アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日目-1・みなみ旅館から東洋町役場前
3月31日。
みなみ旅館(出)AM6:30→(休)AM7:40→宍喰道の駅AM8:05→AM8:19宍喰大橋→AM8:30水床トンネル→AM9:30甲浦港→AM10:12甲浦トンネル→AM11:30東洋町役場前

 みなみ旅館→東洋町役場前。
  12.2km 5時間。



朝食を6時にお願いしてた。
洗面、トイレを済ませ着替え。
緩々と昨夜の食事の部屋へ降りて行くと神戸さんが食事を始めていた。

「痛みはどう?」神戸さんが心配してくれた。
痛い痛い、と言うのも大人気ない。

少し痛みが取れました。引きつった笑いでごまかした。

女将さんがお接待です、お昼にどうぞ。とおにぎり2個づつ入ったパックを神戸さんと私のテーブルに置いてくれた。

「先に行くけど、無理しないでね。」

食事を済ませ、おにぎりパックを持って、神戸さんが先に出発。

AM6:30。
みなみ旅館出発。
女将さんが表まで見送ってくれた。
「真っ直ぐ行って、T字路右へ行くと国道に出るから。国道に出たら左ね。」
T字路で振り向くと、女将さんが表で見送ってくれていた。

お世話になりました。
おにぎり、ありがとうございました。

みなみ旅館。
料金、1泊2食付。¥6,500-。

AM6:30。みなみ旅館前。
AM6:30 みなみ旅館

AM6:42。
国道へ出て、左に曲がりしばらく歩くと遊佐NASAふれあいの宿の看板があった。
AM6:42 遊佐NASAふれあいの宿

四国のみち

AM7:30。
AM7:30

AM7:40。
コンビニ表のベンチで休憩。
AM7:40

AM7:53。
昨日のおじさんが泊まった、はるる亭。
AM7:53 はるる亭

AM8:08。宍喰川。
手前に宍喰道の駅の看板が出ていた。
AM8:08 宍喰

AM8:19。宍喰大橋。
AM8:19 宍喰大橋

AM8:30。水床トンネル。
みなみ旅館から7.2km。
AM8:30 水床トンネル

AM9:00。甲浦。
AM9:00 甲浦

現在地地図。甲浦港。
AM9:30

AM9:40。白浜海水浴場。
AM9:40

AM10:12。甲浦トンネル。
水床トンネルから3km。
AM10:12 甲浦トンネル

AM10:26。生見。
AM10:26 生見海岸

AM11:30。東洋町役場前バス停。
甲浦トンネルから2km。
AM11:30 東洋町役場前


みなみ旅館を出てしばらくは足を気にしないで歩けた。
痛みの出ないうちにどこまで行けるだろう。
朝の冷たい空気は気が引き締まりシャッキトする。痛みなどに負けるものか。

1時間ほど歩くとコンビニがあった。
表のベンチにザックを降ろし休ませて貰う。
ザックのベルトが肩に当たるところが痛い。
丁度1時間くらい歩くと肩の痛みが我慢できなくなってくる。

靴を脱いで、休んでいると歩いてくる女のお遍路さん。
昨日、NASAふれあいの宿に泊まった人だ。
休んでいる私に気づき、「おはよー。お先に。」手を振って歩いて行った。
10分休憩。

休憩から10分ほど歩くと「はるる亭」の看板があった。
昨日会ったおじさんが泊まると言っていた宿。
あの時間から、ここまで歩いたんだ。
会ったあの場所から7,8キロはあるはず。
この時間、宍喰の先まで行っているだろう。

8時頃、宍喰道の駅の看板があった。
宍喰の町に入り、道路脇にお城のような建物があった。
「ホテルリビエラししくい」結婚式場にもなっているようだ。

宍喰橋を渡り県境の水床トンネル。
ようやく徳島県から高知県に入った。
宿から7.2km、2時間掛かった。

手を真っ直ぐ脇に添って下に降ろた腰骨の少し下、足の付け根の外側がズボンの上から触っても腫れて熱くなっていのがわかる。
股関節を傷めたようだ。
朝、宿を出る前にこの痛い部分に湿布を貼り、外側の太股から膝に掛けてテーピングをしていた。
手を当てて、左足を引きずって歩いていた。
休む場所もない。少し歩いては立ち休憩を繰り返していた。

生見の町に入ると自販機休憩所があった。
自販機の前にタバコを吸ったり何か飲みながらウエットスーツのサーファーたちが楽しそうに集っていた。
離れたイスにザックを降ろし、座り込む。
おじさんお遍路さんが、直ぐ後から休憩所に入ってきた。

「足、酷いようですね。大丈夫ですか?後ろから歩いてましたがこれは酷いと思ってました。ここまでよく歩けましたね。」
おじさんはザックを降ろし、リポDを買って渡しくれた。
ありがとうございます。
股関節の痛みのようです。。。

「どちらまで行かれるんですか?」
尾崎の予定なのですが。。。
「この先、尾崎まで宿はないですよね。その足では無理なんじゃないですか。。。」
そうなのだ。東洋町からまだ20キロも先の尾崎まで宿はない。
ここまで12キロほどの距離に、5時間掛かっている。
このペースで歩いていたら8時間以上掛だろう。
尾崎に着くのは休憩なしで7時過ぎになる。

「ここ東洋町に谷口さんと言う民宿がありますよね。わりと評判のいい宿だから、今から頼んでみたらどうですか?」
東洋町の民宿谷口、南風にマーカーを入れてあった。
しかし、未だ昼前。今から頼んで宿に入れてもらえるのだろうか?

「歩けないようだったら、引き返す決断も大切ですよ。」
おじさんは、それでは気をつけてと歩き出した。
ありがとうございました。おじさんも気をつけて。

先にたむろしていたサーファーたちはいなくり、また別のサーファーたちが飲み物やタバコを吸いに入ってきた。
ここら辺はサーファーが多い。

どう頑張っても、この足で20キロは無理だろう。
気が遠くなるような室戸への道。
ここで宿を取ろう。
足を痛めたからと話せば、早い時間でも休ませてくれるかもしれない。

民宿谷口さんに電話した。
誰も出ない。。。辛抱強く5分近く呼び出したが出なかった。
諦めてザックを背負った。

自販機休憩所から直ぐに民宿谷口の看板があった。
もう一度リダイヤルしてみた。
やっぱり出ない。
ウェットスーツ姿のサーファーが道路を横切ったり車の側で楽しげに話している。
反対側に洒落た造りの南風があった。
南風から直ぐ海に出れる道がある。駐車場に若い女の子と一緒にサーファーがふざけて遊んでいる。
違う世界。。。入って行く勇気がない。
足を引きずり、南風を通り過ぎる。

Yショップがあった。表の駐車場にサーファーの姿。
反対側にバス停があった。
バス停には誰もいない。
誰もいないバス停のベンチにザックを降ろし地図を出した。
谷口さんにもう一度リダイヤル。
やっぱり出ない。

神戸さんの言ってたことを思い出す。
バス。。。
バス停は東洋町役場前。
バスの時間が出ている。1時間に1本。2時間に1本くらいしかない。
11時。。。11時54分。奈半利、安芸方面。
時計を見ると11時半。
バスに乗ろう。

24番の宿坊に電話を入れた。
宿泊のお願いをすると、今夜は満杯と断られた。
地図を見た。24番の下、一番近い宿。
ホテルニュー室戸。
岬観光ホテル。
どっちでもいい、先に載っていたホテルニュー室戸に電話を入れる。

今夜泊まれますか?
「はい、空いております。チェックインは3時からですが。」
東洋町村役場のバス停にいるのですが足を傷め、これからバスでそちらに行きたいのですが。。。
「東洋町役場前ですね。そこからですと12時半頃に着きます。足を傷めているならそれならどうぞいらしてください。岬ホテル前でバスを降りてください。降りたところから直ぐです。お気をつけて。お待ちしております。」

12時少し前、奈半利・安芸行きのバスが来た。







スポンサーサイト

1日目-4・鯖瀬からみなみ旅館
3月30日。
鯖瀬大福食堂(出)PM1:20→(休)あさかわ駅PM2:49→(休)PM2:52→海陽町・奥浦PM3:49→みなみ旅館(着)PM4:00

 鯖瀬→海陽町みなみ旅館。
  8.1km 2時間40分。

 日和佐から27.7km。休憩時間を入れて9時間20分。





PM1:26。鯖瀬トンネル。長さ98m。
鯖瀬の食堂を1時20分に出発すると直ぐにトンネル。
日和佐から幾つのトンネルがあっただろう。
最初の頃は数えたり写真も撮ってたけど、多過ぎて途中で止めた。
PM1:26 鯖瀬トンネル

PM1:28。大砂トンネル。長さ198m。
鯖瀬トンネルを抜けるとまたトンネル。
長さ198mの大砂トンネルに入った。
このトンネルもそうだけど、歩道がないトンネルばかり。
端に寄って歩いてる直ぐ側を、車がビュンビュン通って行く。
轟音がトンネル中に響き渡る。
PM1:28 大砂トンネル

PM1:34。大砂浜海水浴場。
大砂トンネルを抜けると綺麗な砂浜の海岸が広がっていた。
海水浴シーズンは賑わうのだろう。
55号線を歩いて海を見てきたけど、どの砂浜にも沢山のゴミ、プラスチック類が散乱していた。
ここ大砂浜海岸にはゴミ一つ落ちてなかった。
PM1:34 大砂浜海水浴場

PM1:35。室戸阿南海岸国定公園。
いつも誰かが砂浜のゴミを拾って綺麗にしてくれているんだろうね。
国定公園だから、それは国の仕事?お役人が清掃をしてるかな?
PM1:35 室戸阿南海岸国定公園

PM1:39。へんろ標識。
歩道が右になったり左になったりする。
車を確認しながら右へ行ったり左へ渡ったり。
国道を歩いているのだから、仕方がないのか。
PM1:39 遍路標識

PM1:57。キロポスト。
PM1:44 キロポスト

PM1:57。へんろ小屋第1号の案内。
PM1:57 へんろ小屋 第1号の案内

PM3:06。太田トンネル。長さ94m。
PM2:06 太田トンネル

PM2:49。あさかわ駅。鯖瀬から3.8km。
あさかわ駅で休もうと思ったら道路からかなり入る。
通り沿いに、ベンチの置いてある休憩所(?)があった。
少し汚かくグラグラして今にも壊れそうなベンチだったけど、あるだけまし。
ザックを降ろし、浅く腰掛ける。
靴を脱ぎたいところだが我慢。
PM2:29 あさかわ駅

PM2:52。
2時半頃休んだばかりなのに、休憩所があったのでまたザックを降ろし休憩。
今度は靴を脱いで裸足になった。
PM2:52 

PM3:49。海陽町奥浦。
時速2㌔から1㌔のようなノロノロ歩きになっていた。
PM3:49 海陽町奥浦

PM3:57。
海部川を渡ると狭い町並。
右側に、みなみ旅館の看板があった。
PM3:57 海陽町みなみ旅館


太田トンネルを出た辺りから急にペースが落ちた。
午後からはペースが落ちるのはわかっていたが、急にガクッと来た感じだった。
左足に異変。。。

20キロ、多くて25キロが歩ける限度。
それが午前中、計算していた時間より早く歩けたことに調子付き、飛ばしてきたツケが午後になって出たようだ。

PM3:30頃【みなみ旅館・信号GS→左へ】看板があった。
55号線を左に入る。
鯖大師からここまで、前にも後ろにもお遍路さんの姿は見なかった。
それが急に、前方から歩いてこられるお遍路さん。
逆打ちのお遍路さん?
近づくと、鯖瀬のうどん屋さんにおられた浜松のおじさんに似たあのおじさんだった。
え~。。?どうして、ここにおられるんですか?
変な質問をしてしまった。

「鯖瀬で旧遍路道を教えてもらって、海を見ながら浜辺を歩いたり、ずっと海岸の道を歩いてきたよ。
遠回りなんだろうけど、国道を歩くより気持ちよかったよ。
今夜は、はるる亭と言う宿なんだ。ここ真っ直ぐ行くと国道へ出るんだよね。」
海岸沿いの道があったんですか。。。
遠回りと言ったけど、私より後に出られここですれ違うなんて足が速い。
やっぱり浜松のおじさんに似ている。。。
国道は、ここ真っ直ぐです。
私はこの先、みなみ旅館です。お気をつけて。
「ありがとう。君も気をつけて。明日も頑張って。」

おじさんの顔を見たら、歩く元気が出てきた。
もう少しだ、頑張ろう。

海部川の橋を渡ると、小さな町があった。
細い道を真っ直ぐ行くと右側に「みなみ旅館」の看板が見えた。
みなみ旅館到着4時。

みなみ旅館に入ると玄関に神戸さんのトレッキングシューズがあった。

ごめんください~。声を掛けると奥から女将さんが出てこられた。
お杖を洗って、2階の部屋へ案内してくれた。

お風呂は1階、食事は6時から1階の奥の部屋。

「遅かったね。」
障子を開けた部屋から神戸さんの声が聞こえた。
玄関を入り2階に上がると廊下の前に部屋が4つ。
上がって直ぐの通り側の部屋が神戸さん、その隣が私。隣は空いている。
その隣の障子は閉まって部屋の前にスリッパがあった。

部屋と部屋は襖で仕切られている。
スリッパがある部屋の前を通って右に曲がるとトイレと洗面所。
その先を右に曲がり下へ降りて、お風呂と食事の部屋。
食事の部屋へ入る前に別な玄関がある。
入って来た玄関とは違うもう一つの玄関。どっちが表?

神戸さんは3時頃、みなみ旅館に着いたそうだ。
30分ほど私より先に出発しているのだから、掛かった時間は同じくらいなのかな?
それより、足が痛くてたまらない。
足を引きずって歩く私を見て、
「大丈夫?初日なんだから距離を短くすればよかったのよ。その足じゃ明日、尾崎まで行くのは無理なんじゃない?」

私もそれを心配していた。
明日は尾崎まで行くつもりでいた。
みなみ旅館から尾崎まで32,3km。
この足で歩けるだろうか?

お風呂へ入り、足を揉み解したが痛みは取れない。
足の痛みが取れないと泣きそうな顔している私に女将さんが、
「マッサージイスがあるから掛けてみたら?お金200円要るんだけど。」
玄関前にある旧式のマッサージイスを指差した。
モミモミイスに掛かったけど、大した効き目もなかった。

夕食を下の部屋で戴いて、部屋に戻り浴衣に着替え足中に湿布を貼った。
それでも足りなく、痛く感じるところにタイガーバームを塗りたくった。

神戸さんが、ちょっといい?と部屋に入ってきたけど入るなり、
「わぁ!くさっ!!」タイガーバームの匂いに驚いていた。

「その足じゃ尾崎までは無理だよ。明日はバスで行ったら?予約は未だしてないんでしょう?」
バスか。。。
明日の様子を見て、頑張れるところまで歩いてみます。
いよいよダメだったたバスの手がありますね。
ロッジ尾崎に泊まる予定だったが未だ予約はしていない。
歩けなくなったら、尾崎までバスで行きます。

「バスに乗るなら、尾崎に予約することはないしどうせバスなんだから、24番まで行ったらいいのよ。」
そっか。。。バスでなら尾崎じゃなくそのまま24番まで行って宿坊に泊まる。そうしょうか。。。
「足の具合を見てそうしなさい。私は先があるから明日は早く出るからね。無理をしないで気をつけて行くんだよ。」

肝っ玉母さんのような神戸さんに言われ、少し気が楽になった。
初日から飛ばした自分が悪い。
自分の歩ける限度も考えず、未だ体も足もできていないのに無理をした私がバカだった。
本当に痛い目に遭わないとわからないんだ。
明日、どうかこの足の痛みが取れていますように!
祈りながら眠った。






1日目-3・昼休憩と番外鯖大師
3月30日。
鯖瀬(着)PM12:00→昼休憩PM12:40→番外鯖大師PM12:52→PM1:16鯖瀬大福食堂さん




PM12:00。鯖瀬駅前の鯖瀬大福食堂。
丁度昼時、お遍路さんたちが食事をしたり休憩をしていた。
「おーい。遅かったね。」
先達おじさんが声を掛けてくれた。
先達おじさん

鯖瀬名物、さばせ大福も食べたかったが冷やしうどんを注文。
小上がりに上がらせてもらった。
靴を脱ぎ裸足になって足を伸ばした。
トイレの心配がないから、冷たいお水を何杯もお代わりした。

PM12:40。
ゆっくり休んで、鯖大師へお参り。
食堂の前の国道を横切り、向かい側へ渡る。
PM12;40

PM12:52。番外鯖大師。
PM12:52 番外鯖大師

PM1:03。鯖大師本堂。
PM1:03 鯖大師本堂

鐘楼、大師堂。
鯖大師 鐘楼と境内

右、納経所。
鯖大師納経所

PM1:16。
参拝、納経を済ませ食堂へ戻った。
PM1:16


鯖瀬駅前の食堂に入ると、先達おじさんがくつろいでいた。
何時頃着いたんですか?
「11時前に着いたよ。昼飯を食べて、1時間も待ってたよ。」
笑いながら言った。

昼食を食べながらお遍路さんたちは情報交換をしたり、地図を開き距離計算をしながら先達おじさんにいろいろ質問していた。

神戸さんと私は靴を脱ぎ裸足になって小上がりに上がらせてもらい足を伸ばした。
神戸さんは熱いうどん。私は冷やしうどんを注文し冷たいお水を何杯もお代わりした。

冷やしうどん、¥420-支払いを済ませ、ザックから納経帖とロウソクお線香を出し、参拝カバンに入れ鯖大師へ。
ザックはお店に置かせてもらった。
背負うザックがないだけで体が軽くなる。

お店を出るとき先達おじさん、
「さぁそろそろ行くよ。」
宍食まで歩くと言ってた人と、もう一人の人に声を掛け出発。
気をつけて。
声を掛けると、
「サバへ行くのかね?泊まるんじゃないだろう?宿は決めたのかね?」
鯖大師は行きたかったし宿も決めた。
海陽町のみなみ旅館に予約を入れました。
そうか、そうかと頷いて二人のお遍路さんを連れて出発された。

他のお遍路さんたちも、そろそろ出発。
神戸さんに待っていないでお先に出発してくださいと声を掛けると、宿に向かうだけだからもう少し休んでから先に行くよと手を振ってくれた。

鯖大師の納経所で、唐辛子の形をした布で作った「魔除け・厄除け」の飾りがあった。
模様が全部違う布で唐辛子の形が可愛かった。1個、¥1,000-。
家と本家、二つ買ったら開運護符だを戴いた。
鯖大師の参拝を済ませお店に戻ると、お遍路さんたちは誰もいなかった。
私も行かなくちゃ。
ご馳走様でした。荷物ありがとうございました。

納経帖、ロウソク線香をザックに入れ直し、よっこらっしょと背負っていると、鯖大師で会ったおじさんがお店に入ってこられた。
これから休憩のようで荷物を降ろしなが”さばせ大福”を注文した。
おじさんに、お先にと声を掛け出発。
おじさんも、気をつけて。と言ってくれた。

去年の秋に会った、足の早い浜松のおじさんに似ていた。





1日目-2・牟岐警察署へんろ休憩所から鯖瀬
3月30日。
牟岐警察へんろ休憩所(着)AM10:40→(出)AM11:10→八坂トンネルAM11:25→内妻海岸AM11:30→海陽町AM11:52→鯖瀬(着)PM12:00

牟岐警察へんろ休憩所→鯖瀬。
  4.5km 1時間20分




牟岐警察署脇のへんろ休憩所。
牟岐警察敷地内にテントを張り、地元の方々がボランティアでお遍路さんのお接待をしてくださいます。
トンネルが多いからこれを着けていったら良いと反射テープも戴きました。
牟岐警察署へんろ接待所

手書きの古道(旧道)の地図、宿やこの先の行程など親切に教えて頂きました。
牟岐警察へんろ接待所

蒸かし芋、小豆、とっても美味しかったです。
ありがとうございました。
牟岐警察へんろ接待所

AM11:12。
休憩所を出ると直ぐに牟岐トンネル。
AM11:12 牟岐トンネル

八坂トンネル手前。
AM11:20

AM11:20。長さ210m、八坂トンネル。
鯖大師まで3km。
八坂トンネル

AM11:28。内妻。
内妻トンネル、海岸の標識がサーファーになっていた。
AM11:28 内妻トンネル

AM11:31。内妻海岸。
トンネルを抜けると内妻海岸。サーファーの姿が見えました。
AM11:31 内妻海岸

AM11:38。古江トンネル。
トンネル入り口の桜が綺麗でした。
AM11:38 古江トンネル

AM11:44。牟岐市とお別れ。
標識に【夢と緑と黒潮のまち牟岐】
AM11:44 牟岐市とさよなら

AM11:52。海陽町に入りました。
AM11:52 海陽町

AM11:54。
【海陽町へようこそ】と、海陽町立博物館の看板。
AM11:54 海陽町へようこそ

牟岐警察へんろ休憩所で貰った手書きの地図に載っていた旧道。
左ヘ行くと古道(旧遍路道)真っ直ぐが国道55号。
遍路道旧道

AM11:55。福良トンネル。
旧道は行かずR55をそのまま歩き、福良トンネルへ。
AM11:55 福良トンネル

PM12:00。鯖瀬駅前の鯖瀬大福食堂さん。
旧道(古道)から回っても鯖瀬駅にたどり着きます。
食堂の前の国道を渡って鯖大師へ。
PM12:00 鯖瀬着


牟岐警察署の直ぐ脇に、テントで張られた牟岐へんろ接待所があります。
地元の方たちのご好意のお茶、コーヒー、手作りのお菓子や蒸かした芋の他に手書きの地図も戴きました。

休憩所にザックを降ろし、トイレをお借りに署内。
牟岐署で歩き遍路さんたちにトイレを使わせてくれます。

住所名前を書き込むノートがあります。
先に着いていたお遍路さんが書き込んでから私も。
この時間で、私で15人目でした。
関東、東京の住所が多く次に大阪、岡山、広島、群馬、茨城。
前のページをめくっても新潟はなかった。

ホテルをで出て最初の休憩のときに追いこして行った人と次の休憩に時に追いこして行った女の人と、ずっと私の前を歩いていた女の人、4人で休憩になりました。
体格のいい女の人は、(ずっと私の前を歩いてた人)神戸から来られたとても元気のいい人でした。(神戸さんと呼びます)
ノートに書かれた年を見てビックリ。60代。
他の3人も私より年上の方でした。

先に着いていた女の人が、今日は宍食まで行く予定だからお先に、と言って出発。
この人が、先達おじさんの言ってた女の人らしい。
もう一人の人は遊佐NASAふれあいの宿まで行かれるそうで続いて出発。

先に2人の人が出発すると、神戸さんが愚痴った。
「あの人たちと、昨夜薬王寺で同じ部屋だったけどいつまでも話をして煩くて眠れなかった。
相部屋だったから仕方ないけど、他の人のことも考えてくれないと困るんだよね。
お遍路は一人の方がいいね。」
一人の方が気楽ですね。私は足が遅いからマイペースで歩いてます。
居心地の良い牟岐へんろ休憩所で色々お話をしながら30分も二人で休んでいた。
「今夜の宿の予約はしたの?」

未だ宿を決めてない私。
神戸さんはみなみ旅館に予約済み。
今夜は鯖瀬の海山荘で泊まる予定にしていたが昼頃に着いてしまう。
その先の旧海部町、みなみ旅館にはマーカーは入れてたが距離が27.7km。
ここまでは無理だろうと思ってたから、鯖大師にお参りし名物の鯖瀬大福を食べながら海を見て、予約はまだだけど海山荘に泊まる予定だった。
でもこの調子なら、みなみ旅館まで行けそうだ。
神戸さん、
「後は宿に向かうだけなんだから、どんなにゆっくりでも4時には着けるでしょう。」
と言っている。

地図を見ると牟岐へんろ休憩所から12.5km。
大したことはない。これだけ調子よく歩けたし、足も全々痛くない。
午後からペースダウンしても3時間で行ける。
大丈夫だ。みなみ旅館に予約を入れた。

神戸さんは通し打ち。5月の連休までに結願予定。
2度目のお遍路だそうだ。
昨日は薬王寺会館に泊まり、朝7時に出発だったのに休んでいる間にスタスタ追い越し、ずっと私の前を歩いていた。
牟岐休憩所で一緒だった人も薬王寺会館から7時過ぎに出発。
神戸さんの他に2人の女の人、3人の男の人が追い越し先へ行った。
自分にしては調子が良いと思った歩きでも、やはり他の人と比べたら、かなり遅い。

鯖瀬に着くまで、神戸さんの後姿を見ながら歩いていた。
私は揺る足ですから、気にしないで先に行ってくださいと言ってたのに、時々振り返って、もう直ぐだよと言ってくれた。
足の調子もよく、神戸さんの後ろからそれほど遅れもせず着いて行けた。

鯖大師まで6時間40分の予定にしてたのに、5時間20分、1時間も早かった。








1日目-1・日和佐から牟岐警察署前
3月30日。
千羽ホテル(出)AM6:40→(休)日和佐トンネルAM7:32→(休)AM8:30→(休)AM9:30→小松大師AM9:46→牟岐警察署前(着)AM10:40

23番薬王寺→牟岐警察署前。
  15.2km 4時間




5時20分にセットした目覚ましが鳴る前に、雨の音で目が覚めた。
時計を見ると4時40分。
雨。。。
昨年の焼山寺の山越えのときで雨は懲りている。
雨具は登山用品で買い、ザックに入れてあるが使わないで済むならそれにこしたことはない。
テレビを着け、天気予報がやってないか探した。

四国の天気予報が出た。
徳島日和佐地方、朝方まで雨、のち晴れ。
起きて着替え、トイレ。
カーテンを開け窓の外を見ると昨夜夕食のときに一緒だった、先達おじさんが屈伸運動しながらタバコを吸っていた。
おはようございます~。雨、止みそうですか?
窓を開け、声を掛けると手を振りながら、
「空が明るくなっている、雨はすぐ止むよ。大丈夫だ。」
良かった~。
先達おじさん、6時に出発するって夕食のとき言ってた。
「早いですね。朝ごはんは済んだんですか?」
「おにぎりを作ってもらった。6時に出るよ。」
タバコを吸ったら出発のようだ。
鯖大師に何時頃着きますか~?
「サバには10時頃着くよ。先に行って待ってるよ~。」

23番から鯖大師まで、20㌔。
4時間で歩くんですかぁ!そんな足の早い先達おじさんに、待っててもらったら困ります。
お先に行ってください!

昨夜、薬王寺にお参りしホテルへ戻ると夕食ですと言われた。
部屋へ戻らず、そのまま広い食堂へ行くと2人連れの男の人が向かいのテーブル。
入り口の方のテーブルの端と端に一人づつの男の人が座り、真ん中が私の席だった。
男の人たちは、それぞれビールやお酒を飲みながら食事を始めていた。

ちょこんと頭を下げ、席に着くとおばさんに何か飲みますか?と聞かれた。
お腹が空いてて、ご飯お願いします、と頼んだ。
お刺身、天ぷら、陶板焼き、茶碗蒸し、漬物。。。後何だったっけ。。。?
普通の和定食のような食事だったかな。

2人連れの男の人は車で回っているお遍路さん、左隣のおじさんは、出張で四国に来ているそうだ。
右隣のおじさん(先達おじさん)と車遍路のおじさんたちが、いろいろ話をしている。

左隣のおじさん(サラリーマンさん)に聞かれた。
「あんたもお遍路で回っているの?一人で?どこから来たの?」

はぁ。。。新潟からです。

先達おじさんが興味を示し、隣から話に加わった。
「新潟からとは遠いね。通しかね?」
いえ。区切りです。
「何番まで?何日で回るんだね?1週間くらいかね?」
行けるところまで頑張ります。12日間で36番迄って思っているのですが。。。
「12日も掛けたら、岩本寺まで行けるさ。四万十辺りまで行けるんじゃないかね。」
およよー。。。
まさか、そんなに歩けませんよ…(-_-;)
「今日、一緒に歩いてきた女の人は薬王寺会館に泊まってるけど、明日は宍食まで行くって言ってたよ。明日の宿は取っているのかね?」
宿は取ってません。
鯖大師に泊まりたかったんですが、ダメそうなのでその辺りの宿にって思ってます。
明日、歩いてから決めます。宍食までは絶対に歩けません。
「鯖大師まで20キロだろう。午前中に着けるよ。海陽町か宍食辺りまでみんな歩くよ。一緒に歩いてやろうか?」
私は揺る足だから、一人でゆっくり歩きます。。。
丁寧にお断りした。私は一人旅します。

サラリーマンさん、ビールを飲みながら小さいな声で言っていた。
「オレは遍路は全々わからん。
興味もないし、まぁ定年になったら遍路もいいかもしれないが、未だ々やることが沢山あるよ。」

先達おじさん、
毎年歩いて回っておられるけど、奥様にガンが見つかり入院手術、その看病で昨年は遍路に来れなかった。
ガンの手術も成功し無事退院したので、何日か前からお礼参りに1番から回って来られたそうだ。
連れになった人は薬王寺会館に泊まっているようだ。
毎年回っておられるベテランお遍路さん。
一緒に回ってやろうか?と言われたので、先達おじさんと呼ぶことにした。

その先達おじさん、朝6時に出発と言ってた。
窓からお気をつけてと見送り、私も支度をした。
朝食、6時半にお願いしていた。
荷物を持って、下へ降り1階の食堂へ。
フロントで清算をし、朝食。

千羽ホテル。
和風旅館のホテル版のような感じ。
1階に温泉の大浴場がある。
地元の人も、お風呂だけ入りに来るそうだ。
部屋は和室で、トイレ、洗面所が付いている。
料金、1泊2食付 ¥8,400-。

ご飯、味噌汁、漬物、生卵、ノリ、焼き魚の朝食を済ませ出発。
生卵はパス。

AM6:40。
瑜祇塔をバックにホテルの人が撮ってくれました。
AM6:40 千羽ホテル前

AM6:45。日和佐駅前。
国道55号を南下、室戸へ向かいます。
AM6:45 R55 日和佐駅前

振り返ると、薬王寺の瑜祇塔、千羽ホテルが見えました。
R55 室戸へ出発

AM7:08。奥潟トンネル。
23番から最初のトンネル。
AM7:08 奥潟トンネル

AM7:32。長さ690mの日和佐トンネル。
23番から、4.1㌔。
AM7:32 日和佐トンネル

歩道があるけど、車が通る度ゴォーゴォー!もの凄い轟音。
日和佐トンネル

AM7:53。山河内トンネル。
日和佐トンネルから1.7㌔。
AM7:53 山河内トンネル

AM8:30。最初の休憩。
休憩場所を探してたら開店前の喫茶店があったので、外の板場で休ませて貰った。
ありがとうございました。
AM8:30 休憩

AM8:46。日和佐のシンボル、うみがめマーク。
AM8:46 うみがめマーク

AM8:47。
美波町(旧日和佐町)とお別れ、牟岐町へ入りました。
AM8:47 牟岐町

AM9:30。へがわの自販機休憩所。
23番から、11㌔。
AM9:30 休憩

AM9:46。小松大師。
23番から、11.9㌔。
AM9:46 小松大師

AM10:20。
キロポスト、距離標です。
AM10:20 キロポスト(距離標)

AM10:40。牟岐警察署。
23番から15.5㌔。
ホテル出発から4時間、牟岐警察署に着きました。
予定では5時間半でしたが、1時間半も早かった。
AM10:40 牟岐警察署

距離は地図によって数字が違います。
載せてる距離は私の使った地図の距離です。
(へんろみち保存協力会、四国八十八ヶ所詳細地図を参照してます。)






春遍路出発
3月29日に春遍路、と決めていた。
チケットは、もうとっくに手配済み。
何があっても変更なし。

あーちゃんpapaから空港まで送ってもらい、昨年のように搭乗口まで付き添いをしてもらった。
行ってきます!

定刻通り、伊丹空港へ飛び立った。
伊丹空港、定刻10時50分着。
しかし、予定通り行ったのはここまで。。。

機内に預けた荷物、金剛杖がいつまで経っても出てこない。
何故!?どーして!
ターンテーブル一回りしても出てこない!
荷物を待っている人たち、誰もいなくなった。

ANAのカウンターへ行き、私の荷物の一つが出てこないのですが、と訊ねると、
「こちらでしょうか?お預かりしております。」
梱包されたままの金剛杖が、カウンターに乗っていた。。。(-_-;)
ここで、30分のロス。

急いで出口に向かい、⑯のバス乗り場へ。
確か、⑯は最後尾のバス停だったはず。
自販機で切符を買って走った。
ところが⑯が見当たらない。。。(-_-;)
3月から、乗り場が⑭になり時間も変わっていた。

「大阪駅行きが出ます。乗る人はいませんか。」
バス停の方で乗務員さんが大声で言っている。
また走った。
息を切らせながら、JR大阪駅行きですよね?一応確かめた。
「大阪駅、行きますよ。」

出掛けに、あーちゃんpapaが言ってたことを思い出す。
「大阪って、渋滞が酷いんだぞ。」
今まで、大阪で渋滞に遭遇したこともなかったから、伊丹から大阪駅まで30分あればゆうゆう行けるよ。早いときなんて20分で行けたよ。
そのはずだった…

バスがしばらく走ると、ノロノロ運転に変わった。
やがて運転手さんからの車内放送。
「高速道路で事故発生の為、この先○○キロの渋滞。
お急ぎのところ申し訳ありませんが、これから高速を降り大阪駅へ向かいます。」
あぁぁ。。。
あーちゃんpapaが、あんなことを言ったからか、本当に渋滞に巻き込まれてしまった。。。(-_-;)

ようやく大阪駅に着いた、と思ったら始めて見る場所にバスが止まった。
新阪急ホテル前。(多分)
風景に見覚えもなく、目印の中央郵便局もない。。。(-_-;)
感で、こっちだと当たりをつけ、歩き始めたのがまた失敗。
一体、此処はどこ状態になってしまった。

誰かいないかと探すけど、こういう時に限って不親切そうに急ぎ足で、みなスタスタ歩いて行く人ばかり。
グルグルと同じような場所を歩いていたようだ。
バスから下りた辺りに、また来てしまった。

丁度、昼休み中らしきサラリーマンさんが通り掛かったので、中央郵便局の方向を尋ねた。
私は、反対方向を歩いていたらしい。
左へ曲がるとJR大阪駅構内に入るので、そこから真っ直ぐ行くと中央郵便局が見えると、親切に教えてもらった。

やっと、見覚えのある桜口に出た。
高速バスチケット売り場へ急いだ。
チケット売り場に着いたのが、12時40分。

乗るはずだった徳島行きの高速バス、12時発はとうに出ている。
この後のバス、1時発に乗った。

12時発に乗り、徳島駅15:05→日和佐駅→17:50着
その予定で、薬王寺会館に予約をしていた。
大阪で1時間の遅れ。
日和佐に着くのは6時過ぎてしまう。
予約のとき、6時前までに入ってくれと言われている。
絶対間に合わない。。。(-_-;)

バスに乗る前、薬王寺会館に電話を入れた。
渋滞に巻き込まれ、未だ大阪なんです。
これから徳島へ渡り日和佐へ向かいますが、6時までに着かないと思います。。。
「それは大変でしたね。一応、徳島に着いたらもう一度電話をくれますか。」

初日からこれだ…
バスを待っている間に宿探し。
日和佐駅前のホテル、千羽ホテルが一番近い。
今夜泊まれるか聞いてみると、OKだった。
宿は決まったのだから、ここで焦ったところでしょうがない。
徳島駅に着いて、薬王寺会館はキャンセル。

PM2:17 鳴門大橋。
PM2:17 鳴門大橋

PM2:30 鳴門大橋

1時発のバスに乗り、徳島駅着3時30分。
JR牟岐線、次の電車は4時2分までなかった。それも各駅電車。。。

PM4:22 電車からの風景。
桑野辺り。
電車の窓から桜が見えた。
この景色を、アランが私に見せたかったのだろう。
「かーちゃんの誕生日遍路。大好きな四国だよ。ゆっくり行こう。後できっと懐かしく想うよ。」
PM4:22 桑野辺り

日和佐駅に着いたのは、5時58分。
PM5:52 日和佐駅

日和佐駅前の休憩所。
日和佐駅前 休憩所


PM6:10
ホテルに荷物を置かせてもらい、23番薬王寺へ。
春遍路、どうか無事に回れますように。
PM6:10 23番 薬王寺

23番 薬王寺

女厄坂。
女厄坂

男厄坂。
男厄坂

瑜祇塔までの石段は、還暦厄坂。
還暦厄坂

瑜祇塔。
PM6:25 瑜祇塔

瑜祇塔

参拝を済ませ、夕暮れ時の日和佐の海を眺めてきた。
日和佐

PM6:40
薄暗くなった参道は少し恐かった。
PM6:40


遠い町の景色を、各駅停車の電車の窓から眺めている。
今まで、こんな時の過ごし方があっただろうか。
いつだって、気ぜわしく1日を忙しく過ごしていた気がする。

空港でのロス時間や大阪の渋滞、それらはこの、ゆったりと流れる贅沢な時間と、美しい四国の風景を見せる為に。。。
アランからの誕生日プレゼントだったのだ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。