アランと一緒に四国遍路。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰路
4月6日


          新居浜 → 大阪 → 新潟

           10:00        19:10




7時に目覚ましを掛けておいたに6時頃目が覚めた。
もう早くに起きなくてもいいのに…

ベッドで1時間くらいテレビを見て洗面トイレ。
緩々と着替え7時20分頃、2階のレストランに行く。
パンとコーヒー、サラダの朝食を済ませフロントに行き朝食料金を支払い9時10分頃に迎えのタクシーを呼んで貰って部屋に戻る。
タクシーが来るまでベッドで横になる。

フロントからタクシーが着ていると電話。
9時15分、ホテルから新居浜駅に行く。
お世話になりました。
胃薬ありがとうございました。

9:25
新居浜駅前高速バス乗り場。
9:25 新居浜駅前バス乗り場
11:05
吉野川ハイウェイPAで休憩。
11:05 吉野川ハイウェイPA
高速バス、大阪ハービス前12:30着。
ハービスから伊丹空港へ。

伊丹発18:05 → 新潟着19:10

宇和島から新居浜までの2008年・春遍路13日間を終え秋の讃岐路、結願に想いをはせる。




スポンサーサイト

新居浜
4月5日


         64番 前神寺 → JR石鎚山駅→新居浜駅 → ホテルルートイン新居浜

            11:15     12:06    12:55        13:40



11:15
64番前神寺山門。
11:15
前神寺を後に国道11号へ出る。
前神寺駐車場
国道を渡ったところにある石鎚温泉の建物。
石鎚温泉
来た道を振り返ると石鎚神社の赤い鳥居が見えた。

11:35
11:35
JR予讃線(普通) [伊予西条行き]  石鎚山発→12:06 ¥260-
電車が来るまで構内のベンチに座り胃を押さえていた。

11:40
JR石鎚山駅。
11:40 JR石鎚山駅
12:55 新居浜駅着。
新居浜駅前
新居浜へ行けば駅前にホテルはあると思っていた。
駅を出るとバス乗り場とタクシーが数台止まっているだけで想像していたような駅前の賑やかさも商店街、ホテルの建物も見当たらない。
構内に戻り案内がないか探した。
高速バスチケット売り場があったので中にいた人に駅から近くのホテルはないか尋ねた。
チケット売り場の女性がホテル4、5件の名前と電話番号をメモしてくれた。
教えてもらった電話番号に上から順に電話したが呼び出しても出なかったりチェックインは3時や4時からと言われた。

止まっているタクシーの運転手さんが窓を開けてタバコを吸っていたのでメモを見せ近いホテルはどこか尋ねた。
ルートイン新居浜が綺麗で近いと教えてくれたのでもう一度掛けなおし新居浜駅前にいるのだが体調が悪くこれから直ぐ入れないかと聞いてみた。
時間外料金になると言われたがチェックインできるなら構わない名前を言ってこれから行きますのでお願いしますと電話を切った。
高速バスチケット売り場に戻り明日の大阪までのチケットを買う。
歩いていこうと思ったが20分は掛かるというのでルートインを勧めてくれたタクシーに乗った。
駅前から国道に出て8分くらいでホテルに着いた。

13:40
ホテルルートイン新居浜。
13:40
2階のフロントへ行きチェックイン。
住所名前を記入し料金前払い。

近くに薬局がないか尋ねた。
胃が痛くて…と顔をしかめているとフロントマンが胃薬をキーと一緒に渡してくれた。
ありがとうございます。
礼を言ってエレベーターで10階へ行く。
ホテルルートイン新居浜
廊下に掃除中のスタッフがいた。
部屋は掃除の済んだ一番奥。

バスに湯を張り浴衣に着替え風呂に浸かる。
貰った胃薬を飲みベッドに入って横になった。

ホテルの前、部屋の窓からの国道11号。
室内から
目が覚め時計を見ると6時。
胃の痛みが治まっていた。
本家とあーちゃんpapaに連絡。

朝、香園寺でご飯一口食べたっきり、お腹が空いた…
着替えて2階の食レストランに行き和定食を頼んだ。



            ホテルルートイン新居浜 1泊 ¥7,840-

                     夕食代      ¥1,800-

            新居浜駅前からホテル タクシー代 ¥560-

            高速バス代 新居浜→大阪   ¥4,600-



              香園寺宿坊 → 新居浜

                23,995歩




          

64番 前神寺
4月5日


           64番 前神寺




本堂。
本堂
本堂。
本堂
本堂。
本堂
石鎚権現。
石鉄権現
石段を下りたところに滝不動尊が立っている。

かつて滝行が行われていたそうだが現在は水が少し流れている程度。
一円玉を投げて岩肌に張り付けばご利益があるといわれている。
滝不動
大師堂。
大師堂
鐘楼。
鐘楼
納経所。
納経所
10:13
納経所。
納経所
参拝納経を済ませベンチに腰を降ろす。
納経所脇の自販機で買った水を飲みながら靴を脱ぎ裸足になって休憩。
胃が痛み出していた。

横峰寺はこの次になるのではと半分諦めていたが順打ちで64番まで廻ることができた。
春遍路は64番前神寺で打ち止め、秋は65番からの打ち始めになる。
予定通り今日中に新居浜に着けばいい。
痛みが治まるまでここで休んで行こう。。。

大師堂で参拝しているお遍路さんの般若心経を目を閉じて聞いていた。
此処から電車で新居浜まで行こうかな。。。

「納経は済みましたか?」
声を掛けられ顔を上げるとHさんが立っていた。
あ~お疲れさまです。。
納経も済ませたので休憩です。私が番をしてますのでお荷物はここに置いて行かれたら?
本堂はあの石段の上ですよ。
「本堂はこっちじゃないんですか?あの石段を上って行くんですね。それじゃ荷物、置いてきますのでお願いします。」
はい、行ってらっしゃい。

Hさん、大師堂を本堂と思ったようだ。

参拝納経を済ませたHさんがベンチに戻ってきた。
横に座りペットボトルを脇に置きザックから袋を出し食べませんかとお菓子を渡してくれた。
ごめんなさい、ちょっと胃が痛いので食べれません。。。
「胃が痛むのですか?薬は飲みましたか?」
いぇ、胃薬持って来てないので。。薬局が有ったら買おうと思ってたんですが見当たらなくて。。。
「私も胃薬は持ってきていないです。困りましたね。。これからどうしますか?新居浜まで行かれるんでしょう?」
私、今回は此処で打ち止めにして明日帰ります。
今日はこれから新居浜に行き駅前のホテルを探します。新居浜へ行けば何とかなると思います。
「明日、お帰りになるんですか?私は三角寺へ行って打ち止めです。」
秋はHさんの後を追って三角寺から始めます。
今日中に新居浜へ行けば良いのだから痛みが治まるまで休んで行きます。
Hさんは今日はどちらまで行かれるんですか?
「今日は新居浜のビジネスホテルMISORAに予約してます。よかったら新居浜まで一緒に歩きますか?」
地図を見ると此処から約15キロ先。
歩けそうもない…
私、電車で行きます。
「そうですね、その方が良い。無理をしないで電車で行った方が良いですね。それでは私はお先に行きます。お大事にしてください。」
ありがとうございます。Hさんもお気をつけて。
またいつか四国のどこかでお会いしましょうね。
「はい、またいつかお会いしましょう。それじゃ。」

荷物を背負って境内を出て行くHさんの後姿を見送り1時間近くベンチで休んでいた。




64番 前神寺
4月5日


           石鎚神社 → 64番 前神寺

                   5分



9:42
64番 前神寺参道。
64番 前神寺参道
参道両側に桜並木。
参道
64番 前神寺総門。
9:42 前神寺総門
境内案内板。
境内案内板
境内に入ると納経所の建物の前を通り石段を数段上ると広い境内に出る。
向かい合うように鐘楼と大師堂がある。
本堂は境内を進み石段を上ったところなので鐘楼前のベンチに荷物を置いて行く。

本堂への石段脇の金比羅大権現。
金比羅大権現
13仏地蔵尊。
13仏地蔵尊
本堂への石段。
本堂への石段
上がったところに薬師堂。
薬師堂
護摩堂。
護摩堂



石鎚神社
4月5日


           63番 吉祥寺 → 石鎚神社

               3.2km  45分



63番吉祥寺から国道11号へ出て2つ目の信号を右→、国道と平行している遍路道へ行く。

9:05
道路脇の桜が満開。
9:05
吉祥寺から30分、楠公民館の前に小さな堂が立っていた。

9:20
阿弥陀堂。
9:20 阿弥陀堂
9:30
遍路道標。
9:30
9:35
見事な桜並木の境内。
石鎚神社の桜祭り、見見物客や参拝のバス、車が次々入って行く。
9:35 石鎚神社
一の鳥居から神門までかなりの距離がある。
石鎚神社参道
左右に天狗を配した神門。
神門
石鎚神社の案内板。
本宮までの道のりを見て参拝は諦めた。。。
石鎚神社案内板
神門から山の上の本宮をお参りし遍路道へ引き返す。

9:38
本宮



63番 吉祥寺
4月5日


            
               62番 宝寿寺 → 63番 吉祥寺

                    1.4km 20分



国道11号線に出ると交通量が激しく歩いているすぐ側を車が通って行く。
宝寿寺から20分、「63番→」の案内が出ていた。

国道から左に入ると「四国唯一体 毘沙門天王鎮座」と刻まれた石柱が立っている。
8:20
白壁伝いに進むと山門の前に石の象が二つ置かれていた。
63番 吉祥寺
境内に入ると団体お遍路さんの参拝中。
本堂脇にベンチがあったので荷物を降ろし線香ロウソク納経帖をザックから出す。

境内と本堂。
境内と本堂
本堂。
本堂
八十八ヶ所中、毘沙門天が本尊なのは吉祥寺だけ。
本堂
大師堂。
大師堂
参拝納経を済ませロウソク線香、納経帖をザックに入れトイレに行く。
水洗の綺麗なトイレだった。

胃の痛みは治まっていたが吐き気がする。
指を喉の奥まで入れ涙を流しながら思いっきり吐いた。
水しか出なかったが手を洗い口をすすぐとようやくムカムカが治まった。

境内に戻ると団体お遍路さんはいなくご夫婦のお遍路さんが静かにお参りしていた。
車で廻っているのだろう荷物はなかった。

いつか私たちもお遍路で廻ることが出来たら。。。
あーちゃんpapaに聞いたことがあった。
ね、一緒に四国へ行きたくない?
八十八ヶ所、一緒に廻ろうよ。

「行きたいと思う気持ちはあるけど1日20㌔なんて歩くのは絶対無理。行くなら車、泊まるところは綺麗で清潔なホテル。。温泉に晩酌付きでなら定年になったら行ってもいいけど、まぁ私には無理でしょうからお遍路さんは君に任せますよ。」
・・・・・(;一_一)

あーちゃんpapaは神社用とお寺用、別々の納経帖を持っていて出張の時、神社やお寺が出張先にあるのがわかると納経帖をカバンに入れ参拝納経して気が向けば写真を撮ってきてくれる。
私などより信心深いし、神仏を大事にし毎朝晩、神棚、仏壇に手を合わせている。
そんなに信心深い人が、車にホテル、温泉に晩酌…

そんなことを思い出しながら荷物を背負っていると納経所の人が来て、これを持って行きなさい、と手書きの64番への遍路道の地図を渡してくれた。
ありがとうございます。

8時50分、吉祥寺出発。
8:50



62番 宝寿寺
4月5日


           61番 香園寺 → 62番 宝寿寺

               1.3km 25分



5時起床。
トイレ洗面を済ませ白衣に着替え渡り廊下から食堂の前を通り「大聖堂→」へ行く。
6時から朝のお勤め。

2年前の春。
香園寺に着いた時、今まで廻ってきたどのお寺とも違うコンクリート作りの建物を見て本当に驚いた。
まるでコンサートホールか町の文化会館のような建物。
これがお寺?!
中に入って又驚き。
映画館のようにイスが並び此処が本堂と大師堂と言われてもピンとこなかった。
福島のWちゃんが珍しそうに堂内を見て回りOさんたちが苦笑していたのを思い出す。
変わったお寺と驚いていたそのお寺を再度訪れ、泊まるなんてあの時に想像しただろうか。
何故、香園寺に泊まったの?聞かれても自分でも訳がわからない。。
K氏と一緒に小松の宿まで行っても良かったし、他の宿を探しもせず香園寺の宿坊に予約を入れたのは何だったのだろう。

帰ってからWちゃんに教えてあげよう。
あのコンクリートのお寺に泊まったんだよ、と言ったらWちゃんはビックリするだろう。

暗い堂内の中で大日如来に照明が当たり金色に輝いている。
本堂になる金ぴかのご本尊、大日如来が中央に祀られ、横に入定大師が祀られているので大師堂となる。

脇仏に不動明王。
中央は護摩檀(大檀兼用)両脇に、胎蔵界、金剛界の大檀。
正面に向かって左に聖観世音菩薩が祀られている。

般若心経を唱え、ご住職の法話が済むと6時半。
食堂に戻り朝食。
夕食のときと同じテーブルに若い女の人とビールおじさんがお勤めは出なかったので先に食事をしていた。
もう一人の女の人は此処で打ち止めで帰えると言っていた。
若い女の人とビールおじさんはこれから横峰寺に登ると話していた。

胃の痛みがぶり返しご飯一口食べて箸を置いた。
お先と声を掛け部屋に戻り荷物をまとめる。

トイレに行き、指を入れて吐こうとしたが水しか出なかった…
口をすすぎ部屋に戻り忘れ物がないかもう一度確認して部屋を出る。

7:12
宿坊、玄関。
納経所事務所のおじさんが見送ってくれた。
お世話になりました。
7:12
境内に出るとウォーキング会のグループの人たちが集まり柔軟体操をしていた。
夕食の時に手を振ってくれた女の人が私を見つけ駆け寄ってきた。
「あなたが岩屋寺へ向かう時にお会いしたのが最後でしたね。あれからずっとお一人で歩いていたの?」
いぇ、いろんな人と一緒に歩いていただきました。国民宿舎に寄った時、ウォーキング会のお名前が入り口にありました。私、1日遅く岩屋寺でしたね。
「あの日は雨で岩屋寺は大変だったでしょう。私たちは大勢だから此処、香園寺や国民宿舎、団体が泊まれる民宿、ホテルになるんですよ。宿探しもコースもリーダにお任せで後ろから着いて行くだけだから楽だけどあなたは宿から全部一人でしょう。とても私には出来ないわ。それじゃ、気をつけてね。また何処かでお会いしましょうね。」
みなさんもお気をつけて、善い遍路を。
それではお先に。

ウォーキング会の人たちが気をつけて~と手を振ってくれた。

駐車場の方から大阪のHさんが境内に入って来た。
おはようございます。これからですか?
「おはよう。久しぶりに会いましたね。これから参拝です。横峰寺は行ってきましたか?」
はい、昨日登って此処の宿坊に泊まったんです。Hさんは?
「私も昨日登ってきました。私は小松に泊まったんですよ。」
そうなんですか。私は足が遅いからすぐに追いついて来られますね。それでは一足お先に。
「それじゃ、気をつけて。」

横峰寺へは4ルートあると一緒に歩いていた時にK氏から教えてもらった。
私が歩いた丹原から60番→61番順打ちの「湯浪ルート」。
61番→60番へ向かう逆打ちルートなど。

7:15
香園寺出発。
7:15
香園寺を出て国道11号を東へ向かう。
歩いてるすぐ側を車やバスが通って行く。
しばらく進むと左に入る遍路道標識。
住宅地の道路を進んで行くと古い石標が建っていた。

7:40
宝寿寺に到着。

武家門のような山 門の前に「一国一宮宝寿寺」と刻 んである。
道路脇の駐車場にバスが止まり団体お遍路さん一行が到着すると狭い境内はお遍路さんで一杯になった。
団体さんの参拝が済むまで写真を撮ったりした。

62番 宝寿寺・境内と本堂。
7:40 62番宝寿寺
本堂。
本堂
参拝を済ませた団体さん、来たときのようにあっと言う間にバスに乗って行った。

大師堂。
大師堂
胃がムカムカして仕方なかった。。。
納経を済ませトイレに行ったが汚く狭い。。。
トイレの匂いもきつく入るのを止めて荷物を背負い8時、63番に向かう。




61番 香園寺
4月4日


           香園寺奥之院・白滝 → 61番 香園寺

                    2km 35分



15:20
奥之院参道から舗装された道路に出て高鴨神社を目指す。
15:20
15:30
揺る坂を上っていくと高速道路が見えてきた。
15:30 松山自動車道
松山自動車道と大谷池。
高架下を潜り右の遍路道へ行く。
高速道路高架と大谷池
15:35
高鴨神社を目指してるはずだが坂道の脇に高速道路が走っている。。。?
上り坂の頂上の少し手前に石鎚山SA、ドッグらランの看板。。。?
遍路マークもSA方向、標識も「歩きお遍路通行可」と表示されている。
15:35 石鎚山SA
15:37
坂道を登り切ると下り坂。
坂を降りると左に入る道があった。
細い山道のようなところを抜け畑道に出た。
高鴨神社を目印にしてきたが高架下の分岐点の所で道を間違えたのか。。。

畑にいたおじさんが、こっちこっちと手招きしている。
「香園寺へ行くんだろう?ここから真っ直ぐ行って左に曲がると香園寺の裏手に出て道なりに行くと駐車場に出るよ。」
ありがとうございます。

おじさんが細い道を曲がるまで見ていてくれた。
住宅地の細い道を何度か曲がり香園寺の駐車場に出た。
15:37
15:55
61番香園寺に到着。
15:55 香園寺
広い境内に桜のトンネル。
香園寺
満開の桜。
境内の満開の桜
水屋。
水屋
子安大師堂の中に背中にござを背負い右手に錫杖を持ち左手に赤ちゃんを抱いている大師像。
子安大師堂
境内と鐘楼。
鐘楼
昭和51年に建てられ鉄筋コンクリート建ての大聖堂(本堂・大師堂)。
大聖堂
大聖堂。
大聖堂
大聖堂に向かって左に納経所、その隣に子安会館・遍照会舘(宿坊)。
納経所、宿坊
参拝を済ませ納経所へ行き御朱印を頂く。
広い納経所は事務所のようになっている。

中に私のザックが置かれているのが見える。
”お世話になります○○です”と納経所の人に言うと
ご苦労さまです、荷物を預かっているのであちらの入り口から中へ入ってください、と言われた。
入り口へ回り事務所のような納経所へ入る。

宿泊者カードに住所と名前を記入し料金を支払う。
納経所の事務所から2階へ上がると廊下を挟んで部屋が並んでいる。
階段を上がって3番目の広い部屋。

窓から見える建物と渡り廊下で繋がっている。
1階に広い食堂、左へ行くとお風呂場、洗濯乾燥機がある洗濯室のようなところ。
お風呂場と反対の方向へ行くと大聖堂への通路になっている。
宿坊
お風呂に入る前に洗濯。
階下の事務所に行き浴衣がないか尋ねた。
浴衣賃料 300-。

浴衣に着替えタオル、シャンプー、白ズボン、Tシャッツ、下着、タオルを袋に入れ風呂へ行く。
髪を洗って風呂から上がると洗濯が終わっていた。
空いている乾燥機に洗濯物を入れ部屋へ戻る。

夕食は6時から。

食堂に行くと格テーブルの上に名前の立て札が置かれている。
自分の名前のあるテーブルに座る。

向かいに中年の女の人と若い女の人。
私の隣に缶ビールを飲んでいるおじさん。
中年の女の人がご飯をよそってくれたのでお茶を入れる。
若い女の人はおじさんと横峰寺の話しに夢中。
中年の女の人と私、会話なし。。。

少し離れたテーブルにウォーキング会のグループが座っていた。
顔見知りの女の人が小さく手を振り”おつかれさま”と口パクしてくれた。
私も真似して”おつかれさまでした”と口パクしながら手を振り返す。
懐かしい人たちと再会、ウォーキング会の人が私のことを覚えてくれて嬉しかった。

食事を済ませお先にと声を掛け食堂を出て乾燥機に入れた洗濯物を取りに行き部屋に戻った。
本家とあーちゃんpapaに宿坊に着いて食事を済ませたと連絡。
洗面所で歯を磨きトイレに行って布団を敷きテレビもないので早めに寝た。



        香園寺宿坊 1泊2食付  ¥6,000-
                 浴衣代   ¥300-
                 洗濯乾燥機代 ¥300-


          丹原 栄家旅館 → 香園寺宿坊

                38,907歩



                

61番香園寺・奥之院 白滝
4月4日


             番外霊場 61番香園寺奥之院・白滝



地元のおじさんがごくろうさまと声を掛けてくれた。
舗装された道路が通っているが奥の院なので車も普通のお遍路さんもそのまま素通りしてしまうことが多いと言っていた。
横峰寺から降りて来たと言うと裏側から入ったことになると教えてくれた。
参道
参道の横を川が流れている。
後で調べてわかったことだがこの橋を渡り川に沿ってに上流へ進むと滝があり滝の上には不動明王像が祀られ滝の行場があるそうです。
滝の行場へ行く橋
立派な本堂。
奥之院本堂
本堂。
本堂
納経所が見当たらない。
おじさんに聞けばよかったと思った時にはもう何処かへ行った後。
御朱印は諦め香園寺へ向かう。

15:20
61番→60番へ廻る場合は此処から入る。
15:20 参道



香園寺へ
4月4日


            星が森 → 61番香園寺・奥之院

                8.2km 2時間40分



登って来た山道を戻り横峰寺駐車場からしばらく下ると車道に出た。
「此処まで来れば道標を見ながら迷わず香園寺まで行けますね?私はこれからまだ先がありますのでお先に行きます。またいつか何処かでお会いしましょう。それじゃ気をつけて。」
ありがとうございました。Nさんもお気をつけて。
私もいつか四国のどこかでNさんにお会いできること楽しみにしています。

私は香園寺までだけどNさんは今日中に64番まで行きその近くの宿を取っている。
先を急いでいただろうに横峰寺の山道を気に掛け星が森まで一緒に行ってくれたNさん。
相手に負担を掛けさせないさりげない気遣い。
Nさんは部下に好かれ人気のある上司だろうね。

車道に出たところでNさんとお別れ。
急坂を早足で駆け下りて行くNさんの後ろ姿は直ぐに見えなくなった。

12:55
12:55
車道から急斜面の遍路道に入る。
13:05
13:05
13:30
坂道の途中に道を覆う倒木。
13:30
13:55
13:35
木漏れ日が差し込み車や人の騒音もない静寂な山の中で聞こえてくる鳥の声が心地良い。
13;45
13:45
14:00
石鎚山SAへの岐れ道。
道標の前に置いてあるベンチで5分休憩。
14:00
14:30
目の前の山間から見えた麓の町並みと瀬戸内の海。
14:30
尾根伝いの山道の下りが続いた後、砂利道の急斜面に出た。
急坂の砂利に靴を滑らせしりもちをついてしまった。。。
14:50
14:50
急斜面が緩やかになると前方に舗装された道が見えてきた。
14:55
14:55
車道に合流。
15:00
15:00
ダラダラ坂道の車道を下る。
15:05
15:05
車道の脇に山桜。
15:08
15:08
車道から入ったところに香園寺奥之院の案内が出ていた。
15:10
15:10


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。