アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知ったかぶり その6
弥谷寺(いやだにじ)。
昔から死霊が行くと信じられている弥谷寺のイヤという言葉は、恐れ、慎むという意味で、敬うのウヤ・オヤなどと同義の言葉。
徳島県の剣山麓の祖谷山(いややま)のイヤも同じ言葉で、奥深い山村、吉野川上流地方の人は古くは死霊のこもる山というイメージを持っていた。

弥谷寺は弥谷山の中腹にあり、その境内の至るところに岩壁、岩穴がある。
弥谷山の頂上は海抜約400m、寺のある辺りは約300mの樹木の茂った場所にある。
仁王門から大師堂まで行く途中の参道の両側は賽の河原と呼ばれ、地蔵が祀られ、小石が無数に積み重ねられている。
急な石段を登り切ったところには役行者(えんのぎょうじゃ)の石像があり、その左手に大師堂の岩窟がある。
大師堂は暗い岩窟の中に設けられ、昼でもなお薄暗い。
大師堂を出て本堂に行く途中にも岩穴があり、その辺りから本堂までの間を比丘尼谷(びくにだに)またはお墓谷と呼ぶ。
岩壁には弥陀三尊(みださんぞん)が彫られ、これは一遍上人が刻んだものだという。
比丘尼谷の入口にも岩穴があり、その前には岩壁を伝って流れる水滴を溜めるための水たまりがある。
弥谷山へ参りにきた人はここで経木(きょうぎ)に水をかけて死者の菩提を弔うことになっている。

この辺りから本堂までの間には多くの墓が並んでおり、途中の岩肌には五輪の石塔が無数に刻みこまれている。
本堂の本尊は千手観世音菩薩。
弥谷参りの風習はこの山麓のみならず、かなり広い範囲にわたって行なわれている。

弥谷参り。
人が死ぬと死者の霊をこの山に伴っていくのが弥谷参りという。
死後七日目、四九日目、ムカワレ(一周忌)、春秋の彼岸の中日、弥谷寺のオミズマツリの日などに、死者の髪の毛と野位牌(のいわい)などを持っていく。

三豊郡旧荘内の箱浦(詫間町)では弥谷参りを死後三日目、または七日目に行なうことになっている。
七日目の仏事のことを一一夜(ひといちや)という。
死者の髪の毛を紙に包んだものと死者が生前に着ていた着物とを持って血縁の濃い者が四人、六人といった偶数の人数で参る。
はじめに墓へ行き、
「イヤダニへ参るぞ」
と声をかけてから、その中の一人は後向きになって背に負う真似をする。
そして背負う真似をしてから、8kmばかりの道を歩いて弥谷山まで行く。
弥谷山へ着くと、比丘尼谷の洞穴の中へ髪を納め、野位牌を洞穴の前へ置いてから水をかけ、着物は寺へ納める。

洞穴の前には小さい小屋があり、彼岸の中日やオミズマツリの日に経木に戒名を書いてもらい、その経木に櫁(しきみ)の枝で水をかける。
その後、一行は本堂・大師堂とお参りをしてから帰途につく。
山を下りて仁王門の前にある茶店に上り、一行は会食をする。
会食がすむと、後を(寺の方向)振り返らないで家に帰る。

一行が弥谷参りに行って留守になると、葬家の者は墓へ女竹(めだけ)を四本持っていき、四つ又にして25㌢四方の板で棚をかける。
その棚にふきんをつるし、白糸を通した木綿針をふきんに刺し白糸を垂らしておく。
弥谷参りから帰ってきた人は、すぐに家へは帰らず、まず墓へ行き、鎌を逆手に持ってその棚をこわし、後を振り向かずに葬家へ帰ってくる。そこでそろって本膳につく。

弥谷参りに偶数で行くというのは、帰りに死者の霊がついてくるのを防ぐためであり、帰りに仁王門の傍の茶店で会食をしてから後を振り向かないで帰ることや、家に帰ってから本膳で会食をするというのは、死霊との食い別れを意味する。
墓に設けた棚をこわすのも、死霊が墓に留まるのを嫌がり、再び死霊が家に帰ってくるのを防ぐための風習。
死んでから後に何年かたって、彼岸の中日やオミズマツリに弥谷山へ行くのは死霊に再会するためのものであるかもしれないが、死して間もない頃に行なわれる弥谷参りの行事は、明らかに死霊を家から送り出すための行事であった。

七十一番の弥谷寺参詣をおもな行事として、四国八十八ケ所寺の中で七十二番の曼荼羅寺、七十三番の出釈迦寺、七十四番甲山寺、七十五番善通寺、七十六番金倉寺、七十七番道隆寺を巡ることが春秋の彼岸の中日に行なわれているが、香川県の西部一帯ではこれを七ケ所巡りと呼んでいる。
七か寺の中で弥谷寺参りだけは欠かせないところから見ると、この行事は新仏のあった家では死者の霊を送り出すため、そうでない家では弥谷山にこもっている死霊に会いに行くためのものであった。
このような寺々をめぐる風習が、やがては四国八十八ケ所遍路の風習にまで広がっていく一因になったといわれている。

埋め墓と弥谷山。
弥谷山は死霊のこもる山であるが、それをはっきりと物語っているのは山麓地方から付近一帯に行なわれている墓制がある。
今ではそれは両墓制(りょうぼせい)と呼ばれ、死体を埋める埋め墓と死後一年とか二、三年目に建てられる参り墓(石碑)との二つの墓を有する墓制として知られているが、どちらかというとそれはそれほど古くない墓制であった。
死者の霊は弥谷山にこもるのだから埋め墓だけがあればよいので、石碑を建てる参り墓などは不必要なのだ。
それがもっともよく現われているのは、香川県三豊郡三野町の弥谷山麓の埋め墓にある。
芝生(しばり)の埋め墓は人里から200mほど離れた山の傾斜面にあるのだが、試みに山の下からその埋め墓を眺めると、埋め墓は点々として際限もなく上に向って伸びていて、そのずっと先の辺りは弥谷山の頂上である。
死者の霊はなんということなしにひとりでに弥谷山に上っていくようになっている。
この辺りでは参り墓を作る風習が土地によっては昭和の初期に始まったということを聞いたが、それは他地方からの影響で、もともと参り墓など作る必要はなかったといえる。
この地方に限っていえば、両墓制などというものがいかに新しいものであるかがよくわかる。

弥谷山には死霊の行く山としての信仰が深く、付近の住民にとってはもちろん四国の霊地を遍歴する者にとっても、どうしても立ち寄らねばならぬ霊場なのだ。

参考文書「巡礼と遍路」より。
スポンサーサイト

71番 弥谷寺(いやだにじ)
昼食、休憩後、PM1:50
71番 弥谷寺(いやだにじ)。
弥谷寺(いやだにじ)のある標高382mの弥谷山は、死霊が帰る「仏の山」として民間信仰を集めてきた。
地元では家に死人が出ると死霊を背負う格好をして水場まで登り、降ろして帰る風習が残っている。
弥谷寺(いやだにじ)門前にあるお茶屋さん。
(石段の下、左手)
弥谷寺

参道の坂道を上がると仁王門があり、さらに300段近い石段を上がると岩窟に埋もれたような大師堂へ。
300段近くの石段

石段

仁王門から「賽の河原」が金剛拳大菩薩像まで続く。
石段

境内の風景。
境内を見下ろす

弥陀三尊磨壁仏。
像高約1mの阿弥陀三尊が刻まれている。
舟形光背をバックに温和な表情をたたえている。
弥陀三尊に念仏を捧げると極楽往生が約束されるという。
弥陀三尊磨壁仏

岩壁の磨崖仏(まがいぶつ)。
大きな岩盤に磨崖仏の彫られた「比丘尼谷」
岩壁の磨崖仏

弥谷寺(いやだにじ)本堂。
大師堂のある境内から、さらに右側へ行き170段の石段を登ったところ。
弥谷寺 本堂

弥谷寺(いやだにじ)本堂。
弥谷寺 本堂

大師堂への石段。
大師堂への石段

獅子の岩窟。
切り立った崖に見える丸窓は明り取りで弘法大師の学問所跡。
弘法大師が幼年時代、獅子窟で修行を積み、後に千手観音を刻み、唐から持ち帰ったとされる「五鈷鈴」を収め、寺号を剣五山千手院弥谷寺と改め、また、一面の怪岩・奇岩・仏像・梵字等を彫刻したと伝えられてた。
獅子窟

大師堂入り口。
入り口で履物を脱いで大師堂内へ上がる。
大師堂入り口

大師堂内。
座ってお経を上げる団体のお遍路さん一行。
大師堂内

岡野大先達さん。
Oさんのお知り合いの岡野大先達さんと一緒に記念撮影。
渋く、品のあるとても素敵な大先達さんでした。
岡野大先達


PM2:20参拝、納経を済ませ72番へ。

70番 本山寺(もとやまじ)
69番から約4,5km。PM12:28

本山寺(もとやまじ)仁王門。
唐風の絵模様の彫刻のある、どっしりとした八脚門。
久安3年(1147)の建造で国の重要文化財。
本山寺 仁王門

本山寺(もとやまじ)境内と本堂。
戦国時代、長宗我部氏が寺に乗り込んできたとき兵を阻止した住職が斬られてしまう。
さらに別の兵が本堂に押し入ると脇仏の阿弥陀如来の右肘から血が流れていた。
以来、阿弥陀如来は「太刀受けの弥陀」と呼ばれ、今でも右手にその時の傷が残っているといわれている。
本山寺 境内と本堂

明治末期に建立された五重塔。
明治43年、盲目の住職、頼富実毅(よりとみじっき)は八十八ヶ所巡りの59番、国分寺を出て歩く途中で目が見えるようになり、その恩に報いるため堂字の復興を執り行った。
五重塔

国宝の本堂は寄棟造りの一重の本瓦葺き。
弘法大師が平城天皇の勅願により大同2年(807)に一夜のうちに本堂を建てたといわれている。
本尊の馬頭観音菩薩と脇仏の薬師如来と阿弥陀如来を一刀三礼で刻み安置したと伝えられている。
馬頭観音を本尊としているところは八十八ヶ所中唯一ここだけ。
本山寺 本堂

大師堂。
棟札(むなふだ)から弥勒堂(みろくどう)あるいは祖師堂(そしどう)とも呼ばれていた。
本山寺 大師堂

護摩堂。
護摩堂

境内の2頭の馬の像。
頭を寄せ合い、一頭が鼻先を傾けいるほぼ、実物大の馬の像。
実物大二頭の馬の像


参拝を済ませ、昼食兼休憩。
釜揚げうどん(550-)はとっても美味しかった。

68番 神恵院(じんねいん)、69番 観音寺(かんおんじ)
AM11:50 67番大興寺(だいこうじ)から約10.5km。
68番 神恵院(じんねいん)、69番 観音寺(かんおんじ)仁王門。
一つの境内に二つの札所がある一寺二札所。
納経所も二ヵ寺一緒の珍しいお寺。
68番 神恵院、69番 観音寺 仁王門

本堂に向かう石段。
琴弾山の東側山麓にある真言宗の寺。
途中、五輪等や観音像、灯篭などが立ち、石段を上ると高台正面に本堂と大師堂が並んで建っている。
神恵院本堂への石段

平成4年に完成した新しい神恵院(じんねいん)本堂の外観。
神恵院本堂の外観

神恵院(じんねいん)本堂。
弘法大師が描いた阿弥陀如来像、上方に来迎阿弥陀三尊(らいごうあみださんぞん)下方に釈迦三尊(しゃかさんぞん)は、鎌倉末期の作と伝えられている。
本堂右手の大師堂の屋根に小さい仏像が乗っている。
周辺に西国三十三ヵ所の三十三観音が祀られ、人々の信心深さを伺える。
神恵院 本堂

観音寺(かんおんじ)本堂。
金堂とも呼ばれる本堂と釈迦涅槃像、琴弾八幡本地仏像図、琴弾宮絵縁起図など寺宝が国の重要文化財に指定されている。
釈迦涅槃像は、釈迦の臨終横臥の姿を彫ったもの。
仏涅槃図は多く知られているが、彫刻されたものは日本では数少なく珍しい。
桧材の寄木白木造りで全長74cm、柔和で優雅な姿から藤原時代のものといわれている。
沙羅双樹の下で頭を北に向け右脇を下にし、両足を重ね揃え身を横たえ、大涅槃に入った釈迦入滅の一瞬。
これらの寺宝は普段目にすることはできない。
1月と8月の16日のみ宝物館の扉が開かれる。
観音寺 本堂

朱塗りの柱が鮮やかな観音寺(かんおんじ)本堂。
観音寺 本堂


PM12:10 参拝を済ませ約4.5km先の70番へ向かう。

67番 大興寺(だいこうじ)
AM11:10 67番 大興寺(だいこうじ)
お寺の前に架かる橋を渡り境内へ入る。
67番 大興寺

大興寺(だいこうじ)仁王門。
仁王門の金剛力士像は彩色を施した桧材の寄木造りで、運慶の鎌倉時代の作。
四国一大きいともいわれている。
大興寺 仁王門

弘法大師お手植えによる榧(かや)と楠(くすのき)。
樹齢1200年の巨木。
大師お手植えの榧と楠

92段の石段を登り本堂へ。
92段の石段

境内の3枯(さんこ)の松。
3本になっているご利益のある松葉。
財布の中に入れておくとお金が入る、貯まるといわれている。
3枯の松

大興寺(だいこうじ)本堂。
本尊の薬師如来像は桧材一木式の座像で、弘法大師一刀三礼の作と伝えられる秘蔵。
本堂の右側に弘法大師堂、左側に天台大師堂が並び2大宗派によって管理され、真言24坊、天台12坊を持ち修行場として繁栄した。
本堂の左右に真言、天台の大師堂がある珍しいお寺。
大興寺 本堂


AM11:30
参拝、納経を済ませ68番、69番へむかう。

66番 雲辺寺(うんぺんじ)
AM9:47 山麓駅。
讃岐の国、66番 雲辺寺(うんぺんじ)へロープウェーで向かう。
山麓駅からロープウェーで山頂まで7分。
「遍路転がし」と呼ばれる急勾配の山道を歩いて登るには2時間は掛かるそうです。

小雨が降り気温が低く待合所は暖房が入っていた。
水戸からのバスツアー団体さんと一緒になった。
矍鑠(かくしゃく)とした大柄の先達さん、85歳。
”大先生”と年配のおばさんたちに呼ばれている。
今まで何度かお会いしているうちに、Wちゃんは先達さんを”おじいちゃん”と呼んでお友達になっていた。
ロープウェー乗り場

香川県と徳島県の県境。
県境

921mの高さで、雲辺寺はその頂にある。
山頂へ着くと気温が更に低く、気温-7度。
雲辺寺

66番 雲辺寺(うんぺんじ)
水屋は凍って水は出なく、境内の水溜りに氷が張っていた。
長袖のTシャッツを重ね着してきたけど寒くてブルブル、歯がガチガチ。
先に歩いている団体さんが滑って転びそうになっていた。
66番 雲辺寺

雲辺寺(うんぺんじ)広大な境内。
雲辺寺境内

雲辺寺境内。
四国霊場の中で最も高いところに位置する雲辺寺。
雲辺寺境内

雲辺寺境内

雲辺寺(うんぺんじ)本堂。
嵯峨天皇の勅願により入山した弘法大師は千手観音菩薩を刻み、本尊として安置。
仏舎利と毘盧遮那法印を納めて開基したと伝えられている。
以来、七堂伽藍が設備された12坊末寺8カ寺という巨刹となる。
僧侶たちから「四国高野」と呼ばれ、学問道場としても栄えた。
雲辺寺本堂

大師堂側に奉納されているマニ車。
マニとは如意宝珠と言う意味を持つ。
マニ車

おもにネパールで使用されており、中にお経をお経を納めたマニ車を回すと、一度唱えるのと同じご利益があるという。
マニ車

境内の表情豊かな五百羅漢像。
中国福建省赤岸鎮にある五百羅漢院の像を模して造られた。
羅漢とは釈迦のもとで悟りを開いた高僧たちのこと。
喜怒哀楽に満ちた様々な表情で立ち並んでいる。
五百羅漢像

五百羅漢

五百羅漢像

山頂から山麓駅へ。
四国の山並み。
ロープウェーからの風景

AM10:50 山麓駅到着。
山麓駅到着


山頂へ着いた時は小雨の氷点下。-7度の気温。
ロープウェー乗り場兼休憩所で、お接待で頂いた熱いお茶とお饅頭は体が温まりとても美味しかった。
ありがとうございました。

85歳の矍鑠とした先達さんとはその後も何度かお会いしました。
大先生と呼ばれている先達さんを”おじいちゃん”と呼ぶWちゃんをAさんOさんは苦笑していた。
会う度に、”お~ぃ、越後からのコはどこだぁ~”と大声で呼ばれ、ちょっと恥ずかしかった(^_^;)
Wちゃんが、おじいちゃんは声が大きいよ。と言ってくれたけど、これくらい大きな声じゃないと団体さんの先達はできないのかもしれない。

「お四国へ来れたのは、親がいてくださるから。帰ったら親孝行しなあかんよ。」
私には親はもういませんから~とも言えず、ありがたく85歳の先達さんのお説教を聞かせてもらった。

雲辺寺から約10km、R377経由で67番 大興寺へ。

8日目 3月13日 65番 三角寺(さんかくじ)
3月13日 AM7:00リーガロイヤルホテル新居浜出発。
新居浜ICから川之江IC。

AM8:44 65番 三角寺(さんかくじ)。
標高450mの三角寺山の中腹に佇む伊予国最後の札所は子授けの寺。
法皇山脈の中腹にあり、山道をすすむと、三角寺。
天平年間に行基によって、開創されたという由緒ある寺で、弘法大師によって刻まれた本尊の十一面観音像は、県指定文化財。
本尊の十一面観音像は、槍の一本造で、開運厄除け、安産子安観音としても知られている。
三角寺

山門までの急な石段。
826mの平石山の中腹に位置し、寺の建つあたりは三角山と呼ばれている。
三角寺の石段

山門までの急な石段。
山は緑が多く、その内にある広大な寺は、自然と融和した雰囲気を醸しだしてくれている。
三角寺の石段

登りきった石段を振り返ると足がすくむ。
三角寺の石段

山門に吊るされた梵鐘。
急な石段を上り、山門にたどり着くと鐘が吊られている。
この鐘を撞いて境内に入る。
三角寺山門の梵鐘

三角寺(さんかくじ)本堂。
「これでこそ 登りかいあり 山桜」
寛政7年(1795)にこの寺を訪れた小林一茶が残した句。
本堂の前にある樹齢300~400年の山桜をはじめ、静かな境内が満開の桜で彩られ華やぐ様子を詠んだもの。
弘法大師は、ここで21日間秘法を修し、その三角形の護摩壇の跡が、現在庫裏の横にある「三角の池」だといわれている。
周囲十数mの池に中に三角形の島があり、弁財天が祀られている。
三角寺本堂

三角寺(さんかくじ)大師堂。
大師堂、薬師堂は境内から更に上に行く。
三角寺大師堂

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。