アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月4日 金子やさんから20番
AM6:00朝食。
朝食を済ませKさんと宿の清算をしていると、ご主人がおにぎりの入ったパックをカウンターに並べていた。
「おにぎりが出来ているよ。」
私とKさん、昼食のおにぎりを頼んでおくのを忘れていた。
様子に気付いた東京のお兄さんが、
「オレ、パンとか食べるのは一杯有るからこれあげるよ。」と自分のおにぎりを譲ってくれた。
ありがとうございました。

AM6:30
東京のお兄さん、浜松のおじさん、Nさん、三重のおじさんたちより一足先に朝靄の中、出発。
AM6:30出発

Kさんと自販機で水補給。
ミネラルウォーター、100-。
水補給

3分ほど歩くと、20番への遍路道。
標高570mの山頂にある林寺への道は「一に焼山、二にお鶴、三に大龍」と言われる二番目の難所。
金子やさんから20番まで、約1時間半と言われた。
焼山寺の山越えを思えば大丈夫。
AM6:38林寺遍路道

AM6:50
昇ってきた朝陽にしばし見とれ、立ち止まる。
AM6:50

連なった山々の美しい風景が広がっていた。
遍路道

石垣のようなところに荷物を置き、5分休憩。
後から出発してきた浜松のおじさんが、スタスタと追い越して行った。
AM6:53休憩

AM6:58
先に行ったKさん、浜松のおじさんの姿は見えなくなった。
AM6:58

AM7:05
鬱蒼とした山の中、また上り坂。
AM7:05

水呑大師。
木のベンチがあったので荷物を降ろし、小休憩。
水呑大師

AM7:10
見ただけで、うんざりする石の階段。
AM7:10

AM7:13
杉木立の遍路道。
遠くで聞こえる、お鈴の音を頼りにひたすら登る。
AM7:13

AM7:15
汗で背中がビッショリ。
急な丸太の階段がどこまでも続いている。
AM7:15

AM7:27
歩き始めて約1時間、車道と合流し又遍路道に入る。
お遍路さんを乗せたマイクロバスが通って行った。
春に車で通った道なんだ。
AM7:27

駐車場まで後もう少し。
AM7:48

遍路道を昇りきると車道に出た。
20番山門を見ながらベンチに座り、Kさんが待っていてくれた。

金子や出発AM6:30→20番駐車場到着AM7:50
金子やから20番 3.8km 1時間30分(予定)1時間20分(実時間)

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。