり、また行きたくなります。
みずぞう | URL | 2007/04/26/Thu 21:47[EDIT]
ご挨拶が。。。
みずぞうさん
お世話になりながらご挨拶にもお伺いせず本当にごめんなさいm(__)m

おかげさまで無事36番青龍寺まで打ち終え、須崎まで歩いて来ました!
歩き始めの初日、足の調子がとてもよかったんです。
後のことも考えず飛ばし過ぎ、やっぱりきました。。。

今回、マメは全々できなかったし筋肉痛も4,5日で慣れました。
体、足が出来上がる頃に帰らなければいけない区切り打ち。
また一からやり直しなのが辛いですね。

秋は須崎から岩本寺、足摺とまた長丁場。
みずぞうさんの行程また参考にさせてください。
土佐は修行の地と言うだけありますね。

写真を見ていると懐かしいでしょうね。
また行きたくなるお気持ち、とてもよくわかります。
今こうしていても、秋遍路が待ち遠しくてしかたありません。
HAL | URL | 2007/04/27/Fri 13:37[EDIT]
前回より、なんだか慣れてる!って気がします。
どうしよ~、なんてオロオロしていたHALさんが、成長してる!!
お遍路成長記録やね~(^^)
一人でお遍路姿、朝日をあびて清清しい。
妙に感動してジーンときました。(*O*)
イブまま | URL | 2007/04/28/Sat 12:19[EDIT]
ハイ状態
イブままさん
歩き始めのあの日、朝からハイ状態だった。
足も軽かったし、どこまでも歩いて行けそうな気分だった。
朝の時間が歩けるのはわかっていたけど、高ぶった気分で足がどん々先に進んだんですよ。
国道を真っ直ぐだったから道に迷う心配もなかったし。

後から歩いてくるお遍路さんに追いつかれるのが、嫌でむきになって歩いてた。
競争しているわけじゃないのにバカだったんだよね。。。
HAL | URL | 2007/04/29/Sun 16:05[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。