アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月4日 21番から龍山荘
PM1:00
21番の山門を後に、龍山荘を目指し下山。

PM1:12
なだらかな坂道を下りてて行く、Kさんの後姿。
PM13:12

山の中の遍路道をしばらく歩くと駐車場があった。
麓からロープウェーで21番へ行けるし、遠回りになるので利用する人は少ない。
ロープウェーを使わず、ここから21番へ上る車利用のお遍路さんや地元の人が使っているようだ。
駐車場を通り過ぎ、又山道を下る。

休憩なしで1時間近く歩くと、山林の間からそれらしい建物が見えてきた。
PM2:08
太龍荘。
PM14:08

PM2:10
太龍荘到着。
人には慣れているのか、吠えもしないで大きなワンコが寝そべったまま、顔を上げた。
PM14:10

PM2:15
龍山荘、玄関。
龍山荘

2階の部屋から外のワンコに口笛を吹いたら、どこにいるのかわからず寝そべったままキョロキョロしていた。
PM14:25

PM3:00
道路側の窓から通ってきた道が見渡せた。
PM3:00

PM6:00
同じ風景の違う時間。
PM6:00

休憩なしで宿まで歩いた。
PM2:00頃へ龍山荘到着。
お杖を表で洗い、誰かいないかとウロチョロしてたけど人気がない。
早く休みたかったので玄関で、ごめんくださーい、とKさんが大きな声を掛けた。
しばらくして、奥から優しげなご主人が顔を出してくれた。
どうやら早く着き過ぎたようだ^_^;
「お風呂はこれから沸かすから、4時頃になるよ。取りあえず部屋で休んで。」
お風呂が沸いたら知らせてくれると言って、2階の部屋へ案内してくれた。
Kさんと隣同士の部屋。

ザックから着替えを出し、荷物の整理。
白衣を壁のハンガーに掛け携帯を見ると圏外。

カメラの電池を充電し、メモを書いているうちに睡魔が襲ってきた。
押入れから布団を出し、テーブルを脇にどけ、部屋の真ん中に布団を敷いて横になった。

テレビを着けたまま、いつの間にか眠っていた。
「お風呂が沸いたよ。」
部屋がノックされ、声を掛けられ飛び起きた。
時計を見ると4時20分だった。
3時頃から4時過ぎまで爆睡だった。

着替えを持って部屋を出て、Kさんに声を掛ける。
うーん、と大きく背伸びしながら出てきたKさんとお風呂へ。
「よく寝たわ~、あれからすぐ寝ちゃったよ。」
Kさんも部屋に入ると布団を敷いて眠ったそうだ。

お風呂に入っていると、女の人が入ってきた。
私達が下山するとき、21番の山門に到着した人。
4時頃に宿に着いたそうだ。

お風呂から上がって、着替えていると中から、わぁ~、とかきゃぁ。。と言っている声が聞こえた。
Kさんと顔を見合わせ、戸を開けると彼女が
「メガネを落としたんです。どこかにありませんかぁ。。。」と裸で探している。
お風呂場は湯煙で曇ってメガネが見当たらない。
3人でよつんばになって探し、ようやく隅っこに落ちてたメガネが見つかった^_^;
メガネが見つかり、お風呂場で自己紹介。
一人旅の東京からのMさん。

夕食は6時半から。
Mさんと21番からMさんと一緒だったおじさん、Kさん、私の一緒の食事。
見覚えのあるおじさん、金子やさんで一緒だったんだ。
向かいにバス遍路の団体さん10人。

Mさんも通し打ち。
明日は23番まで行けるだろうかと食事をしながら相談。
Mさんが、こういうときは宿のご主人に教えてもらうのが一番。
後で相談に乗ってもらおう。ということになった。

私たちの食事が済んで、団体さんの食事を出し終え、一区切りついた頃を見計らってご主人とロビーへ。

太龍荘から22番まで約12km。
22番から23番まで約21km。
私は23番の手前、田井ノ浜へ行き、ここで一泊するつもりだった。
田井ノ浜は、はなママさんに薦められ行きたかったところ。
22番から田井ノ浜まで約13km。
23kmくらいなら、なんとか歩けるだろう。

ところが、太龍荘のご主人の話では、今頃の田井ノ浜は夏ならともかく今頃は何もない、23番へ行くにも随分遠回り、と言われた。

12kmと言うのは21番からの距離で太龍荘迄来ているのだから、ここから22番までは7kmから8km。
途中にバス停もあるし、歩けなくなったらタクシーを呼んで23番まで行った方が良い。
宿は薬王寺会館がいいよ。

ご主人の話で決まった。
圏外で携帯は通じないので、公衆電話から薬王寺会館へ電話。
予約が一杯で、3人一緒の部屋ならあると言われた。
3人一緒で私は構わない。KさんもMさんも、頷いた。
薬王寺会館に夕食の都合があるので5時迄に到着してくれと言われた。
おじさんは宿坊は嫌だからホテルがいいと、他の宿をご主人に聞いていた。

田井ノ浜は諦めた。
歩けなくなったり間に合わなければ、バスかタクシー。
明日の朝食を6時にお願いして6時半出発。

公衆電話から本家に連絡。
1日メールも電話もないので心配していた。

早めに宿に着き、食事もお風呂も頂きました。
明日が早いので、寝ます。

明日は1日、雨予報。
少しの雨ならしょうがないけど、土砂降りにだけはならないことを祈って布団に入った。

金子や出発AM6:30→20番駐車場到着AM7:50
金子やから20番 3.8km 1時間30分(予定)1時間20分(実時間)
20番出発AM8:30→21番到着AM11:30
20番から21番 6.7km 3時間(予定)→3時間(実時間)
21番出発PM1:00→龍山荘到着PM2:15
21番から龍山荘 3.9km 1時間30分(予定)→1時間15分(実時間)

歩いた距離 14.4km

Comment

 秘密にする

お楽しみはまた今度
ふふふ、ほんと田井ノ浜、ただただ浜なんですもの。なにもないわね~。でも、私たちは、お四国の南半分、空海さんのお名前の通り「空」と「海」しかない風景が大好き。昔むかしのお遍路さんの歩いた道のりを感じさせてくれる気がするんです。
また、この次のお楽しみにとっておきましょう♪
これも弘法大師さまの思し召しかも知れませんものね。
はなママ | URL | 2007/01/23/Tue 21:26[EDIT]
田井ノ浜
行きたかったんですよね。。
またいつか行けますね!

>これも弘法大師さまの思し召しかも知れませんものね。

行きたかったところへ行けなかったのは、次があると教えてくださっているのでしょうね。
行けなかったから尚、田井ノ浜への思いがつのります。
いつか必ず!
HAL | URL | 2007/01/25/Thu 18:13[EDIT]
Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。